FC2ブログ

皆知っているあのお菓子!

こんにちは!
シリーズ「食べ比べチャレンジ」。
第三回は、私、荒井が担当します。

早速ですが、皆さんにはお気に入りの「お菓子」はありますか?

映画鑑賞のお供に「ポテチ」、緑茶があれば、「饅頭」、コーヒーには「ロールケーキ」などさまざまなシーン、組み合わせで私たちの生活に欠かせないお菓子。今回はその中から、「柿ピー」をピックアップします!

柿ピーも立派な「米菓」お菓子なのです!
今回は、スーパーでもよく見かける「亀田製菓」と「三幸製菓」それぞれの柿の種を食べ比べ!


s_DSC_0674.jpg

s_DSC_0677.jpg

以下、3つのポイント+αから柿ピーを分析!
①比率 柿の種とピーナッツの数のバランスは?
②辛さ 柿の種はどのぐらい辛い?
②塩気 ピーナッツの塩加減は?

そして、個人的に一番重要な、
☆食べあわせ 牛乳との相性は?


s_DSC_0678.jpg

自宅でお酒をのむ習慣のない私にとっては、「柿ピー」と「牛乳」の組み合わせは、ナイスコンビ。以上の3つの観点に加えます!


右が亀田製菓の柿ピー、左が三幸製菓の柿ピー。見た目の違いは、柿の種のみ。亀田製菓のものは、ツルリとしているのに対し、三幸製菓のものは、ゴツゴツしていて、煎餅のような外見。

①比率 柿の種とピーナッツの数のバランスは?

まず、1パックの内容量から
亀田製菓:約35g
三幸製菓:約25g

次に柿の種とピーナッツそれぞれの数をカウント。(ピーナッツは、豆ひとつぶんを一個とカウント)
亀田製菓:柿 79
ピー 12

三幸製菓: 柿27
ピー17

三幸製菓は、柿の種とピーナッツの比率がほぼ同じであるのに対し、亀田製菓は柿の種の比率が高い!


s_DSC_0680.jpg


②辛さ 柿の種の辛さはどのくらい?

亀田製菓: 辛い!

三幸製菓 : チョイ辛!

私が元々辛さが苦手なことも理由の一つだと思いますが、亀田製菓の柿の種は辛い!口に入れて始めに感じるのは、「辛さ」。食べたあとも喉に軽くヒリヒリを感じます。刺激的!
一方、三幸製菓の柿の種で感じるのは、醤油の風味。イメージとしては、煎餅を食べている感覚。



③塩気 ピーナッツの塩加減は?

亀田製菓: ほんのりお塩~

三幸製菓: ちょいしょっぱ!!



亀田製菓のピーナッツは、塩気がほんのり感じられる程度。ピーナッツそのもののクリーミィなコクが味わえます。柿の種が辛く、量も多い分、マイルドのピーナッツがヒリヒリした口の中を癒してくれます。

三幸製菓のピーナッツは、ほのかに自己主張。醤油味の強い柿の種に張り合えるアクセントがいい塩梅。柿の種とピーナッツの比率が同等なのも





そして+αの食べ合わせ 牛乳との相性は?

亀田製菓の柿の種は辛いので、口の中のヒリヒリを解消してくれる牛乳は心強い味方。刺激的な辛味をマイルドな辛みへ変えてくれます。

三幸製菓は、もともと醤油の香りが心地良い柿の種なので、牛乳と合わせると、煎餅特有の「甘み」がよく引き立ちます。





というわけで、辛いものが好きな方は、亀田製菓の柿ピーを、煎餅が好きな方は三幸製菓の柿ピーを食べてみてください。そしてチャレンジできる方は、お供に「牛乳」をご用意ください。絶対に美味しいです。



余談ですが、自宅でせっせと柿ピーを食べていたら、父親に一杯のビールをもらいました。父曰く、「乾き物にはビール。牛乳は邪道だね。」とポソリと言われました。オトナになったら分かる美味しさなのでしょうか。



さて、次回の担当は遠藤さんです。お楽しみに!
スポンサーサイト