FC2ブログ

バーロー。な彼と付き合ってるんだけど…

まだかなぁ。待ち合わせの時間、とっくに過ぎてるよぉ。
(こんにちは!既に妄想入ってます、岩谷です!)
今日は久々のデートだからずっと楽しみにしてたのに。
新一ったらいつもいつも事件だなんだって、、、。
私、待たされてばっかり!!













わりいっ!

待ち合わせの1時間後、私の彼、
工藤新一がいつもの調子で現れた。


もう!どれだけ待たせるの!
心配したじゃない。新一のバカ。

ごめんって!
ちょっと急用が入ってな…
まぁ、これでも食って機嫌直せって。

ポンッ

急に目の前に現れたソフトクリーム

わぁっ!
なにこれ!すごい!
マジック?どうやったの!?

驚く私を見てドヤってる彼。
(うっ、かっこいい…)

ははっ!まぁいいだろっ
それよりオメェ、あれ見たかったんだろ?
15時からの噴水ショー。
もうすぐ始まっちまうぞ。
早く行こうぜ!

グイッ

(うわわ、さりげなく手繋いできた
どうしちゃったの新一、らしくないよーっ!汗///)








手を引かれて向かった先は噴水広場。
さすがは米花ランドの目玉スポット。
噴水の周りにはたくさんの人、人、人。






わぁ〜〜っ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*きれ〜〜い!!
(ほんとに綺麗だし、すごい高いよぉ!
新一はバカにしてたけどやっぱり来てよかったぁ。)



ほ〜お。
思ってたよりすげぇじゃねえか。
(うんうん、新一も楽しんでるみたい!)


どうだ?顔を覗き込み
 機嫌なおったか?(ポンポン

(ひゃ〜っ!上から覗き込まないでよっ!それに何その頭ポンポン!沸騰するってば!!)



それとこれとは別!
(照れ隠しでつい、ムキになる)


ねえ、新一!
噴水の真ん中見て!何か光ってる!

あぁ、あれは宝石さ。
あれに光を当てて水に反射させてんだ。
太陽の光と月の光とじゃ、色が変わるらしい。
ま!本物かどうかはわかんねぇけどな。



(ほんとにこの推理オタク、
なんでも知ってる。…キュン)



へえ〜〜。
だからあんなにキラキラしてるんだね。
でも新一、なんでそんなことまで知ってるの?
ここに来るのだって嫌がってたのに…。



ギュッ
急に右手を握られてハッとする私

おい、なつみ、ちょっと目閉じろ。



クイッ



「へっ?」
(顎クイっ?!
どうしちゃったの新一?!
これってもしかして……?///)
(ぎゅっと目を瞑る)








バッシャーーーーン!!



\キャーーッ!(悲鳴)/
\なんだなんだっ?!/





え?!
何が起きたの?!
新一?!


横にいたはずの彼の姿が見えない


あれっ?!
どこ行っちゃったの?!
しんいちーーーーっ!?






バサァッ






\キャ〜ッ!!キッドよ!!/
\怪盗キッドが現れたあぁっ!!/



高く上がった水柱が水面で散った途端、
白いマントが空中で翻った






Ladies and Gentlemen!
月の見えない時間にお会いするのは初めてですね。
煌めく光を盗みにやって参りましたが、どうやらこちら、模造品のようですね。


今日の夕陽はまた一段と美しい。
もうすぐ水も夕焼け色に変わる頃でしょう。
引き続き、光と水の華麗なショーをお楽しみください。

\キャ〜〜!キッド様〜〜!♡♡


ふふっ。
それでは、お嬢さん、
(え…?私?!)
偽の予告状にまんまと騙された名探偵くんによろしくお伝えください。
次回会う時は、月下の光の中で…


コツンッ (閃光弾の落ちる音)
眩い閃光が視界を遮った




\消えた!キッドが消えたぞ!/
    ざわざわ     ざわざわ






えっ?!
消えたっ?!
えっ?!?!
まさか、、、、新一、、、!
(怪盗キッドの変装だったの?!?!?!)
えぇぇぇ〜〜っ?!?!?!?!




わりいっ!なつみ!
 待たせたな!


へ、、、?
しん、いち…??
こっちはホンモノの、、、新一??


バーロー
な〜に、言ってんだオメェ。
本物も何も、
オレは高校生探偵、工藤新一!
オメェが一番よく知ってんだろ?(ドヤァ)

(いや、ここで決めゼリフかまします?)



もう何がなんだかわかんないよぉ…。

まぁ、落ち着けって。今朝、中森警部からキッドの予告状が届いたって電話が来てよ。今まで警視庁にいたんだ。予告状によると今夜9時、キッドはこの噴水の宝石を狙ってやってくる。これからここ一帯の警備、固めるってよ。今日はもう噴水ショー見れねえな。オメェはもう帰れ。



(は…?
今日はデートの約束だったよね…?
私との約束すっぽかしといて、それって…それって……)






アンタ、、、
ばっかじゃないの!!

キッドならもう来たわ!
二人で一緒に噴水も見たし!!
目当ての宝石は偽物だって置いてったわ!
今さら名探偵が推理ミスしてんじゃないわよ!

アンタに言われなくてももう帰るっ!!
新一のバカ!!もう知らないっ!!


え、、、なつみ、、、?(ポカーン)






どうしようもない推理オタクを残し、私は一人、コナンくんの待つ家へ帰るのでした。(おしまい)



いや〜〜っ!ナニコレ恥ずかしい!!
ザ・公開夢小説!!羞恥しかないじゃないですか!!みんなよく書いたな!!おつかれ!!(笑)(笑)


新一と付き合ったら…
事件に巻き込まれてばっかりで、
キッドと付き合ったら…
キザなセリフにときめいてばっかりかぁ。
どっちもどっちだなぁ〜〜
付き合いきれないな〜〜!と思いました!!(感想)


やりたい放題 かつ 新一かキッドかなんて選べない欲張りな妄想にお付き合いいただき、ありがとうございました。
(妄想の都合上、キッドには異例の昼間に出没してもらいました。><
最後に怒涛の蘭口調になる自分がイタイ…ながらもイケメンに暴言吐けて満足です。ありがとう!(?)






これにて「◯◯と付き合って…」シリーズは終了です!
次回から「◯◯やってみた」シリーズに突入です。

ままま、まさか!な◯◯が続々登場すること間違いなしです。(ハードル上げました♡)
おたのしみに!!
スポンサーサイト

デーデーデーデッデー

こんばんは、高橋輝です。
早速ですが、お相手は、中川凰蘭(おんたん)です。
原作は浅野いにお氏の『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』です。
公式宣伝動画があるようなので、気になった方はこれをご覧ください。


最初に断っておきます。多分読んでも分からないと思います笑。
悪い癖が出た感じです。
こういうのは変ですが、理解されようとして書いてません笑。(ごめんなさい。)

一応頭の中では、マンガのコマ割りまで意識してみました。
それでは行きましょう。

----------------------------------------------------------------------------

フワーッ!! おはにゃす!!僕ァ寝坊してません!
「思いっきり遅刻してるけどな。とりあえず急ぐよ」

---------------------------------------------------------------------------
(モノレールから降りて、駆け足気味に駅の階段を下りる)
「さっきさ、道に迷ってるおばあさんを助けたんだけど……」
「助けたんだけど……?」
「教えてくれたんだ……」
「教えてくれたんだ……?」

徳川家の埋蔵金の在り処を!!ヒィッ

「やっと着いた~~混んでるな~」
「人がピパピパのようだ。」
「分かりづらいよ……おんたん……」
(ここで、見開きページでディズニーシーのエントランスの背景に重ねて「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」とタイトルロゴが入る。)


-----------------------------------------------------------------------
「この地球儀って、USJのパクリなのかな。んで、どこ行こっか。絶叫系?」
「貴様、それでも軍人か――ッ!?」
「黙れゲーム脳。何これ。トイマニのスポンサー優遇チケット?」
「うちの母、ここの企業にお金貰ってるから。エへ、エへ
「おんたんのお母さん、議員だよね。」

「シューティングもの得意じゃないんだよな。64の007ぶりだわ」
「僕のAK-47が火を噴くぜぇ!!ワンキル余裕っしょッ!!」
「多分そういうゲームじゃないと思うよ。」


-------------------------------------------------------------------------
(ビッグバンドビートなどを見て、昼食後にチュロスを咥えながらウロウロしていると……)
「あ、着ぐるみだ。」
「せめてここでは、ミッキーって言おうぜ。」
「さっきのドラム、中々だったぞ!!」ポンポンッ
「何故に上から目線。」
「最近『セッション』見たばかりだったからちょっとな!
本当にしゃべらないんだね、ミッキーは。フナッシーでもしゃべるのに。
Can you understand Japanese? さては貴様、“侵略者”だな―ッ?
Do のほうがいいんじゃない?」
(一瞬ミッキーが二人を睨む)
      ↓ 
(都内上空にある母艦の視点からディズニーリゾートを捉えたコマ)




------------------------------------------------------------------------
(1~2ページの数々のアトラクションに乗るハイライトコマを経て夜の場面……)
花火は綺麗だな-!
「夢の国っていうけどさ、やっぱりみんな現実に疲れてるのかな。」
「どうした青二才。悩みがあるなら聞こうじゃないか。」
「就活したくないんだよ。というか働く意欲が湧かなくて。」
「ウチのお兄ちゃんみたいだな。夢のアフィリエイト暮らし。」
「朝、満員電車乗ると思うんだけどさ、このサラリーマン達ひとりひとりが数百万から数千万を貰っているとすれば、どんだけ日本に金あるんだよってな。そして見えないところにとんでもない金持ちがたくさんいるんだろうなって」
「だから資本経済はだめなのさ~~。ピケティが言ってた。」
「あんなに分厚い本読んだんだ?」

いや、Amazonのレビューを読んだ。
あるある。


------------------------------------------------------------------------
「おんたんは来年どうするの?就活?」
「僕ァ、院で帝王学を極め、超ヤッベー独裁者になってやるのさ。原発、地震、火山そして母艦の存在を忘れ、こんなテーマパークで遊びに興じている平和ボケした愚かなつがい共に、本当の恐怖は僕だってことを教えてやるのさッ!!
「人のこと言えねーよ!」
「先ずは、東京の地下にマシュマロを整備して耐震補強だッ!,そして、東京オリンピックに合わせ、
Kawaii文化発祥の地としての底力を世界に見せつけてやろうではないかッ!!

「なんか、美味しいマシュマロ食いたくなってきたわ。今度原宿でも行こっか。」
「右に同じ。」
(最後に、先程会ったミッキーから得体の知れないものが出てくる意味深なラストコマ!)
--------------------------------------------------------------------------


はい。お疲れ様でした。全然分からなかったですよね。それで大丈夫です。
各方面に迷惑をかけました。ごめんなさい。
一部事実とは異なる内容になっている気もします。そこはご勘弁ください笑。
最初、このブログを考えるために、ノートにネームらしきものを書いてみたのですが、
全然描けませんでした。マンガ家ってすげーな。。。


さて、ラストは岩谷さんです。リア充の妄想は、非リア充の僕たちとはどう違うのか?
楽しみですね!

爽やかから出来てます♡

こんにちは!長村です(^^)

実は私3ヶ月前に彼氏ができました
内緒にしててごめんね。なんか恥ずかしくてなかなか言い出せなかったの…( .. )

でもこの際だから隠さず言います。
彼の名前は風早翔太くん。
元カノの爽子ちゃんが彼のことを「爽やかさ…100%!ううん…むしろ爽やかから出来てますって感じなの……!」って表現していたらしいけどまさにその通りって感じの人です

今日は2人で花火大会&夏祭りデートなんです!すっごく楽しみ!わくわく!
せっかくのお祭りだから浴衣を着てみましたっ。いつもと違う雰囲気にしたくて紺色の大人っぽい浴衣にしてみたんだけど…翔太気に入ってくれるかな?

(以下 か=私、し=風早くん)
か「翔太〜お待たせっ!」
し「あ、果林!(爽やかな笑顔)(ちょっと固まる)」
か「(ん?なんか様子がおかしいな…)翔太どうしたの?」
し「いや…浴衣似合ってるなぁと思って…。なんかいつもと雰囲気違うし…可愛い。(赤面)」
か「(…きゅん♡あーもう嬉しすぎる!浴衣にして良かった!)ありがとう(*^^*)翔太も浴衣似合ってるよ〜。なんか…照れちゃうね。」
し「…そうだね。(照れ笑い)じゃあ、行きますか!」

待ち合わせ場所から少し進むと、覚悟はしてたけどすごい数の人!
翔太がすっと手をつないでくれる。

し「うわーすごいたくさんの人がいるなぁ。はぐれないように、手離さないでね。」

私は笑顔でうなずく。翔太が私のことを大切に思ってくれていることが伝わってきて嬉しい。


突然、翔太が立ち止まった。どうしたんだろう?と思っていると、目の前にりんご飴が差し出される。

し「はいっ!果林りんご飴好きって言ってたでしょ。」
か「えっ、覚えててくれたの?嬉しい!ありがとう!(きゅん♡)」

前にお祭りの屋台について話した時のことを覚えていてくれたみたい。何気ない会話まで覚えていてくれたなんて嬉しいなぁ。
翔太はあの時たしかチョコバナナが好きって言ってたはず!私も後で渡そう、と心に決める。


2人でりんご飴とチョコバナナを食べながら歩いていると、、射的の前で翔太が目をキラキラさせる。

し「俺、これやりたい!」
か「(なんかかわいいなぁ)やりなやりな~!私見てるね!」

翔太は真剣に的を狙っている。その真剣な表情にドキッとしてしまう。男らしい腕の血管もちらりとのぞく。あ~やっぱりかっこいいなぁ。翔太をぽ~っと見ていると、何やら翔太は当てにくそうな的を狙っているようだ。

し「あ~当たらないっ。よし、ラストっ!」
私は心の中で翔太頑張れと応援する。あっ、当たった!やったぁ!
し「よっしゃ!当たった~!(^^)!」
翔太の少年のような無邪気な笑顔にきゅんとする。

し「はい、これあげる。」

翔太がかわいいくまのぬいぐるみを差し出してくる。もしかして私のためにあんなに真剣に狙ってくれたの?(きゅん♡

か「ありがとう~嬉しい~。大切にするね。」
し「喜んでくれてよかったぁ。これ絶対果林が好きそうなやつだなぁって思ったんだ。」

あ、やっぱり私のために嬉しすぎてにやにやが止まらないよ~。

そろそろ花火の時間なので、花火会場へと移動する。
花火が打ちあがる。
キラキラしていていろいろな色があって本当にきれいだ。思わず息をのんで見とれてしまう。

か「わぁ~~きれい・・・。」
し「果林」
か「ん?」
し「これからもずっとこうやって一緒に花火を見ようね。」
か「(きゅん♡)うん。」


爽やかで、優しくて、笑顔が素敵で、無邪気なところもあって、私のことを大切にしてくれる彼と出会えて
私は今とっっても幸せです




はいっ、妄想終了です。妄想全開すぎて書いていて恥ずかしかったです。
風早くんファンの皆様&君に届けファンの皆様、ごめんなさい(>_<)でも妄想なので許してくださいっ。

次は個人的に一番気になるあきらです!どんな女の子とどんなデートをするのでしょうか?お楽しみに~(*^^)v



ここでクイズです。

こんにちは。菅野です。
今回は、少し趣向を変えて、誰と付き合ってるのか予想しながら読んでみてください。


あとなぜか、文体が友近扮するディラン&キャサリンのキャサリンっぽくなってしまいました、笑。





----------------------------------






彼と出会ってもうすぐ1年

といっても、もうすぐ別れる予定なの。


だって、彼にとって私は期間限定彼女、しかも彼女日本代表だからね。





彼との出会いは今年の年明けだったわ。




あの時、私はちょうど三田を歩いてたんだけど、
向かいから来たおじいさんに声をかけられたの。



チョットスミマセン、アナタ、ワタシト ツキアイマセンカ



びっくりしたわ、道端で急におじいさんに告白されるなんて。
しかもカタコトの日本語で。



とにかく怪しすぎると思って戸惑ってたら彼は





サンタクデ キメナサイ。
ワタシト ツキアウ? ツキアワナイ?
ソレトモ アトデキメル?
モシ イマ ツキアウ エラブナラ アナタ ワタシノ カノジョ ニッポン ダイヒョウ!




なんて言うの!




怪しい…怪しいけど…彼女日本代表…?
なんだか楽しそう!




というわけでわたしは彼のガールフレンドになったのよ。




よくよく聞いたら、私は日本代表なんだけど、彼には世界中に彼女がいるらしいわ。

そして、約一年で、彼女の任期は終了。

次の年はまた違う彼女を世界各国で見つけるんだって。


噂によると過去にはあの大物女性シンガーの人も日本代表彼女になったことがあるらしいわ…。


でもそういえばあの人の歌…納得だわ!






なんだかイメージとは違って遊び人って感じだし、もちろんちょっと嫉妬もしちゃうけど…




でも、こんな人と付き合える機会めったに無いし、きっと彼にはこういう息抜きも必要なのよね



というわけで、彼はしょっちゅう世界の彼女のとこへ行っちゃうし、会える時間はそう多くはないけれど、

この1年、彼とはとっても楽しい時間を過ごせたわ。






最初のデートは私の自宅で焼き肉をしたわ。

彼、ロース肉が大好きで、とにかく自宅でロースが食べたいって言ってきたの。


私は家で焼き肉するのは賛成派だし、喜んでそうすることにしたわ。


彼が壁に飛ばした肉汁のシミは頑固で取れなくて、ちょっと困ってるけどね。






は一緒にサーフィンに出かけたわ。

彼、毎年夏は必ずサーフィンをするらしくて、本当に上手だった。


コレイジョウ フトル ハ トッテモ マズイ! シゴト 二 シショウ デル!


とも言ってたわ。




たしかに、あんまり太ると、仲間に迷惑かけちゃうもんね。










それから、よくデートで行った場所はトイザらス

彼はおもちゃが大好きで、おもちゃ屋さんを見る度に入らなきゃ気が済まないみたい。

中へ入ってからも全ての商品をじっくり見るのよ。

彼と付き合ってて一日中おもちゃ屋さんにいる日が何度もあったわ。

でも、私が好きなぬいぐるみやおもちゃは喜んで買ってくれたわ。

それに、常に仕事を意識してるところは、なんだか尊敬しちゃう!







ところでおもちゃ好きな彼は、性格もまるで少年

好きな食べ物はハンバーグとスパゲッティナポリタン(というよりケチャップ味)、

それに飲み物はコカ・コーラばっかり。ペプシは絶対飲まないの。

お腹が空いたらすぐにごねるし、朝も一人で起きれないわ。

ちなみに私はケチャップ味よりさっぱりした味のスパゲッティが好きよ。






そして、時はめぐって、もうすぐクリスマス

街じゅうクリスマスソングが流れて、世間も浮かれ気分って感じ。







それとは対照的に、私は寂しさを感じ始めていたわ。





だって、その日になったら彼はきっと……





もうわかってくれたかしら。

私の期間限定彼氏は、サンタ・クロースだったの!






12月24日の早朝、彼はめずらしく時間通りに起きて、

オフィスのあるフィンランドへ戻っていったわ。

クリスマスが終わるまで、きっと大忙しね!

さようなら、楽しい時間を一緒に過ごせて楽しかった!

あなたの期間限定ガールフレンド日本代表になれて光栄よ!!





----------------------------------








はい、おわりです! くだらないですね、笑

出会いが「三田」(サンタにかけて…)でわかったらポイント、

サーフィンまでの段階でわかったらポイント、

コカ・コーラのとこまででわかったらポイント、

それ以下はポイントです。





ちなみにちょっと調べてみたら、サンタの日常生活をユーストで中継してるページを見つけました。

http://santaclauslive.com/en/livekamerat/

たまに人が遊びにくるんですけど、誰も来ない時の一人ぼっちの感じはシュールです、笑。






次回は長村さん!
ほんわかな展開になりそう!お楽しみに!

イタキャラでもいいの

私、石垣華

突然だけど、彼氏ができた。

あれは一昨日の晩のこと・・・
私はいつものようにバイトを終えて、歩いて帰っていた。
途中、コンビニに寄って期間限定味のアイスを買い、横断歩道で信号待ちをしていた私は、アイスが溶けださないか心配で「車きてないし渡っちゃえ」と信号無視。

その瞬間!!

(ピューーーーンっ!)

「ん?・・・バラ?」

どこから飛んできたのか分からないバラに困惑していると、今度はどこの凄いパーティー帰りですか?てくらいキメキメのタキシード姿の男性が現れた。

「へ?過ぎ。」

私は悪を切り裂く一輪のバラだ!

もっと謎・・・なんかナルシっぽいし・・・ここは無視かな。

何も見ていませんって顔をしながら歩き始めた。

男「無視か。許せん!!ますます気に入った」

私 「.....」

男 「私の名前はタキシード仮面、チャンスを逃すな華!私の彼女になるんだ」
 
(急だな)

男「明日、デートをしよう!いつの日か、私を分かる日がくるだろう。アデュー」

家に着いた私は何事もなかったかのように眠った。

翌日・・・


私「よーし、髪の毛OKメイクOK持ちものー……多分揃ってるっしょ。出掛けるか〜」

あ、いけないカーテン閉めてこなきゃ。

パッと外に目を向けると…


(マンションの外の公園のベンチに、イケメンが!!)

私の頭の中で恋の嵐警報が!(鳴)⚠⚠



男「また会ったな信号無視犯」

あぁ・・・(め)

何この登場。デートしようって誘ったのは向こうからなのに、「また会ったな☆」って・・・
 
男「昨日はタキシード仮面として働いていたが、今は君と同じただの学生だ。名前は地場衛、17歳から20歳という設定だ。これからデートしよう」

私「彼女いるんじゃないの?」

衛「今はいない。追われるより追う方が実は好きだし、お団子頭よりショートの方が好みだ。君は月よりもふ、ふつくしい!」

私「そこまで聞いてないって・・・」(ちょっと嬉しい)

衛「じゃケーキ食べに行こうか☆」


ケーキ(笑)




お店に着いてから10分も地場衛はマロンケーキにするかティラミスにするかで迷っていた。

私「早く決めてよー」

衛「すまない。では、イチゴショートケーキにしよう」

私「.....」



ケーキがきて、地場衛は目に星が見えるほどキラキラしていた。
ていうか、ケーキ似合い過ぎじゃんイケメン×ケーキとか最高でしょ。

スイーツ王子っていうのか、生クリーム王子っていうか・・・

あれ。なんか今、ちょっとキュンってした?

・・・まさか・・・(ははっ)

衛「ケーキ美味しいな、華のも一口食べさせて」

私「いいよ」

・・・・・・・・・(パクっ)

衛「〜〜〜

ーーーーーあざとい!!なんなのもぅ。(
昨日からのクサいセリフは?こんなキャラだっけ・・・?もっとダサいはず・・・


ケーキを食べたあとは公園へ向かった


衛「夜の散歩は気持ちがいいな〜。月がとても奇麗だ

キタ。月が奇麗って絶対あれだ、告白じゃん。
そういえば、私昨日の告白の返事まだだっけ。
どうするどうする...


待てよ、考えよう。
ルックス イケメンだから合格
身長   180cmくらい
性格   一途

クサいこと言う以外わりと完璧。なんかドキドキしてきたかもしれない!!!


(ドクン・・・)


ふぁぁああああ/////

よし!

私「彼女になっていいよ」

衛「え・・・・・・・・・・・、そっちの意味じゃなくてアレだよ」

指を差された先を見ると、雲一つない夜空にあった満月・・・

ダーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

私「・・・・・・・・・・・・」

衛「・・・・・・・・・・・・・・・」

私「イタい!!...イタすぎる!!ある意味あんたを超えた気がする....」

衛「はなこ・・・汚れなき乙女のピュアーな心はこの私が守ってみせる!」

(・・・はなこ?)

私「…………………」

衛「ありがとう、今宵の月は愛を語るにふさわしい。これからもよろしくな」

私「もうなんなの!!」

衛「すまん、だが見事であった。たとえどんなに離れていても愛さえあれば私は駆けつけるだろう」

私「......」

衛「これにて一件落着また会おう!さらばだ!ハハハハハハハッ!アデュー。 トュッ!」

私「アデュー・・・・♡」(いやアデューってなんだ笑)

私、イタい人がタイプみたい。


タキシード仮面さまぁ..(クラッ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上、石垣の妄想でした。

お次は菅野えみです!