FC2ブログ

谷根千の“谷”があるところ

こんばんは。わたしの東京、
ラストを担当させていただきます。
岩谷です!よろしくお願いします。






日曜日は宮本ゼミ合同BBQ
@昭和記念公園
photo1 (6)



ということで36℃という猛暑の中、
汗をかきながらわいわい楽しんできました〜!
(幹事のもこさんありがとうございました♡)



お腹もだいぶ満たされてきたころ、
晴れ男、宮本先生の退陣時間に合わせるように
強い風と雨雲がわたしたちの頭上に…






天気予報どおりの激しい雷雨でやむなく退散しました。。。
後片づけが間に合ったことが唯一の救いです…!





先輩たちともお話しできたし、
お肉もたくさん食べられたし、
夏野菜たちも美味しかったし、
最後の雨もいい思い出かな?

とっても楽しかったです〜〜!
いい夏の幕開けでした^_^
(あとテストとレポートが1つずつ残っ…ごにょごにょ)













さてと、ここからは本題へ。
わたしの思う東京についてお話ししましょう~








4年前の3月20日、
18歳の誕生日に上京し、
新しい土地での生活が始まりました。




1つ上の姉と二人暮らしを始めた場所は、
東京の右半分への交通の便が最高な、
日暮里」です。
ひぐらしの里と書いてにっぽりと読みます。




今回はわたしの第二の地元と言ってもいいでしょう!
下町情緒の残る「にっぽり」をご紹介したいと思います。










皆さんも一度はこの駅に降り立ったことがあるのではないでしょうか?
成田空港までのアクセスに使ったことはありませんか?







その名も、スカイライナー!!
なんかかっこいい!速そう!






そう!速いんです。






にっぽりから成田空港まで直通アクセス、
わずか36分で行けちゃいます。


朝一番のフライトの時とか
座席指定もできますし、
快適空間なので便利だと思います〜!











そしてこのにっぽり駅には
photo1(3).jpg
このようにたっくさんの線路が通っており、






数えてみたところ…
1、2、3、4、5、6、...!






なんと11本
+頭上を走る日暮里舎人(とねり)ライナーも合わせると12本もの線路が敷かれ、電車が行き交っているんですって!


そんな電車を愛でられるように「トレインミュージアム」なんて名称がこの撮影ポイントにはつけられています。

休日にはプラレール好きの男の子を連れたお母さんだったり、
一眼レフを携えた撮り鉄さんだったりで賑わってます。








そしてここから歩いてすぐのところに
ひろ〜い墓地、谷中霊園があります。





“墓地”と聞いてお、おぉ…と思った方もいると思いますが、
ここは春には桜並木
夏は青々しい木々の並木道
秋は紅葉。。。
というようにひろ~い園内は通り抜けるだけで
春夏秋冬が感じられる散歩道にもなるのです。





そしてこの谷中霊園に沿って歩みを進めると
夕焼けだんだんが見えてきます。

photo1(5).jpg


ここはその名の通り夕焼けがと~っても綺麗に見えるだんだん階段になっています。




にっぽりには野良ネコくんたちがそこらじゅうに寝ていることもしばしば。
中でもこの夕焼けだんだんにはいつ足を運んでも最低一匹は見かけます。
ヌシのようにふてぶてしい顔をするネコくんもいます。
人間に慣れているので逃げないんですよ~






そしてこのだんだんを降りると、
ザ・下町商店街、「谷中ぎんざ」の入り口です。



にゃんこのしっぽに見立てた焼きドーナツ屋さん

旬の果物をまるごと使った手作りケーキが売りの甘味処

招き猫の形をした、たい焼きならぬ招き猫焼き屋さん(なのかな?)

お肉屋さんの揚げたてジューシィな名物谷中メンチ

などなど、わずか200メートル足らずの商店街にいろんなお店が軒を連ねています。








その中でもぜひおすすめしたいのが、
天然氷のかき氷専門店
ひみつ堂さんのひみつのいちごみるくです。
氷

(画像は期間限定白桃みるくです。
いちごみるくは暑さのあまり写真に収める前に食べてしまいました泣)




素材をそのまま使った氷蜜は、
蜜というより果物をそのまま食べているかのよう…!



一年中食べられるのもすてきですよね。
それにここのかき氷はどれだけかっこんでも
キーーーンとしないんです!
(もったいなくてそんなことできませんが笑)
日光天然氷を使っているからなのか、
ちゃんと味わうことができます。




この季節、休日は大盛況なので平日か夕方をおすすめします。
あ、でも一番人気のいちごみるくは3時を過ぎると売り切れなんてこともあるのでご注意を!



お店は商店街通りから少し離れたところにあります。
どの蜜もとっても美味しいのでぜひ一度、
谷中ぎんざのあるにっぽりへお越しください








にっぽりって結局谷中しかないじゃん!
…な文面になってしまいましたが
谷中も含めてにっぽりはとっても住みやすいところです。







にっぽりのよさは
ずばり、空気がおだやかなところです。






山手線の中にあっても線路がたくさん通ってても、少し歩くだけで駅前の喧噪から遠ざかります。



自宅の窓から日が暮れるのをぼ~っと眺めるのもだいすきです。
そんなにっぽりはわたしにとって
ほっと一息つける東京」です。








以上で5期生の2巡目ブログ「私の東京」を締めくくりたいと思います。
やっぱり東京ってすごいところですね
こんなにいろんな角度からいろんな見方があって。
18人それぞれの東京は楽しんでいただけましたでしょうか?



気づくと7月も残すところあと2日でおしまいです。
いよいよ待ちに待った夏休みの到来です!
ということで、このゼミブログもしばらくお休みします。
次回のお題は宮本ゼミ合宿3泊4日の旅@関西の「旅行記」になります。
いったいどんな旅になるのでしょうか^_^
夏休み後にまたお会いしましょう!


それでは皆さん、夏バテに注意して暑い夏をお楽しみください!
ではでは〜





スポンサーサイト



安心のばな奈。

こんばんは、藤田華生です。

昨日からテストが始まり、鬼のゼミ期末課題、6000字の論文も明日が締切ですが、今日ゼミブログ担当でした。
焦っています、はい。
でも今日、帰り道に蒸し暑い中一軒一軒、汗を拭きながら家宅のインターホンを押して営業に励むサラリーマンの方を見かけて触発されたので、私も一つ一つ頑張ろうと思います。


さて、クライマックスに近づいてきた『私の東京』シリーズ。

私は、生まれも育ちも新潟です。
しかし母が東京生まれ東京育ちなので、幼い頃から東京にはよく来ていました。

小学校の頃なんかは、東京に行くこと自体「すごーい」「いいなー」と新潟ではなるんです(笑)
自慢げにお土産渡したりなんかして、、

そう、そのお土産に注目してみようと思います。


私が子供の頃は東京でのお土産、といったら「東京ばな奈」でした!
あげるのも、もらうのも、とりあえず「東京ばな奈

あと、知っているものといえば「ひよこ」。


いまでも地下鉄や東京駅では東京ばな奈の大きい広告を見たりしますが、変わらず東京ばな奈は定番なのか??

調べてみました。


どーん。
東京レッツエンジョイ
(東京レッツエンジョイHP 東京土産の人気ランキングより)

うむ、東京ばな奈なし。
今、人々はバウムクーヘンがほしいんですか??
食べにくさ抜群じゃないどすか。

3位、バナナブレッド!惜しい!
5位だけ知ってます、あれは美味。

ちなみに調査概要は下記の通りだそうで。
■調査方法:インターネット調査
■調査期間:2014年6月
■調査対象:20歳以上の男女
■サンプル数:1557人(男性849人、女性708人)


同サイトで「東京土産を買う場所ランキング」の1位は「東京駅」だったので、こんなランキングも見てました。

東京駅限定の人気土産ベスト10 by東京ステーションシティ運営協議会

1位 ヨックモック「東京ハニーシュガー 6個入」(セントラルストリート 東京百貨/東京銘品館 南口店)594円(税込み)
メープルバタークッキー

2位 ザ・メープルマニア「メープルバタークッキー 9枚入」(グランスタ ダイニング)810円(税込み)
マシュマロエレガンス

3位 マシュマロエレガンス「銀のぶどうのチョコレートサンド<アーモンド>」(グランスタ)1,080円(税込み)
ワッフル

4位 ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)「東京駅限定 今月のワッフル10個セット」(グランスタ)1,134円(税込み)
東京あんぱん

5位 東京あんぱん 豆一豆「東京レンガぱん」(エキュート東京)257円(税込み)
東京あんぱん5位


どれも美味しそう~。。
でも、ない。

東京ばな奈が、ない。
なぜだ。

もはや東京ばな奈は人々に愛されていないのか???

ちなみにこのランキングは、東京駅限定品を対象に、各商品の売上、販売個数の2つの観点から順位付けしたもの(2014年5月1日〜5月31日の実績ベース)だそうです。


諦めかけたその時。

東京駅で買いたい洋菓子のお土産ランキング by goo

どーん!!!
banana.png

東京のお土産といえば? by goo 

どどどーーん!!!
banana2.png


上記は2013年、下記は2014年NTTドコモ「みんなの声」調べによるもので、信頼できるデータのようです(*^_^*)(満足げ)
安心しました~。ふぅ。


この情報にあふれたIT社会、私はこれからgooだけを信じていこうと思います^^

しかし1位と2位の差がすごいですね~。



とにかく広くてとにかく店が多くてとにかく品数が多くて迷っちゃう東京駅ですが、とりあえずみなさん、東京土産は東京ばな奈を買っておけば大丈夫。笑
安心の東京ばな奈


あ、でも最近の東京ばな奈は挑戦のばな奈のようです。

アニマル化ばな奈。
banana_g_main.png

banana_p_main.png

bananatree_main.png
(東京ばな奈公式HPより)

か、かわいい。。。


草食(装飾)系ばな奈。
banana_nanohana_main.png

か、かわいい。。。



さらに、さっきからちらほらランキングに現る奴も、、!

流行に乗っかるばな奈。
burure_main.png


やーー、お土産に買っても自分で食べてしまいそうですね。
(私は帰りの新幹線等でよくやってしまいます。)



いまや東京に住んでいるので、東京土産を買う機会は少なくなりましたが、今夏は帰省の際久しぶりに東京ばな奈買ってみようかな~と思いました。


さて、お腹が鳴りそうですがそろそろ論文にとりかかりましょうか。。

「私の東京」シリーズ、最後は副ゼミ長いわやん!!
大トリお願いしますっ

吉祥寺の西木くん

こんばんは、西木です!


みなさま、この7月の下旬をいかがお過ごしでしょうか。
学生の皆さんは、おそらくレポートやテストに追われてあたふたしているのでは…
もちろん僕もその一人でございます。しかし、しょうがありませんね。
全て、自己責任。泣




さて、今回のブログテーマ「私の東京」ですが…


僕を知っている方は

西木だろ。どーせ吉祥寺のことでも書くんじゃねーの。(笑)


なんて思ってるんじゃないでしょーか。





この予想を裏切りたい!!裏切りたい!!!のですが…



やっぱその通りなんです!
僕にとっての東京とは、吉祥寺!!


もちろん、21年間東京に暮らしていれば、他にも東京といわれて思いつく場所はいっぱいあります。そもそも、僕は練馬区在住ですし。

でも、やっぱりこの「吉祥寺」という街は、自分がまだ物心つく前から、そして現在に至るまでずーっと来ている街なので、東京について語れ、なんていわれたら外すことは出来ないんです。




というわけで、吉祥寺ですが、皆さんこの街に来てくれたことはあるでしょうか??


住みたい街ランキング4年連続で一位の吉祥寺。(拍手!)

この街の魅力を少しでも知っていただきたいので、今回は3つ!!3つにだけ絞って皆さんにお伝えしたいと思います。
(ほんとは100〜1000個くらいかな)






まず一つめ。どん!吉祥寺ハーモニカ横丁!!

IMG_0852.jpg

IMG_0856.jpg


吉祥寺駅北口を出るとすぐ目の前にあります。
小さなお店が建ち並ぶ様子が、まるでハーモニカの吹き口のようだ、ということでこの名前がついたみたいです。

横丁の中には色んなお店があります。居酒屋、パスタ、和食、服屋、たい焼き屋、ラーメン屋、タイ料理屋…

毎日人で賑わっていて、雰囲気が最高です。分かりますでしょうか。
懐かしさと暖かさ満載の、そんな感じ。
吉祥寺に来たらここは絶対にはずせません。


ちなみに一枚めの写真のてっちゃんという居酒屋は、僕の行きつけのお店です。ほとんど一人で行って、黒ホッピーの焼酎セットを頼みます。これが本当に美味しくて、いい感じに酔えるんです!!一人飲みには最高の一軒。




二つめ。どどん!「井の頭公園」!!

IMG_2692.jpg

IMG_2609.jpg


通称「いのこう」。正式名称は、「東京都立井の頭恩賜公園」でございます。

この公園も吉祥寺には欠かせません。
一枚目も二枚目も、今年の春に撮ったものです。うん、桜きれい。


週末にフリーマーケットをやっていたり、大道芸人の方が芸をしていたり、おしゃれなカフェがあったり…

とにかく良い公園です。
賑やかさとゆったりさを兼ね備えてるって感じ。


そーいえば、この間初めてここのボートに乗ってきました!!意外に乗ったことなかったんですよね。いやー楽しかった。





そして最後三つめ。どどどん!
「吉祥寺のシャレオツなカフェ」!!

IMG_3111.jpg

S__9510934.jpg


一枚目は「cafe AMAR」
「フランス人の女の子・アマルの部屋で開かれるホームパーティー」がコンセプトのカフェです。店内がとにかく可愛い。可愛すぎる。

二枚目は「くぐつ草」
ここはカフェというより喫茶店といったかんじで、洞窟のような店内になっているのが特徴です。ここのチーズケーキが美味いんだこれが。


いやぁ、カフェって、本当にいいもんですね。


吉祥寺にしゃれてるカフェはもっといっぱいありますし、もっと紹介したいんですけど、きりがないんでこのくらいでやめときます。笑






ちなみに本日のブログタイトル「吉祥寺の西木くん」ですが、これは実際に存在する映画「吉祥寺の朝比奈くん」をパクってみました。



吉祥寺の朝比奈くん


この作品は、その名の通り吉祥寺を舞台にしている映画でして、とにかく吉祥寺が盛りだくさんの映画でございます。そしてストーリーも最後にどんでん返しが待っていて、なんとも完成度の高い映画ですので、ぜひ一度ご覧下さい☆

そして自分ではあまり思わないのですが(本当)、僕が中学の頃から似ていると言われ続けている、俳優の「要潤」さんもすんごい嫌な役で出ています。笑





というわけで、いかがだったでしょうか。
これくらいでは吉祥寺の1%もお伝えできなかったとは思いますが、少しでも興味を持っていただけたでしょうか。
吉祥寺なんて全然興味なかったけど、なんか意外に面白いのかな、なんて思ったら、いつでも声かけて下さい!ガンガン案内します☆


それでは次回は藤田さんです!
よろしくおねがいします!

東京と都市伝説

こんにちは!荒井です。

シリーズ「私の東京」もいよいよ佳境!!むむむっ!ネ、ネタに困る・・・

さて、皆さんは、都市伝説という物をご存知でしょうか?

都市伝説って何?って思う方もいらっしゃると思いますが、ベッタベタな話でいくと、「口裂け女」とか「人面犬」とかですね!

「口裂け女」というのはどんな話かというと・・・
~下校途中の子どもに声をかけるマスクをした若い女性。「ワタシ、キレイ?」という質問に、「きれい」と答えると、「これでも・・・?」と言いながら、マスクを外すと・・・そこには・・・耳元まで大きく裂けた大きな口がっっっ!!!

人面犬はそのまま「人間の顔をした犬」ですね。



「口裂け女」に関しては、1979年に福島や北海道、神奈川、岐阜で目撃情報によるパトカー出動や新聞沙汰になるなど、社会問題にもなったみたいです。

さて、ここで面白いのは、その撃退方法に様々なバリエーションがあることです。
例えば、「ポマード」と三回唱えるとか、「べっこう飴」を投げつける、さらに血液型がO型の人は狙われないなどというものまで。この問題は、次第に沈静化していったみたいです。

でも、最近はあまりこのような話、聞きませんよね?
その原因として、口コミ・噂話の真偽を調べることが出来るようになった、つまり「ネットの普及」が挙げられるようです。

自分は幼稚園~小学校の時(今から15年ほど前?)に「ポケットモンスター」(ポケモン)が流行っていました。
そんなときに、口伝えにゲームの裏技を耳にするんですよね。例えば、プレイ中にカセットを抜くと、レベルが100を突破する!だとか、ミュウスリーがゲットできるだとか。今、ネットで調べれば「ガセ」だと分かることですが、当時はそれを聞くと、他の誰かにも伝えたい!スゲーって言ってもらいたいって思ったものです。それを聞いた人は、他の誰かに・・・という風に・・・
伝わっていく過程で話に尾ひれはつき、大げさな話になっていく・・・
まさに、これが都市伝説が流布する一種のシステムだと思います。

では、今のネット環境が整備された現代に「都市伝説」はないのか?

自分の答えは、「No!!
都市伝説の宝庫こそ、「東京」です。

というわけで、前置きが長くなりましたが、私にとっての「東京」は、ズバリ「都市伝説」です!!

自分は、もともと「ホラー」というジャンルが好きで、小説、ゲーム、映画など、様々な媒体で楽しんでいます。
あのビックリしたときに、心臓がキュッとなる感覚がたまらない!!ちなみに、叫び声は、「ダーッッッ!!」です。いつも(笑)

そんな自分の怖いところ、それが「高いところ」と「暗いところ
とくに、ホラー鑑賞後は怖くて、家じゅうの電気を点けないとお手洗いに行けない!

そんなこんなで、「都市伝説」にも興味をひかれてしまうわけですよね。調べてみると、東京にその類が多いように感じました。
首都高速5号池袋線の「首なしライダー」、サンシャイン60通りに出没する「池袋マッハばあさん」のような怪奇系から、新宿アイランドの「LOVEのオブジェ」そのVとEの間を体が触れないように、通り抜けると、恋が成就するとか、「JR新宿駅」の改札をSuicaで通ると、100万人ごとに自動的に100円がチャージされるといった(Pasmoは駄目なのかな・・・?)、非怪奇系まで豊富なラインナップ!
わーーーーーい

日本の首都だけあって、人の往来も多いからこそ様々な話が生まれるのかも・・・

s_DSC_0215.jpg


これは、お昼どきの新宿~代々木でとった写真です。個人的に、トンネル、またはそれに類するものが好きです。特に、日中に撮ったトンネルは(これはトンネルではないですが)、外側の明るみと内側の暗がりが同居しているところが、好きです。暗いところに何かがいるんじゃないか?という気になります。

s_DSC_0282.jpg

そして、最後にこの1枚。

先ほどの写真の近くを、今度は夜中の3時に車の中から撮影したものです。
雨が降っていたので、窓が曇っていますが、車の赤いテールライトの光の軌跡は都市の代名詞ではないでしょうか?

こんな風景で「マッハばあさん」が出てきたら、そりゃ誰でも驚きますよね!
夜の街も同様に、明暗が同居しているという点では、トンネルと似ていて、明るさがあるからこそ際立つ「暗がり」に畏怖であったり、怖い物みたさの好奇心というものを感じるのではないでしょうか。

このような、現実と非現実が同居しうることも東京の魅力の一つではないでしょうか。そりゃ、都市伝説も絶えないわけだ!

と、いうわけで個人的嗜好満載のエントリーでした!

「私の東京」、残すところ、あと3回っっっ!

次は、西木君です。乞うご期待!

片道1万1千円

こんにちは、高橋 輝です。
試験期間にブログを担当すると、これもレポート課題のひとつのようです。

さて、ゼミブログ2周目のテーマは「私の東京
僕は、生まれも育ちも山形で、大学入学を機に上京したので、東京生活3年目突入というところです。

東京への不満は色々ありますが、
(ご飯が美味しくないとか、ご飯が美味しくないとか、ご飯が美味しくないとか笑)
今回は「東京に来て良かった!」と思ったことを中心に紹介したいと思います。



先ず、井上さんと被ってしまいますが、上京以前の自分にとっての「東京」とは、
「東京事変」のことでした。

彼らのライブツアーは全て行きました。勿論、解散ライブを観るために武道館にも来ました。もう二度と生演奏を聴けない曲達が、次々に終わっていくのを目の前で観ていましたが、不思議と悲しくはなく、感謝の気持ちで溢れていたのを覚えています。

僕が、東京事変の魅力を語ろうとすると、スコアを開いて、
「ここのコード進行が…..ここの6度の跳躍が…….」
というレヴェルになってしまうので、今回は割愛します。

解散はしたものの、メンバーはサポートミュージシャンや個人のバンドをしているので、今でも彼らに頻繁に会える東京は素敵です。とりわけ、一番のファンだったキーボードの伊澤一葉さんのライブには足繁く通っていて、サインを貰ったり、ツーショットで写真をとれたりして最高でした。
写真 (3)
(ツーショットは恥ずかしいのでサイン載せておきます。)
因みに今月20日にも彼のライブを観に行きます。


次は、「高級外国車」です!
僕は、車が大好きで、中学の頃から毎週のように車雑誌を読んでは車種を脳内にインプットしていました。とりわけ高級外国車が好きなのですが、地元ではそう簡単に見られるものではありません。おかげで、
「都内の高級外国車販売店をGoogle Earthで眺める」
というくだらない遊びまで発明してしまいました(笑)。

しかし、東京はさすがです。歩いているだけで珍しい車がたくさん見られます。特に、表参道はスリルのある車を見ることが多いので、自分の中では
原宿モーターショーと呼んでいます。


最近、一番見たかった車を初めて新宿で目撃しました。
写真 (7)
(興奮しすぎてうまく撮れなかったです)
これは、エンツォという世界限定399台のフェラーリ創業55周年記念モデルです。(既に50台ほど天国に行ったとの噂があります。)恐らく日本には、10台くらいしかいないと思います。

この車をデザインしたのは、奥山清行という日本人で、なんと、自分の高校の先輩です!現在でも1億2000万~2億円くらいするとんでもない車です。




次は、これも大神田さんとやや被ってしまいますが、
「著名人ゆかりの地が多い」ということです。

僕は、現在荻窪に住んでいるのですが、あたり前のように通っていた道に太宰治が一時住んでいたというアパートが、当時の姿のままで現存しています。
写真 (4)
(管理人さんはいますが、今では誰にも部屋を貸してはいないようです。)

一度目の自殺を図ったあたりの時期に住んでいたらしいです。特に名所化していないので、普段は誰もいません。

飲み会の帰りに、商店街を歩いていると
「太宰さんも、同じように酔っ払ってこの道を歩いていたのかな~」
なんて考えてしまいます。

近くには、太宰の師匠である井伏鱒二の生家もあります。荻窪駅近くには、井伏が通った居酒屋があり、当時の事を知る店主は今でも現役でお店に立っています。しかし、雰囲気があり過ぎて、さすがにお店には入れていないままです。


その井伏がしょっちゅう弟子にお使いに行かせていたという、どら焼き屋がお隣の阿佐ヶ谷にあります。

というわけで同じように歩いて行って買ってきました。
写真 (5)
生地は弾力があり、甘すぎない粒餡がぎっしり詰まっていて、とても美味しかったです。

このようにミーハー感あふれることができるのも「東京」の魅力です。


最後は、深夜アニメです!
上京後に、自分の1番の大きな変化は、アニメを見るようになったことだと言っても過言ではありません。

1人暮らししたて→夜は退屈→TVを点ける→ひたすらアニメを見る。
というなんとも自然な流れです。要するに、自分のアニメ歴は案外短いわけです。そもそも、僕の地元では、深夜アニメは放映されていないので、これらに触れる環境がありませんでした。


大学受験終了後の春休みに、ひょんなことからけいおん!を見ていたら面白いようにハマってしまい、これがアニメを見るようになったきっかけでした。

入学当初のオリエンテーション期間は、まだ誰も遊ぶ人がいなくて暇だったので、
映画けいおん!を観に行きました。(都内ではロングラン!)

一旦見終わった後も、また直ぐに見たくなってしまい、挙句の果てに、5回劇場に行くという事態になりました。怖いですね。お財布がクールジャパン。


その後、リアルタイムで放映していたアニメは勿論のこと、通過して来なかった過去のアニメも、何かを取り戻すような勢いで見て、現在に至ります。


このように、自分は完全に東京の虜になってしまいました。
しかし、それでも地元愛はちゃんとあります。

先日、サッカーJ2の、東京ヴェルディモンテディオ山形の試合に行きましたが、当然アウェイ席(山形側)で応援しました。

試合は山形が勝ち、多くのサポーターと共に勝利を喜びました。
写真 (2)

僕の地元は、新幹線のアクセスがとてもいいので、3時間あれば実家に帰れます。
意外に近かったりするので、たまに変な気分になります。

いつか、東京が第二の故郷だと言える日が来るのを今から楽しみにしています。


次は、ゼミ長の荒井君です。よろしく!









テレビの中の世界

こんにちは、大神田です!
予定では昨日の担当の予定でしたが、ログインエラーになってしまい書き込めず・・
遅くなってしまいましたが一日遅れで失礼します!

昨日はゼミのグループ発表でしたが、なんと先週末から喉を傷め、声が出なくなってしまっておりまして・・
本当に、喉というか声帯が振動してないって感じです。ウィパーボイスしか出ない・・
ゆえに、昨日の発表ではグループのメンバーに非常にご迷惑をおかけしてしまいました・・。
なんだか、喉風邪流行っているようですので、気を付けましょう(説得力がない・・)

お題ですが今回は「私の東京」とのことで!
通っている学校は「中野」、バイト先は「新宿」で現在の生活圏がほとんど東京都内なので、東京人ヅラしている(つもり?)の私ですが、
実は千葉県の実家暮らしです。
千葉の実家から通っていると言うと
「めっちゃ遠いね!!!」
と驚かれることも多いですが、中野までは1時間くらいでいけますし、何より私の住んでいる街は東京のすぐ隣で、電車に15分乗ればすぐ東京です!

・・とかいう、地理的な根拠しかない理由で「自分は都会人だ!」と思っていた時期が、私にもありました(笑)
大学生になって渋谷や新宿などのまさに都心といったところが生活圏になってやっと、
千葉は田舎だな・・・」と気付き、大人の階段を登った気がします(笑)

ところで、みなさん最近始まった「同窓生」というドラマ、ご存知でしょうか?
今月始まったTBSの恋愛ドラマみたいなのですが、先週その第一話をぼや~っと見ていたら、なんだか見覚えのある風景が女優さんたちの映る場面の背景に・・・・。

はっ!これは!

私の毎日通ってる中野じゃないか!中野サンプラザの前だ!!
気付いた時はなぜかすごく感動というか興奮してしまい、ドラマの内容はあんまり覚えてません(!)

公式サイトのフォトギャラリーを見てみましたが、私の見た中野サンプラザの外観のシーンはありませんね・・・。
同窓会のパーティのシーンは、中野サンプラザの内部らしいです。

そこで私は思いました。
東京の学校に3年も通ってるのにどうして一回も芸能人とか、ドラマのロケに遭遇しないんだ?!
と(笑)

そうそう、中野といえば!
サブカル女子界隈のファッションアイコン・しょこたんこと中川翔子様の出身地で有名ですね!
中野のブロードウェイにBEAMS とのコラボショップ「mmts」もあるため、よくいらっしゃるんだそうですが、ツイッターなどをチェックしている限り、私がいないときに中野に来ていらっしゃる・・・!!!!!!なんてタイミング悪いんだろうと己の運のなさを恨みます。
そして、このツイートを見たときの衝撃ときたら・・・!


純喫茶アザミ!!!!しってるよここ!私何回も行ったよ!
おんなじプリン食べたよー!しょこたーーーん!!!!!
ほら!!!


プリン

・・・とこんな感じで有名人やロケといい具合にすれ違ってしまいます。

あ、あと前回石垣さんが最後に載せていたポスターの「東京喰種」、私も原作漫画を読んでいて、今季アニメ化しているのでそちらも視聴中なのですが、
我らが中野ではないですが同じ中央線沿いの吉祥寺が舞台になっていたりして、よく行く場所なので、
好きなアニメのキャラクターたちが、私の知っている街を歩いている
と思うとなんだかとても身近なような不思議な気分になりました。
調べたら吉祥寺だけではないようで、すでに聖地巡礼をしている人もいるようでした!
image (1)
これは一年生のとき、明大前の和泉キャンパスに通っていたころに井の頭線の改札前の窓から撮った写真です。結構お気に入りですw

新宿や渋谷に繰り出すと報道番組やバラエティの取材を行っているカメラマンやアナウンサーも当たり前のようにいたりして、これは同じ関東でも千葉ではあまり見かけない風景だなあと大学生になりたてのころは思っていましたし、
そういえば高校生のときに流行った「デュラララ!」というライトノベル原作のアニメにハマって、池袋の聖地巡りをしてはしゃいだなあ・・としみじみ思いだしました。

なんだか好き勝手語ってしまったように思えますが、東京はドラマのロケ地が多かったり、芸能人の行きつけのお店や場所があったり、アニメの背景に街並みがそのまま使われたり・・と、「テレビの中の世界」がより近く感じられる場所だなあと感じました。

ということで、せっかく「テレビの中の世界」に毎日通っている学生のうちに誰か芸能人かロケに遭遇したいです(笑)

本日はここまで。次の担当は高橋君です!
高橋君にはどんな東京を語ってもらえるのでしょうか?!楽しみですね!
以上、大神田でした!早く風邪治します!(笑)

東京と私

こんばんはー!☆ 石垣です!

私は今とにかく暑いです(笑)台風も去って本格的な夏の暑さへと変りましたね!今日も朝起きて気づいたんですけど、(寝ている間に暑くなって布団を何度も蹴っていたんでしょうね。)掛け布団がベッドから落ちていましたー。ついにこの季節が来たのか・・・と、そんなでした!

さて、お題は「私の東京」
実は私、大学のために東京へ来たので、東京に暮らしてまだ2年4ヶ月!
一人暮らし女子大生やってます!キラーン☆
あまり東京らしい東京を紹介できるか分かりませんが、この2年4ヶ月で私の目に映った東京を紹介しようと思います!!

私、小田急線ユーザーです。下北沢が近く、よく遊びに行きます。
なので、まずは下北沢の街を紹介しようと思います!

下北沢、略して「しもきた」
若者、カフェ、美容院、古着屋、演劇、路上お笑いライブ、グルメ、雑貨・・・こんなところでしょうか。
プラプラ歩いていたら、

「で、でかい」

写真 2

自販機の上にちょっとアートっぽく飛び出している缶!存在感すごいです。

ちなみに、夏といえば冷たいもの欲しくなりますよね!冷たいものといえばアイス!アイスも有りだけど、かき氷もいいですよね〜。実は今、下北に期間限定でかき氷専門店が7月10日にオープンしたらしいですよ!
48時間以上かけて凍らせた氷を使うため、ふわっふわんのかき氷ができるとか。しかも20種類の中から選べる自家製のシロップがあるそうです。しかも・・・・・練乳がなんと無料でかけられる!!行ってみるしか!
9月28日までやってるそうなので、是非一度行ってみてください☆
下北沢の話はこのくらいにします^^

東京では、いたるところで何かが新しくつくられていると思います。
そんな工事現場を見て時にすごく魅かれるのが、
クレーン
です。

写真 1

なんか奇麗ですよねー、私もそう思います。
ショベルカーよりもブルドーザーよりも砂利トラックよりも・・・
やっぱりクレーンです。そこでなのが、たまにビルの最上階でクレーンを見ます。いったいどうやって運ばれるんだろう・・・?
巨大なヘリコプターか何かかな?と思ったんですが、実はクレーンって解体できるらしいです。バラして組み立てたり、支柱をつなげて自力で登っていくみたいです。ビルの上で活躍するクレーンは、タワークレーンって名前があるらしいですよ。グーグルで画像調べたらすごかったです。いつかその瞬間を実際に見てみたいなぁー。
東京ではよくクレーンを見る機会が多い気がします^^

つ!ぎ!に!
圧倒的な広告の数。電車の中、駅の中、駅のホーム、ビルなど、目に入るありとあらゆる場所に存在します。大きさも種類も様々。
この写真は、新宿の駅中にあった一つです。
写真
「東京グール」という漫画、面白いです。アニメも最近はじまりました〜見てみてください。

「私の東京」こんなかんじです。東京には新しい発見があってほんとに飽きないです。
次のブログ担当は、大神田さんです!どんな東京を見せてくれるのでしょう、楽しみです!!

以上、石垣でしたぁー!


ヒーリングスポット

宮本ゼミ5期生ブログの二周目「私の東京」
本日担当させて頂きます遠藤です。

ようやく日本各地に被害をもたらした台風8号も過ぎ去って、今日は台風一過のすっきり晴れた天気になるかと期待していたのですが…あまりに湿気が多くて暑くて、まるで雨季の東南アジアのようなムシムシ&モヤモヤした一日でしたね。この蒸し暑さで気分が悪くなりそうでした。皆さんも熱射病等で体調崩さないようにしっかり水分補給してくださいね。

さて前置きはこれくらいにして、、、

前回の井上さん、前々回菅野さん、その前のウルマ君と練馬区出身や在住の方が続きましたが、私も人生のほとんどを東京で過ごしてきて、練馬区に縁があります。
とはいっても出身はお隣、板橋区
なんですけど…
練馬区と埼玉県と隣接していた場所だったのでとっても身近に感じてました。
(ちなみに今は杉並に住んでいるのですが、ちょっと歩けば練馬区です。)

東京といえばこんなイメージを抱く方が多いのではと思います。
(現在世界一高いと言われているスカイツリーの展望台からの景色です。)


IMG_0278.jpg



上から東京を見ると、こんなところに住んでいるのかあ、すごいなあと思ってしまいます。

そしてこの地面の下にも色々なものが存在していることをお忘れなく。
その一つに地下鉄の存在があります。
路線がたくさんあるから一見とても複雑そうですが、今はスマホやPASMO/SuicaといったICカードもあるので乗り換えも運賃計算も考えなくて良くなり増々便利になったと思います。
都心の交通になくてはならない存在だと思います。しかしラッシュ時の混雑は、いまだに苦手です。できるだけ避けたいと思ってます。なんで東京ってこんなに人が多いんだろう?!自分もですが毎朝皆よく我慢しているなあって(笑)

ところで、ご存知の方も多いと思いますが、東京で最も混雑している駅新宿駅だそうです。2012年版のギネスブックに出ていたのですが、一日の乗降数が364万人で新宿駅には200を超える出口があるそうです。東京の人口の約4人に1人が毎日使っていることになりますね。

新宿駅に行くとどうしてこんなに人が多いのだろうと思いますが、それが新宿だけではなく、渋谷も池袋も東京の駅も原宿の竹下通りも都内のあちこちでこんなに人が多いのが不思議です。


そんな人が多い場所ですが、ちょっと裏に入ればホッとする所や景色があります。

例えば都心にある公園。
この写真は日比谷公園ですが、都会のオアシス的存在です。
すぐ周りは官公庁やビジネス街やショッピングエリアといった観光地もあって賑わう場所なのに公園の中はのんびりした雰囲気でもたくさんあり癒されます。周りにビルが見えるのが東京らしいですが…
IMG_0275.jpg


すぐ近くにある皇居東御苑もお気に入りの場所です。こちらは旧江戸城の跡地でその後皇居の一部となりましたが現在は一般開放されているので月、金曜日以外の開園時間内なら無料で入ることができます。江戸城の名残りが見られたり、日本式庭園やピクニックエリアもあって開放感がありお勧めです。

IMG_0271.jpg



原宿駅の裏側にある明治神宮も癒される場所です。私は特に信仰心が強いわけではないのですが、明治神宮内は自然がたくさんあり、特に夏は静かで涼しいので人ごみに疲れたときはよく立ち寄ります。

ただし、お正月は例外です。日本で最も参拝客が多いのでご注意ください。
(3が日で300万人以上の人出で有名な場所でもあります!)

中には御苑もあり6月には菖蒲が見ごろです。それから、以前にパワースポットとして話題になった清正井もあります。

IMG_0279.jpg

IMG_0281.jpg



最後に最近ホッとした光景です。

IMG_0283.png


この裏にはあの有名なブランドのPRADAのモダンなアート建築があります。
一本路地裏に入ったところでこんなノスタルジックな光景が見られるなんて感動して思わず撮ってしまいました。

IMG_0274.jpg

こういう意外な発見があるから東京って面白いなあと思います。
まだまだ自分の知らない未知の世界が東京にはたくさんあるんだろうなあ…

長くなってしまいましたので、この辺で終わりにしたいと思います。

次は石垣華さんです。よろしくお願いします!

そう此処TOKYO

こんばんは~井上です。

何週にも渡って続いた個人発表がついに今日終わりました。お疲れさまでした。
来週からは今のブログのテーマにもなっている「私の東京」についてのグループ発表も始まります!!!


頑張りましょうねーーーーー!(泣)。



さてさて、

私は生まれも育ちも東京なのですが、私の育った区は


区外の人からは「うおぉお!区かよ!都会じゃねぇか!」と言われ、

都会に住む人からは「どこ……?」と区の邪魔扱いをされ、

埼玉県民からは「ほぼ埼玉!!」なんて仲間扱いされる、

変幻自在な練馬区です。




実は東京23区で1番公園数が多く、2番目に多い人口を持ち、5番目に広い区域であるというなかなかの実力はあるみたいです。



ちなみにうちの前を通る石神井川沿いは春になると

o0640048010481131471.jpg



こんな感じに桜並木が続きます!!!


そういえばうちの周りは学校多いなぁ…交通の便がいいよなぁ…あ、小さい頃はとしまえんでよく遊んだよな……



という話はおいておいて、




そんな私にとっての東京は
「東京事変」です!

(練馬区ではない!!!)



椎名林檎率いる5人組のバンドなのですが、みなさまご存知でしょうか。興味ねーよ!って人も一緒に最後までいきましょう(笑)。

193750.jpg


私が小学校の頃でした、「あの椎名林檎がバンドを組む!!!!」とビッグニュースになり(多分)、
一目MVを見た瞬間から私はこの人たちに一生ついて行こうと決めたものでした。

中2になり、ホイホイとファンクラブに入会、その頃から部活と勉強の合間をぬってはライブに通いつめ、時には1人ではしゃぎ、涙しながらステージを見つめておりました。

CDやDVDは勿論、雑誌やビラは隅々まで集めつくし、ライブのグッズを保存用と使う用で2つずつ購入するというどっぷり具合。

そんな浪人時代の1月に「解散」が発表され、動揺し、なんとセンター試験失敗。そんな私の生活の中心にあった彼女等は2012年2月29日に敢え無く解散してしまいました。(しかし椎名林檎はソロで今も活動しています☆)



そうそう、ライブの時はこの旗を振りながら見るのだよ。

unnamed.jpg


そもそも東京事変、という名前の由来は「東京でバンド名を考えている時に、こんなすごいメンバーが集まりバンドを組むということは、事件だと思ったから。」ということらしいです。ふぅん。



私が東京事変を「私の東京」に選んだのは、名前が東京だからという安直な理由ではありません!!!




大人な感じ、都会的な感じ、洗練された感じ

曲のアレンジもファッションもライブもまさに私の想像する東京、そのものなのです。



曲が多すぎて決められないので、東京事変の東京っぽいMVベスト3を紹介します。
曲は言わずもがな、映像とともにみると更に東京っぽさが増しますよ。



1.能動的3分間




「我々が死んだら電源を入れて君の再生装置で蘇らせてくれ、さらばだ」

解散したときに残したフレーズは、この曲のこの歌詞から引用されています。

去り際の潔さ。このドライな感じもまた都会的。

イノチ短い消費社会での物悲しさが歌われている気がします。

きっちり3分間カウントしながら歌われるこの曲は、時間に追われ忙しない東京人を象徴しているかのよう。


クール!!!!!





2.ただならぬ関係




シャレの効いたハイセンスなMVです!とってもメロウ。
大好きな曲です!!!!!!とても!!!


東京駅、スカイツリーという東京の名所が出てきます(笑)。1964年の東京オリンピックの開会式をイメージさせる赤いブレザーを身につけるメンバー。

これぞまさに東京。


2020年の東京オリンピックも意識してるはず。ファンとしては是非復活してテーマソング歌ってほしいです。やってくれよぉ。






3.今夜はから騒ぎ




ジャジーで色気があって、現代の東京というよりはむしろ昭和の東京の匂いがします。

歌詞には紀尾井町、溜池山王という東京の地名が出てくるのですが、

もともと林檎さんの歌詞には、よく東京の地名が使われるんです。っていうかTOKYOとかNIPPONとすら言っちゃってます(笑)某都民という曲まであります。


ちなみにこの歌詞カードは(椎名林檎名義の他のCDですが)都心の路線に合わせて曲名が書かれているんですよ。

1写真



都会の喧騒に紛れて生きる人々がいる東京、

キラキラしているようでどこか現実的で満たされない東京、

他人と比べない、我が道を進む東京



そんな私の東京のイメージをスタイリッシュに歌っております!

まだまだまだまだ書き足りないのですが鬱陶しいと思うのでこの辺で。

是非聞いてみてください!


2unnamed




かなりファン目線からの投稿ですみませんでした!



以上です!


次は遠藤さんです!よろしくお願いします(^-^)



都心近くで自然を満喫。

5期生ブログ2巡目、「私の東京」シリーズも中間地点!
みんなの視点から見たそれぞれの東京、面白いですね!

今回は、こう見えて東京生まれ東京育ちの菅野が担当いたします。
前回うるまくんが「自分、普通の東京人じゃないっす」みたいなことを
書いてましたが、いやいや、私のほうが全然普通の東京人じゃないと思いますよー(笑)。

そんなわたくし、最近引っ越しをしました。
引っ越し先は練馬区で、なんだ、都内から都内じゃん、近いんだから大したことないっしょ
と思ったそこのアナタ、引っ越しをなめてはいけません。
正直、私も最初はなめきっておりました。
引っ越し?そんなの家の物まとめて移動するだけっしょ?と。
いや、私だけならよかったのです。
問題は家族全員が引っ越し慣れしておらず、
私と同様引っ越しというものを完全に甘く見ていたことです。
18年間住んだマンションから出てくるおびただしい量の「要るモノ」と「要らないモノ」…。
まあ詳しいことは書きませんが、一家で完徹したのはあれが最初で最後でしょう…。

さて話がずれましたが、今日はそんな18年間住んでいた私の地元、台場について書きたいと思います。
一応、「東京」と聞いて思い浮かんだのは丸の内や有楽町、銀座のあたりなんですが
今回はより深く知っている地元について、あえて書こうと思います。

フジテレビと踊る大捜査線のイメージが強いためか、「へ?お台場?住む場所あるんだ?
と言われますが、実はだいたい5000人の人が、まとまった住宅エリアに住んでいます。
もともと台場は埋め立て地で、平成元年くらいから開発が始まり、レインボーブリッジが開通。
わたしはそのころ初めてできたマンションのひとつに住んでいました。
まだ観覧車もフジテレビもショッピングモールも無かったので、
当時はお店といえばファミリーマートくらいしかなかったそうです。
ですが今はもうマンションも増え、コンビニやスーパーはもちろん、
お医者さん、図書館、児童館、すこし歩けばショッピングモールがあり、
まあそれなりに暮らせる街にはなってます(笑)。

そして生粋の(?)台場っ子である私は幼稚園、小学校、中学校も、この地にある
幼・小・中一体の学校で過ごしました。一貫制の学校ではありませんが同じ敷地にあるのです。
私が小学生の時は1~6年生まで合計350名ほど、
中学からは区内の他の学校へ進む子も多かったので
1クラス16人×2クラス編成と離島にある学校のような状態でした。
(もっとも、ほんとに島なのですが。)
ちなみに私の2個下の弟の世代は1クラスだけ、しかも10人くらいしかいませんでした。恐るべし。
P1030719.jpg
右下の青い線が入った建物が小学校校舎です。ちなみに私の在籍してたころは全体的に違う色でした。

そんなわけで合唱発表のときも2パートしかなかったし、
運動会ではクラスの半分以上がリレーの選手だったし、
中学のときバレー部の子はバスケ部の、バスケ部の子はバレー部の大会に
助っ人で、というか人数増やすために、出場していました。
もちろん、私のいた吹奏楽部も人数が少ないのでよく先生が演奏に加わっていました。

転入・転出する子もいましたが、それ以外は幼・小・中ずっと同じメンバーなので
生徒だけでなく、お母さんやお父さんも顔見知りの人が多く、親同士も仲が良かったのだと思います。
この間の成人式でも、会場に集まったの数は私たちの地域が間違いなく一番多く、
親が子供たち(成人してますが)を並ばせて写真を撮ったり、自ら写真に混ざってくる友達のお父さんもいて、
昔と同じような光景に感慨深くなりました。

このように、地域のつながりが強いことの他にも私が好きなところがあります。
例えば都心に程よく近いのに、自然がたくさんあって空が広いところです。

P1030727.jpg

P1080862.jpg


家や学校の近くには海があり(とてつもなく汚いため遊泳禁止ですが)
第三台場という陸続きの無人島には緑が生い茂っていて、
何かは忘れちゃいましたが珍しいタンポポとかもあったと思います。
幼稚園生の時はここを「わくわく島」と呼んでよく遊びに連れていかれました。
夕暮れの写真の右側、レインボーブリッジの真下にある、黒っぽいのがそれです。
高層ビルも少ないので、晴れた日は青空が気持ちよく、景色はやっぱり最高です。
海が近いので小学生くらいまでは清掃ボランティアによく参加したり、
学校の授業で海岸の地域や生き物について学ぶこともありました。
ちなみに、ずっと海の近くで暮らしていたからか、完全なる派です。港町も好きです。

今思い返せば、やっぱり普通じゃない場所で育ったなーという気もしますが、
小さいけれど強いつながりのあるコミュニティで、自然にも囲まれ、
都心近くに位置しながらも、ある意味ド田舎な環境でのびのびと過ごせてよかったと思っています。
開発・発展が急速な場所なので、昔と今では景観や母校のようすもかなり異なってきていて寂しさも感じますが、
年に1回の小さな夏祭りなど、引っ越した後なおさら、
少しでも「変わらない何か」があってほしいなあと思う限りです。

ちなみに、休日は家族連れやカップルで大変なことになってますが、
長期休暇以外の平日は、怖いほど閑散としていて、でもかなりリラックスできると思うので、
時間があればぜひ遊びに行ってみてください^^
東京湾花火大会の日は絶対に行かないでください。帰れません…。
交通費がとてもかかりますが、品川田町浜松町からバスが出てるので、活用するとお得ですよー(笑)。


というわけで、あまり東京らしい東京については書けませんでしたが、
私にとっての東京は、こんな感じでしょうか…。
次は、私の現在の自宅から近い場所に住んでいる!井上さんです!
どんな東京を語ってくれるのでしょうか!楽しみ!