FC2ブログ

谷根千の“谷”があるところ

こんばんは。わたしの東京、
ラストを担当させていただきます。
岩谷です!よろしくお願いします。






日曜日は宮本ゼミ合同BBQ
@昭和記念公園
photo1 (6)



ということで36℃という猛暑の中、
汗をかきながらわいわい楽しんできました〜!
(幹事のもこさんありがとうございました♡)



お腹もだいぶ満たされてきたころ、
晴れ男、宮本先生の退陣時間に合わせるように
強い風と雨雲がわたしたちの頭上に…






天気予報どおりの激しい雷雨でやむなく退散しました。。。
後片づけが間に合ったことが唯一の救いです…!





先輩たちともお話しできたし、
お肉もたくさん食べられたし、
夏野菜たちも美味しかったし、
最後の雨もいい思い出かな?

とっても楽しかったです〜〜!
いい夏の幕開けでした^_^
(あとテストとレポートが1つずつ残っ…ごにょごにょ)













さてと、ここからは本題へ。
わたしの思う東京についてお話ししましょう~








4年前の3月20日、
18歳の誕生日に上京し、
新しい土地での生活が始まりました。




1つ上の姉と二人暮らしを始めた場所は、
東京の右半分への交通の便が最高な、
日暮里」です。
ひぐらしの里と書いてにっぽりと読みます。




今回はわたしの第二の地元と言ってもいいでしょう!
下町情緒の残る「にっぽり」をご紹介したいと思います。










皆さんも一度はこの駅に降り立ったことがあるのではないでしょうか?
成田空港までのアクセスに使ったことはありませんか?







その名も、スカイライナー!!
なんかかっこいい!速そう!






そう!速いんです。






にっぽりから成田空港まで直通アクセス、
わずか36分で行けちゃいます。


朝一番のフライトの時とか
座席指定もできますし、
快適空間なので便利だと思います〜!











そしてこのにっぽり駅には
photo1(3).jpg
このようにたっくさんの線路が通っており、






数えてみたところ…
1、2、3、4、5、6、...!






なんと11本
+頭上を走る日暮里舎人(とねり)ライナーも合わせると12本もの線路が敷かれ、電車が行き交っているんですって!


そんな電車を愛でられるように「トレインミュージアム」なんて名称がこの撮影ポイントにはつけられています。

休日にはプラレール好きの男の子を連れたお母さんだったり、
一眼レフを携えた撮り鉄さんだったりで賑わってます。








そしてここから歩いてすぐのところに
ひろ〜い墓地、谷中霊園があります。





“墓地”と聞いてお、おぉ…と思った方もいると思いますが、
ここは春には桜並木
夏は青々しい木々の並木道
秋は紅葉。。。
というようにひろ~い園内は通り抜けるだけで
春夏秋冬が感じられる散歩道にもなるのです。





そしてこの谷中霊園に沿って歩みを進めると
夕焼けだんだんが見えてきます。

photo1(5).jpg


ここはその名の通り夕焼けがと~っても綺麗に見えるだんだん階段になっています。




にっぽりには野良ネコくんたちがそこらじゅうに寝ていることもしばしば。
中でもこの夕焼けだんだんにはいつ足を運んでも最低一匹は見かけます。
ヌシのようにふてぶてしい顔をするネコくんもいます。
人間に慣れているので逃げないんですよ~






そしてこのだんだんを降りると、
ザ・下町商店街、「谷中ぎんざ」の入り口です。



にゃんこのしっぽに見立てた焼きドーナツ屋さん

旬の果物をまるごと使った手作りケーキが売りの甘味処

招き猫の形をした、たい焼きならぬ招き猫焼き屋さん(なのかな?)

お肉屋さんの揚げたてジューシィな名物谷中メンチ

などなど、わずか200メートル足らずの商店街にいろんなお店が軒を連ねています。








その中でもぜひおすすめしたいのが、
天然氷のかき氷専門店
ひみつ堂さんのひみつのいちごみるくです。
氷

(画像は期間限定白桃みるくです。
いちごみるくは暑さのあまり写真に収める前に食べてしまいました泣)




素材をそのまま使った氷蜜は、
蜜というより果物をそのまま食べているかのよう…!



一年中食べられるのもすてきですよね。
それにここのかき氷はどれだけかっこんでも
キーーーンとしないんです!
(もったいなくてそんなことできませんが笑)
日光天然氷を使っているからなのか、
ちゃんと味わうことができます。




この季節、休日は大盛況なので平日か夕方をおすすめします。
あ、でも一番人気のいちごみるくは3時を過ぎると売り切れなんてこともあるのでご注意を!



お店は商店街通りから少し離れたところにあります。
どの蜜もとっても美味しいのでぜひ一度、
谷中ぎんざのあるにっぽりへお越しください








にっぽりって結局谷中しかないじゃん!
…な文面になってしまいましたが
谷中も含めてにっぽりはとっても住みやすいところです。







にっぽりのよさは
ずばり、空気がおだやかなところです。






山手線の中にあっても線路がたくさん通ってても、少し歩くだけで駅前の喧噪から遠ざかります。



自宅の窓から日が暮れるのをぼ~っと眺めるのもだいすきです。
そんなにっぽりはわたしにとって
ほっと一息つける東京」です。








以上で5期生の2巡目ブログ「私の東京」を締めくくりたいと思います。
やっぱり東京ってすごいところですね
こんなにいろんな角度からいろんな見方があって。
18人それぞれの東京は楽しんでいただけましたでしょうか?



気づくと7月も残すところあと2日でおしまいです。
いよいよ待ちに待った夏休みの到来です!
ということで、このゼミブログもしばらくお休みします。
次回のお題は宮本ゼミ合宿3泊4日の旅@関西の「旅行記」になります。
いったいどんな旅になるのでしょうか^_^
夏休み後にまたお会いしましょう!


それでは皆さん、夏バテに注意して暑い夏をお楽しみください!
ではでは〜





スポンサーサイト

安心のばな奈。

こんばんは、藤田華生です。

昨日からテストが始まり、鬼のゼミ期末課題、6000字の論文も明日が締切ですが、今日ゼミブログ担当でした。
焦っています、はい。
でも今日、帰り道に蒸し暑い中一軒一軒、汗を拭きながら家宅のインターホンを押して営業に励むサラリーマンの方を見かけて触発されたので、私も一つ一つ頑張ろうと思います。


さて、クライマックスに近づいてきた『私の東京』シリーズ。

私は、生まれも育ちも新潟です。
しかし母が東京生まれ東京育ちなので、幼い頃から東京にはよく来ていました。

小学校の頃なんかは、東京に行くこと自体「すごーい」「いいなー」と新潟ではなるんです(笑)
自慢げにお土産渡したりなんかして、、

そう、そのお土産に注目してみようと思います。


私が子供の頃は東京でのお土産、といったら「東京ばな奈」でした!
あげるのも、もらうのも、とりあえず「東京ばな奈

あと、知っているものといえば「ひよこ」。


いまでも地下鉄や東京駅では東京ばな奈の大きい広告を見たりしますが、変わらず東京ばな奈は定番なのか??

調べてみました。


どーん。
東京レッツエンジョイ
(東京レッツエンジョイHP 東京土産の人気ランキングより)

うむ、東京ばな奈なし。
今、人々はバウムクーヘンがほしいんですか??
食べにくさ抜群じゃないどすか。

3位、バナナブレッド!惜しい!
5位だけ知ってます、あれは美味。

ちなみに調査概要は下記の通りだそうで。
■調査方法:インターネット調査
■調査期間:2014年6月
■調査対象:20歳以上の男女
■サンプル数:1557人(男性849人、女性708人)


同サイトで「東京土産を買う場所ランキング」の1位は「東京駅」だったので、こんなランキングも見てました。

東京駅限定の人気土産ベスト10 by東京ステーションシティ運営協議会

1位 ヨックモック「東京ハニーシュガー 6個入」(セントラルストリート 東京百貨/東京銘品館 南口店)594円(税込み)
メープルバタークッキー

2位 ザ・メープルマニア「メープルバタークッキー 9枚入」(グランスタ ダイニング)810円(税込み)
マシュマロエレガンス

3位 マシュマロエレガンス「銀のぶどうのチョコレートサンド<アーモンド>」(グランスタ)1,080円(税込み)
ワッフル

4位 ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)「東京駅限定 今月のワッフル10個セット」(グランスタ)1,134円(税込み)
東京あんぱん

5位 東京あんぱん 豆一豆「東京レンガぱん」(エキュート東京)257円(税込み)
東京あんぱん5位


どれも美味しそう~。。
でも、ない。

東京ばな奈が、ない。
なぜだ。

もはや東京ばな奈は人々に愛されていないのか???

ちなみにこのランキングは、東京駅限定品を対象に、各商品の売上、販売個数の2つの観点から順位付けしたもの(2014年5月1日〜5月31日の実績ベース)だそうです。


諦めかけたその時。

東京駅で買いたい洋菓子のお土産ランキング by goo

どーん!!!
banana.png

東京のお土産といえば? by goo 

どどどーーん!!!
banana2.png


上記は2013年、下記は2014年NTTドコモ「みんなの声」調べによるもので、信頼できるデータのようです(*^_^*)(満足げ)
安心しました~。ふぅ。


この情報にあふれたIT社会、私はこれからgooだけを信じていこうと思います^^

しかし1位と2位の差がすごいですね~。



とにかく広くてとにかく店が多くてとにかく品数が多くて迷っちゃう東京駅ですが、とりあえずみなさん、東京土産は東京ばな奈を買っておけば大丈夫。笑
安心の東京ばな奈


あ、でも最近の東京ばな奈は挑戦のばな奈のようです。

アニマル化ばな奈。
banana_g_main.png

banana_p_main.png

bananatree_main.png
(東京ばな奈公式HPより)

か、かわいい。。。


草食(装飾)系ばな奈。
banana_nanohana_main.png

か、かわいい。。。



さらに、さっきからちらほらランキングに現る奴も、、!

流行に乗っかるばな奈。
burure_main.png


やーー、お土産に買っても自分で食べてしまいそうですね。
(私は帰りの新幹線等でよくやってしまいます。)



いまや東京に住んでいるので、東京土産を買う機会は少なくなりましたが、今夏は帰省の際久しぶりに東京ばな奈買ってみようかな~と思いました。


さて、お腹が鳴りそうですがそろそろ論文にとりかかりましょうか。。

「私の東京」シリーズ、最後は副ゼミ長いわやん!!
大トリお願いしますっ

吉祥寺の西木くん

こんばんは、西木です!


みなさま、この7月の下旬をいかがお過ごしでしょうか。
学生の皆さんは、おそらくレポートやテストに追われてあたふたしているのでは…
もちろん僕もその一人でございます。しかし、しょうがありませんね。
全て、自己責任。泣




さて、今回のブログテーマ「私の東京」ですが…


僕を知っている方は

西木だろ。どーせ吉祥寺のことでも書くんじゃねーの。(笑)


なんて思ってるんじゃないでしょーか。





この予想を裏切りたい!!裏切りたい!!!のですが…



やっぱその通りなんです!
僕にとっての東京とは、吉祥寺!!


もちろん、21年間東京に暮らしていれば、他にも東京といわれて思いつく場所はいっぱいあります。そもそも、僕は練馬区在住ですし。

でも、やっぱりこの「吉祥寺」という街は、自分がまだ物心つく前から、そして現在に至るまでずーっと来ている街なので、東京について語れ、なんていわれたら外すことは出来ないんです。




というわけで、吉祥寺ですが、皆さんこの街に来てくれたことはあるでしょうか??


住みたい街ランキング4年連続で一位の吉祥寺。(拍手!)

この街の魅力を少しでも知っていただきたいので、今回は3つ!!3つにだけ絞って皆さんにお伝えしたいと思います。
(ほんとは100〜1000個くらいかな)






まず一つめ。どん!吉祥寺ハーモニカ横丁!!

IMG_0852.jpg

IMG_0856.jpg


吉祥寺駅北口を出るとすぐ目の前にあります。
小さなお店が建ち並ぶ様子が、まるでハーモニカの吹き口のようだ、ということでこの名前がついたみたいです。

横丁の中には色んなお店があります。居酒屋、パスタ、和食、服屋、たい焼き屋、ラーメン屋、タイ料理屋…

毎日人で賑わっていて、雰囲気が最高です。分かりますでしょうか。
懐かしさと暖かさ満載の、そんな感じ。
吉祥寺に来たらここは絶対にはずせません。


ちなみに一枚めの写真のてっちゃんという居酒屋は、僕の行きつけのお店です。ほとんど一人で行って、黒ホッピーの焼酎セットを頼みます。これが本当に美味しくて、いい感じに酔えるんです!!一人飲みには最高の一軒。




二つめ。どどん!「井の頭公園」!!

IMG_2692.jpg

IMG_2609.jpg


通称「いのこう」。正式名称は、「東京都立井の頭恩賜公園」でございます。

この公園も吉祥寺には欠かせません。
一枚目も二枚目も、今年の春に撮ったものです。うん、桜きれい。


週末にフリーマーケットをやっていたり、大道芸人の方が芸をしていたり、おしゃれなカフェがあったり…

とにかく良い公園です。
賑やかさとゆったりさを兼ね備えてるって感じ。


そーいえば、この間初めてここのボートに乗ってきました!!意外に乗ったことなかったんですよね。いやー楽しかった。





そして最後三つめ。どどどん!
「吉祥寺のシャレオツなカフェ」!!

IMG_3111.jpg

S__9510934.jpg


一枚目は「cafe AMAR」
「フランス人の女の子・アマルの部屋で開かれるホームパーティー」がコンセプトのカフェです。店内がとにかく可愛い。可愛すぎる。

二枚目は「くぐつ草」
ここはカフェというより喫茶店といったかんじで、洞窟のような店内になっているのが特徴です。ここのチーズケーキが美味いんだこれが。


いやぁ、カフェって、本当にいいもんですね。


吉祥寺にしゃれてるカフェはもっといっぱいありますし、もっと紹介したいんですけど、きりがないんでこのくらいでやめときます。笑






ちなみに本日のブログタイトル「吉祥寺の西木くん」ですが、これは実際に存在する映画「吉祥寺の朝比奈くん」をパクってみました。



吉祥寺の朝比奈くん


この作品は、その名の通り吉祥寺を舞台にしている映画でして、とにかく吉祥寺が盛りだくさんの映画でございます。そしてストーリーも最後にどんでん返しが待っていて、なんとも完成度の高い映画ですので、ぜひ一度ご覧下さい☆

そして自分ではあまり思わないのですが(本当)、僕が中学の頃から似ていると言われ続けている、俳優の「要潤」さんもすんごい嫌な役で出ています。笑





というわけで、いかがだったでしょうか。
これくらいでは吉祥寺の1%もお伝えできなかったとは思いますが、少しでも興味を持っていただけたでしょうか。
吉祥寺なんて全然興味なかったけど、なんか意外に面白いのかな、なんて思ったら、いつでも声かけて下さい!ガンガン案内します☆


それでは次回は藤田さんです!
よろしくおねがいします!

東京と都市伝説

こんにちは!荒井です。

シリーズ「私の東京」もいよいよ佳境!!むむむっ!ネ、ネタに困る・・・

さて、皆さんは、都市伝説という物をご存知でしょうか?

都市伝説って何?って思う方もいらっしゃると思いますが、ベッタベタな話でいくと、「口裂け女」とか「人面犬」とかですね!

「口裂け女」というのはどんな話かというと・・・
~下校途中の子どもに声をかけるマスクをした若い女性。「ワタシ、キレイ?」という質問に、「きれい」と答えると、「これでも・・・?」と言いながら、マスクを外すと・・・そこには・・・耳元まで大きく裂けた大きな口がっっっ!!!

人面犬はそのまま「人間の顔をした犬」ですね。



「口裂け女」に関しては、1979年に福島や北海道、神奈川、岐阜で目撃情報によるパトカー出動や新聞沙汰になるなど、社会問題にもなったみたいです。

さて、ここで面白いのは、その撃退方法に様々なバリエーションがあることです。
例えば、「ポマード」と三回唱えるとか、「べっこう飴」を投げつける、さらに血液型がO型の人は狙われないなどというものまで。この問題は、次第に沈静化していったみたいです。

でも、最近はあまりこのような話、聞きませんよね?
その原因として、口コミ・噂話の真偽を調べることが出来るようになった、つまり「ネットの普及」が挙げられるようです。

自分は幼稚園~小学校の時(今から15年ほど前?)に「ポケットモンスター」(ポケモン)が流行っていました。
そんなときに、口伝えにゲームの裏技を耳にするんですよね。例えば、プレイ中にカセットを抜くと、レベルが100を突破する!だとか、ミュウスリーがゲットできるだとか。今、ネットで調べれば「ガセ」だと分かることですが、当時はそれを聞くと、他の誰かにも伝えたい!スゲーって言ってもらいたいって思ったものです。それを聞いた人は、他の誰かに・・・という風に・・・
伝わっていく過程で話に尾ひれはつき、大げさな話になっていく・・・
まさに、これが都市伝説が流布する一種のシステムだと思います。

では、今のネット環境が整備された現代に「都市伝説」はないのか?

自分の答えは、「No!!
都市伝説の宝庫こそ、「東京」です。

というわけで、前置きが長くなりましたが、私にとっての「東京」は、ズバリ「都市伝説」です!!

自分は、もともと「ホラー」というジャンルが好きで、小説、ゲーム、映画など、様々な媒体で楽しんでいます。
あのビックリしたときに、心臓がキュッとなる感覚がたまらない!!ちなみに、叫び声は、「ダーッッッ!!」です。いつも(笑)

そんな自分の怖いところ、それが「高いところ」と「暗いところ
とくに、ホラー鑑賞後は怖くて、家じゅうの電気を点けないとお手洗いに行けない!

そんなこんなで、「都市伝説」にも興味をひかれてしまうわけですよね。調べてみると、東京にその類が多いように感じました。
首都高速5号池袋線の「首なしライダー」、サンシャイン60通りに出没する「池袋マッハばあさん」のような怪奇系から、新宿アイランドの「LOVEのオブジェ」そのVとEの間を体が触れないように、通り抜けると、恋が成就するとか、「JR新宿駅」の改札をSuicaで通ると、100万人ごとに自動的に100円がチャージされるといった(Pasmoは駄目なのかな・・・?)、非怪奇系まで豊富なラインナップ!
わーーーーーい

日本の首都だけあって、人の往来も多いからこそ様々な話が生まれるのかも・・・

s_DSC_0215.jpg


これは、お昼どきの新宿~代々木でとった写真です。個人的に、トンネル、またはそれに類するものが好きです。特に、日中に撮ったトンネルは(これはトンネルではないですが)、外側の明るみと内側の暗がりが同居しているところが、好きです。暗いところに何かがいるんじゃないか?という気になります。

s_DSC_0282.jpg

そして、最後にこの1枚。

先ほどの写真の近くを、今度は夜中の3時に車の中から撮影したものです。
雨が降っていたので、窓が曇っていますが、車の赤いテールライトの光の軌跡は都市の代名詞ではないでしょうか?

こんな風景で「マッハばあさん」が出てきたら、そりゃ誰でも驚きますよね!
夜の街も同様に、明暗が同居しているという点では、トンネルと似ていて、明るさがあるからこそ際立つ「暗がり」に畏怖であったり、怖い物みたさの好奇心というものを感じるのではないでしょうか。

このような、現実と非現実が同居しうることも東京の魅力の一つではないでしょうか。そりゃ、都市伝説も絶えないわけだ!

と、いうわけで個人的嗜好満載のエントリーでした!

「私の東京」、残すところ、あと3回っっっ!

次は、西木君です。乞うご期待!

片道1万1千円

こんにちは、高橋 輝です。
試験期間にブログを担当すると、これもレポート課題のひとつのようです。

さて、ゼミブログ2周目のテーマは「私の東京
僕は、生まれも育ちも山形で、大学入学を機に上京したので、東京生活3年目突入というところです。

東京への不満は色々ありますが、
(ご飯が美味しくないとか、ご飯が美味しくないとか、ご飯が美味しくないとか笑)
今回は「東京に来て良かった!」と思ったことを中心に紹介したいと思います。



先ず、井上さんと被ってしまいますが、上京以前の自分にとっての「東京」とは、
「東京事変」のことでした。

彼らのライブツアーは全て行きました。勿論、解散ライブを観るために武道館にも来ました。もう二度と生演奏を聴けない曲達が、次々に終わっていくのを目の前で観ていましたが、不思議と悲しくはなく、感謝の気持ちで溢れていたのを覚えています。

僕が、東京事変の魅力を語ろうとすると、スコアを開いて、
「ここのコード進行が…..ここの6度の跳躍が…….」
というレヴェルになってしまうので、今回は割愛します。

解散はしたものの、メンバーはサポートミュージシャンや個人のバンドをしているので、今でも彼らに頻繁に会える東京は素敵です。とりわけ、一番のファンだったキーボードの伊澤一葉さんのライブには足繁く通っていて、サインを貰ったり、ツーショットで写真をとれたりして最高でした。
写真 (3)
(ツーショットは恥ずかしいのでサイン載せておきます。)
因みに今月20日にも彼のライブを観に行きます。


次は、「高級外国車」です!
僕は、車が大好きで、中学の頃から毎週のように車雑誌を読んでは車種を脳内にインプットしていました。とりわけ高級外国車が好きなのですが、地元ではそう簡単に見られるものではありません。おかげで、
「都内の高級外国車販売店をGoogle Earthで眺める」
というくだらない遊びまで発明してしまいました(笑)。

しかし、東京はさすがです。歩いているだけで珍しい車がたくさん見られます。特に、表参道はスリルのある車を見ることが多いので、自分の中では
原宿モーターショーと呼んでいます。


最近、一番見たかった車を初めて新宿で目撃しました。
写真 (7)
(興奮しすぎてうまく撮れなかったです)
これは、エンツォという世界限定399台のフェラーリ創業55周年記念モデルです。(既に50台ほど天国に行ったとの噂があります。)恐らく日本には、10台くらいしかいないと思います。

この車をデザインしたのは、奥山清行という日本人で、なんと、自分の高校の先輩です!現在でも1億2000万~2億円くらいするとんでもない車です。




次は、これも大神田さんとやや被ってしまいますが、
「著名人ゆかりの地が多い」ということです。

僕は、現在荻窪に住んでいるのですが、あたり前のように通っていた道に太宰治が一時住んでいたというアパートが、当時の姿のままで現存しています。
写真 (4)
(管理人さんはいますが、今では誰にも部屋を貸してはいないようです。)

一度目の自殺を図ったあたりの時期に住んでいたらしいです。特に名所化していないので、普段は誰もいません。

飲み会の帰りに、商店街を歩いていると
「太宰さんも、同じように酔っ払ってこの道を歩いていたのかな~」
なんて考えてしまいます。

近くには、太宰の師匠である井伏鱒二の生家もあります。荻窪駅近くには、井伏が通った居酒屋があり、当時の事を知る店主は今でも現役でお店に立っています。しかし、雰囲気があり過ぎて、さすがにお店には入れていないままです。


その井伏がしょっちゅう弟子にお使いに行かせていたという、どら焼き屋がお隣の阿佐ヶ谷にあります。

というわけで同じように歩いて行って買ってきました。
写真 (5)
生地は弾力があり、甘すぎない粒餡がぎっしり詰まっていて、とても美味しかったです。

このようにミーハー感あふれることができるのも「東京」の魅力です。


最後は、深夜アニメです!
上京後に、自分の1番の大きな変化は、アニメを見るようになったことだと言っても過言ではありません。

1人暮らししたて→夜は退屈→TVを点ける→ひたすらアニメを見る。
というなんとも自然な流れです。要するに、自分のアニメ歴は案外短いわけです。そもそも、僕の地元では、深夜アニメは放映されていないので、これらに触れる環境がありませんでした。


大学受験終了後の春休みに、ひょんなことからけいおん!を見ていたら面白いようにハマってしまい、これがアニメを見るようになったきっかけでした。

入学当初のオリエンテーション期間は、まだ誰も遊ぶ人がいなくて暇だったので、
映画けいおん!を観に行きました。(都内ではロングラン!)

一旦見終わった後も、また直ぐに見たくなってしまい、挙句の果てに、5回劇場に行くという事態になりました。怖いですね。お財布がクールジャパン。


その後、リアルタイムで放映していたアニメは勿論のこと、通過して来なかった過去のアニメも、何かを取り戻すような勢いで見て、現在に至ります。


このように、自分は完全に東京の虜になってしまいました。
しかし、それでも地元愛はちゃんとあります。

先日、サッカーJ2の、東京ヴェルディモンテディオ山形の試合に行きましたが、当然アウェイ席(山形側)で応援しました。

試合は山形が勝ち、多くのサポーターと共に勝利を喜びました。
写真 (2)

僕の地元は、新幹線のアクセスがとてもいいので、3時間あれば実家に帰れます。
意外に近かったりするので、たまに変な気分になります。

いつか、東京が第二の故郷だと言える日が来るのを今から楽しみにしています。


次は、ゼミ長の荒井君です。よろしく!