FC2ブログ

妄想エルンガー

エロゲの神とか大層なことをおっしゃっていましたがまだまだ駆け出しの若造でございます
ウルマです

今回のお題は「◯◯と付き合って・・・」
ということですが非常に難しいです
だって嫁多すぎるし・・・
みんな甲乙つけがたい魅力にあふれているので本当に悩みます
ですが今回はせっかくなので去年のエロゲ特集記事でとりあげた作品の中から選ぼうと思います
その中でも続編が出るということで「うたわれるもの」にしようと思います
この作品の中でも正直迷いますが、ここはメインヒロインであるエルルゥに彼女になってもらおうと思います
どんなキャラか気になる人は特集記事を見るかhttp://aquaplus.jp/uta/chiri/(PS2ソフト うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 公式サイト)から登場人物の欄を見て下さい
ではリ◯カルマジ◯ル、がんばります


※ウ=ウルマ エ=エルルゥ

今日は人生初デートの日だ。画面の中の嫁じゃない、ちゃんとした彼女とのデートである。彼女の名前はエルルゥ。ケモミミと尻尾が生えているが、それ以外は礼儀正しく家庭的で優しい女性だ、パーフェクツ。
そんな彼女と行くのはなんと山である。これは自分が考えたわけではない。彼女が極端な田舎出身故に自然が好きということが関係しているのである。朝の6時に新宿で待ち合わせ、自分の車に彼女を乗せる。
エ「今日行く山はなんていうところなんですか?」
ウ「鍋割山っていうところだよ」
エ「何県にあるんでしょうか?」
ウ「神奈川県だよ。丹沢方面にあるんだ。関東地方では結構登る人がいっぱいいるんだ」
エ「へぇ、そうなんですね。最近ずっと都会にいたので楽しみです」
そんな話をしながら東名高速を走って行く。
ウ「そうだ、朝ご飯食べてきた?」
エ「ハイ、軽くですけど」
ウ「そうか・・・てっきり食べてないと思ってたから一緒にサービスエリアで食べようと思ってたんだけどな」
エ「そうなんですか・・・すみません」
ウ「あ、イヤイヤいいんだよ、食べてこなかった俺が悪いんだし・・・」
しまった・・・非難するような言い方になってしまった・・・orz
と自己嫌悪に陥っていると
エ「そうだ!おにぎり作ってきたんです!良かったら食べませんか?」
ウ「た、食べる!ありがとう!」
(ええ娘や・・・)
感動しつつ彼女から渡されるおにぎりを頬張る。
エ「味気なくて申し訳ないんですけど、好みがわからなかったのでとりあえず塩むすびを作って見たんですが・・・どうですか?」
ウ「いや、むしろ俺は塩むすびが好きなんだ」
エ「ホントですか?よかったぁ」
これは本当のことで、別に彼女に気を使ったわけではない。自分にはそういった気遣いはできないのである。
しかしここで亡き父親の言葉が蘇る・・・。
父「女性を乗せる時はこまめにサービスエリアに停まるんだぞ」
さすが親父、いい言葉を残しやがるぜ・・・と思い口を開こうとしたが思いとどまる。確か親父はこうも言っていたはずである。
父「ただし女性にトイレ大丈夫?と聞くんじゃないぞ。自分がトイレ行きたいと言って停まるんだ。じゃないと女性に対して失礼だからな」
危うく直接言うところだった・・・。サンキューオヤジ。
そしてこまめに休憩しつつ目的地である鍋割山に到着。
ウ「着いたね」
エ「そうですね。あぁ、自然の香りがする。気持ちいいなぁ」
彼女は気持ちよさそうに目を閉じている
ウ「さて、のんびりするのもいいけどそろそろ登り始めようか」
エ「そうですね」
登山靴に履き替え、リュックを背負う。
ウ「・・・ずいぶん荷物あるんだね」
エ「そうですか?結構少なめにしたんですけど・・・」
俺が30Lのリュックでいくらか余裕があるのに対して彼女のリュックは40Lでなおかつパンパンだ。
大丈夫かな、まぁ最悪へばったら持ってあげようと思い出発する。そんな自分の考えとは裏腹に、しっかりとした足取りで登っていく。
言葉少なになることもなく会話しながら登り、休憩をはさみながら登っていく。山頂に近づいてもペースが落ちることはなく予定よりも1時間以上早く山頂まで来てしまった。
ウ「すごいね。俺より重いもの担いでるのによく疲れなかったね」
エ「おばぁちゃんのお手伝いでよく山には登ってたんで慣れてるんです」という。田舎娘恐るべし。
ウ「しかしそんな大きな荷物何が入ってるの?」と聞くと、照れながら
エ「え、えっとですね・・・デートということだったので・・・お弁当持ってきたんです」
「え!?手作り弁当!?」
エ「ハイ・・・迷惑だったでしょうか?
ウ「イヤイヤイヤイヤ迷惑どころか・・・感激です」
エ「よかったぁ」と安堵の表情
彼女の手料理は野菜が多く、あまり自分好みのものではなかったが、感動と登山の疲労からとても美味しく感じられ、あっという間に平らげてしまった。
ウ「あぁウマかったぁ、ごちそうさま」
エ「ふふっ、お粗末さまです。お茶どうぞ」
ウ「ありがとう・・・ってそんなのも持ってきたの?」
エ「ハイ、やっぱり食後はお茶がいいかなと思って」
なんとできた娘さんなのだろうか・・・。
お腹も膨れたことでリラックスし始めたので2人で芝生に寝転がることに。
エ「風が心地いいですね・・・」
ウ「そうだね・・・」
その後は言葉もかわさずまったりしていたのだが、いつの間にか寝てしまっていたらしい。起きるとそこにはニコニコした彼女の顔が。
エ「気持ちよさそうに寝てましたね」
ウ「ごごごめんね、彼女放っておいて寝ちゃってて」と慌てて言うと
エ「気にしないでください。私も少し寝ちゃいましたから」
優しいフォローが痛い・・・。
そんなことをしてる間にそろそろ下山しないと日が暮れる前に降りられない時間になっていた。
ウ「そろそろ降りないと」
エ「そうですね、行きましょうか」
下りも何の問題もなく、日が暮れる前に下山完了。
ウ「ふぅ・・・お疲れ様」
エ「お疲れ様です」
ウ「汗かいたよね、温泉行こうか」
エ「温泉!いいですね!」
やはり女性はお風呂が好きなのだろう。温泉と聞くととても嬉しそうだった。
温泉は登山客で混んでいたが、しっかりと汗を落としてさっぱりすることができた。上がって待合室を覗いてみると彼女は先に出ており、壁にもたれながらベンチに座って寝息を立てていた。少しの間横に座って眺めていると目を覚ましてすぐ
「すいません!寝てしまいました・・・」
とシュンとしてしまう。
「俺も寝ちゃったしおあいこだね」というと笑ってくれた。よし今度は選択肢をミスらなかったぞ。
そして帰路につく。2人とも疲れが出てきていたため多くは喋らなかったが、いい雰囲気で彼女の家まで送ることができた。
エ「今日はありがとうございました。とても楽しかったです。また行きましょうね」
ウ「こちらこそ、楽しかった。また是非」
しばし見つめ合って
ウ「じゃ、じゃあまた連絡するね、ありがとう。楽しかった!」と言って車に戻った。彼女は見えなくなるまで手を振ってくれていた。最後にブレーキランプを5回踏んで何とか初デートは成功したのであった・・・。




妄想全開ですいません。書いてて恥ずかしかったです。それとめっちゃ捏造してます。エルルゥこんな感じの娘ですけど元の世界観が違いすぎるので設定全然違います。しかし書いてて思ったけどやっぱりエルルゥ素晴らしいな・・・。

というわけで次回はスポーツウーマン井上さんです!乞うご期待!

スポンサーサイト



年下の男の子、、♡


こんにちは!石塚です^_^!


前回の藤田さんの言う通り、たいていぽけーっとしてる私ですが、、



なんと
最近彼氏が出来たのです♩♩
しかもかな~り年下の^_^


まだ5歳なんだけど、ちょうど最近主演映画も公開してたし、みーんな知ってる男の子だから隠さず公開します、、、!



そう!
私の彼氏は野原しんのすけ君♡♡




この前スーパーでお菓子をみてたらしんちゃんが近寄ってきて、可愛いな~と思ってたら、



「おねいさ~ん!オラの彼女にならな~い( ´ ▽ ` )ノ♡?」って言ってきたからオッケーしちゃったのっっ!



そしてついに今日は待ちに待ったしんちゃんとのデートの日♩


もちろんヒロシさんとミサエさん(しんちゃんのパパとママ)の了承も得てるから、堂々とお出かけできるの♡♡



10時にお迎えにいく約束だからそろそろ行かなくちゃ~!




あ=私、し=しんちゃん、ミ=ミサエさん





「おはよございます!しんちゃんをお迎えに来ました~!」


「あやかちゃんおはよう!しんのすけったら相当楽しみにしてて昨日の夜からずっとリュックから荷物を出し入れしてて結局まだ準備できてないのよ~。ちょっと待ってね~。」



デートが楽しみで荷物を出し入れしてるなんて、どこまで可愛いんだ、、萌♡



「オラ準備出来たゾ~!あやかおねいさ~ん♡はやく行こう~( ´ ▽ ` )ノ」

「しんちゃんおはよう~♡じゃあ行こっか!ミサエさん、行ってきまーす!」








「しんちゃん!今日公園でタイフェスがあるみたいなんだけど、行ってみる~^_^?」

「たいふぇす?たい(鯛)ってあのおめでたいやつ??お魚釣るの~( ´ ▽ ` )ノ???」

「笑。違うよ~!お魚の鯛じゃなくて、タイっていう国があって、そこの美味しいものとか雑貨とかが楽しめるイベントだよ~!!」

「ほうほう。よし!いってみよーう!」







げ、、激混みじゃん!!
フェスとはいえこんなに人がいる公園初めてだよ、、!!

しんちゃんスマホ持ってないし、これじゃあ迷子になったら絶対見つからないから気をつけなきゃ…>_<…



「うひょー!ひとがいっぱい!みんなそんなにタイがすきなのー??」

「そうだよとっても人気なんだよー!ほら!マンゴータピオカとかあるよ♩♩ でもその前に座るとこ見つけよっか!」



運良くベンチが空いたからそこに座ることに。




「よし!あやかおねいさんはここで待ってて!!迷子になっちゃだめだゾ!オラがマンゴータピオカ買ってくるゾ( ̄^ ̄)ゞ」

「ちょっとしんちゃん待って!迷子になって戻って来れないのはしんちゃんでしょー、、!」


あぁ、、。勢いよく走って行っちゃった。。

どうしようどうしよう!
お店はすぐそことはいえ、ベンチの場所覚えてられるかな??
でも追いかけていって行き違いになっちゃったらもっと大変だし、、。


ここはしんちゃんを信じよう!



待つこと15分。


「あやかおねいさんお待たせ~~!オラちゃんと買ってきたゾ☆えっへん☆☆」

「ほんとだぁしんちゃんありがとう♡♡しかもちゃんとストロー2つ持ってきてくれたのね♡しんちゃん優しい♡!!」

「いやぁ~~それほどでも~~( ´ ▽ ` )ノ彼氏として当然のことをしたまでです☆☆」



しんちゃんってばいつも可愛いのに、たまに頼もしいなんて、ずるいぞそのギャップ♡♡♡






人混みに疲れたから空いてる芝生でゴロゴロすることに。



「晴れてる日の芝生でゴロゴロは気持ちいいね~!」

「こんなところでゴロゴロなんて最高ですなぁぁぁ(_ _).。o○」


早!しんちゃんもう寝ちゃった!
でもごはんも食べたし眠くなるか~。


それにしても寝顔はやっぱり可愛いなあぁぁ♡♡まだ5歳だもんなあ。
はあぁぁ見てるだけで癒される!!!!!




もう3時だし、起こさないようにおんぶして帰ろう!!


その前に、いつもしんちゃんが
ふわふわのサクサクでチョコがメロメロのチョコビアイスが食べたいけど見つからないんだゾ~。って言ってるあのチョコビアイスを売ってるコンビニを見つけたからこっそり買ってあげよう!

起きたら喜ぶかなあ^_^^_^







「ミサエさんただいま~!」

「あらあら帰りまで悪いわね!しんのすけったらぐっすり眠っちゃって、、とっても楽しかったのね(u_u)またしんのすけと遊んであげてね!」

「はい!もちろんです♩♩あと、チョコビアイスのバナナ味をやっと見つけたのでしんちゃんのご褒美にあげてください^_^じゃあしんちゃんまたね~~!」

「(( _ _ ))..zzzZZ」









こんな詳しく妄想したの初めてで恥ずかしいですね笑笑!

でも本当にしんちゃんとデートしたくなってきました~♩♩




次はエ◯ゲの神と言われるウルマくんの妄想です!だいぶ気になりますね!!!

アツイ夏のアツアツデート💙

こんにちは、藤田です!


私は、今の彼と付き合ってもうすぐ3年なんだけど、この間凄い事に気づいちゃったの!

なんと3年前から一度もデートの日に雨が降ったことがない!
いつも晴れ!冬でも晴れ!

真冬に私の地元、新潟に一緒に帰った日も見事に晴れだった。。


凄い。なぜなんだろう。。


え、私の彼の名前?

修造よ。松岡修造。
素敵な名前でしょ?(*^-^*)

(←未婚設定でお願い致しますm(_ _)m)


でもね、今週の土曜日も、デートの予定なんだけど、今週は暴風雨の予報なの!!!

雨はあんまり好きじゃないけど、彼とのデートで遂に初めて雨が降るんじゃないかと不思議な興奮が走っていて!

雨が降ったら映画でも行こうかなって。
今まで彼とのデートはボウリングとかハイキングとか遊園地とか、外ではしゃぐことばっかりだったから、たまにはゆっくり映画とかも一緒に見てみたいな~♪

…って思う私の横で、彼はテルテル坊主30個作ってるんだけどね。。

「はるい、明日は絶対早起きして東京湾で沖釣りしような!!!」

ってキラキラ笑顔。
修造ったら子供みたいで可愛いけど、波浪警報も出てるくらいだからさすがに明日は釣りは無理なんじゃないかな…。





そして次の日。



彼がセットした目覚ましが5時に鳴る。

彼が真っ先に飛び起きて、カーテンを開ける。



ま、ぶしい・・・・・!


うっそ!晴れてる、、、?!?

天気予報を見ると注意報警報も全て解除されてる!!!


凄い。。。これもやっぱり彼の力なのかな?


「はるい!!!!バンブーだよ!!!!
竹ってさあ台風が来てもしなやかじゃない。
台風負けないんだよ
雪が来てもね おもいっきりそれを跳ね除ける!!
力強さがあるんだよ
そう、はるい!!!

竹になったんだよ俺たちは!!!
バンブー!!!


今日も朝から賑やかだ^^



そして、私達は無事に7時に漁港を出発。


キラキラとした日差しと彼のイキイキとした表情のもと、
2時間船に揺られて好釣果ポイントに到着。

早速釣りスタート!今日のお目当てはクロダイ!


こんなに天気もいいし、最近釣果がいいと船長さんがおっしゃるので
今日は沢山釣れるかな♪♪と思っていたら・・・



待てど暮らせど反応なし。。。

30分、1時間。

彼が私を気遣って励ましてくれた。

「はるい、人もテニスも釣りも、ラブから始まる。」

(あ、言い忘れてたけど私の彼、昔は結構有名なテニスの選手だったの。)

「俺たちの幸せも俺たちのラブから始まっただろ?
クロダイにラブを送るんだ!!
はるい、ラブだ!!!!!」

私は、彼と共に海中に全力のラブを送ってみた!



しかし…
そのまま2時間経過。


私は少し腕が疲れてきてしまった…。
口数も減ってきた私の横で、ぶつぶつと呟いている彼。


「弱気になったとき、まず一ヵ月後の自分を想像してみる。それが自分の好きな姿だとしたら、そのために何をするべきかを考える。そうすれば、少なくともその日までは目的意識を保ち続けることができる…。

修造、俺は涙よりも、血よりも、汗を流していたい!
違うか?違くないだろ!!そうだろ!!!

もっと熱くなれよ
熱い血燃やしてけよ!

人間熱くなった時が本当の自分に出会えるんだ!!
だからこそもっと熱くなれよおおおおおおおおおお!!!」



彼の雄叫びと共に、竿が動いた!!!!


なんと、釣れましたでっかいクロダイ!!!!

私たちは抱き合い、退屈し始めていた私のテンションもMAX!!!




船長さんがその場でさばいてくださり、いただきます☆

美味しい・・・・。クロダイってこんなに美味しいんだ…。


彼もしみじみ味わって、御満悦の様子^^



そして、まっすぐ私を見て言ったの。

「はるい、俺は、味のある人間か?
はるい、お前は中身のある人間か?
このクロダイ見てみろよ!!
クロダイはなあ、余計な味付けいらねえんだよ
自分に中身がある。ダシが凄いついてるんだよ

はるい、これからは俺たちクロダイ見習って生きよう!!
中身で勝負だ!!
これから!!ダシのある人間になろう!!!!





…本当にいつも騒がしいけれど、純粋でまっすぐでいつも全力な彼が大好きなんだよね^^

ダシのある人間になって、ダシのある生活、これからもしてこうね、修造♪





な~んて、以上藤田のアツイ妄想劇でした!(^_-)-☆
いかがでしたでしょうか。


次は日頃からぽけーっとしているので、妄想が得意そうな石塚さんです^^

マツコデラックス。マツコデラックスと付き合ってみた。

こんにちは、西木です!


実は誰にも言ってなかったんだけど、
僕、マツコデラックスさんと付き合ってます。
今まで黙っててごめん。。


マツコの事務所の関係上、どうしても言えなかったんだよね。

main.jpg
http://www.tv-asahi.co.jp/haikai/より



出会いは去年の5月。

フジテレビに遊びに行ってたんだけど、
「なんか前から大きい人が歩いてるなー」
とか思ってたらマツコだったんだよね。びっくりしたけど

でもすごく嬉しくて、「握手してください!!」って突撃したわけ。


そしたら、

マツコ「あんた何!?・・・あれ、でもよく見ると、
あんたけっこうかわいいじゃない(笑)
ちょっと、メアド教えなさいよ!!」



そんなわけで、付き合い始めました


そう、それで実は、明日でついに1年記念日。今まで色んなことがあったなー。喧嘩したり、仲直りしたり、、、


そういうわけで、明日は1年記念デートで吉祥寺に行くことにしました。
すでにサプライズも計画済み。(ドヤ

さ!明日が楽しみだなー!おやすみ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜1年記念デート当日〜

待ち合わせ場所は吉祥寺駅交番前。
お!マツコいたいた!遠くからでもすぐ分かるなー☆

まずは後ろから脅かしてやろう・・・!


西木「……わっ!!」
マツコ「・・・ちょっと、遅いわよ!何やってんのよ!!」


怒られた。掴みは失敗だな…。まぁしょうがない。


西木「マツコどっか行きたいところある?」
マツコ「そうねー・・・。とりあえずお肉が食べたいかしら。」
西木「え、昼から肉!?」
マツコ「だって〜、しょうがないじゃないっ、好きなんだものっ!!」


こういうわがまま言っちゃうところが最高に可愛いんだよなー♡


というわけで、昼から肉を食いに吉祥寺の焼き鳥屋、「てっちゃん」に行くことに。

IMG_0897.jpg



西木「マツコ何食う?」
マツコ「わたしはハツモトかな〜。まずはハツモト20本でしょ・・・。」
西木「え!?何、ハツモト20本も食うの!?」
マツコ「だって〜、しょうがないじゃないっ、好きなんだものっ!!」(二回目)

マツコ可愛いなー♡


西木「じゃあ俺は、ガツ刺しにしようかなぁ」
マツコ「あ〜っわかる!まずガツ刺しをお通し気分で食べる感じよねっ!その気持ちわかるのよっ」



そんなこんなで、飯を食ったあとは商店街「サンロード」を散歩することに。

DSCN0035.jpg

ざわ・・・ ざわ・・・

なんか福本伸行風のざわつき感がするなーって思ったけど、そっか。
マツコが吉祥寺を男と一緒に歩いてたら、そりゃ驚くよね。

でも、なんだかんだ周りの人たち気を使ってくれているのか、遠巻きに見守っててくれている気がする。

うーん、さすが吉祥寺。人があったかいね。


…ってあれ!?いつのまにかマツコがいない…。
どこいったんだ??

あ!いた!なんかアパレルの店で店員さんと話してる模様。


店員「マツコさん私の着てるこの服なんてどうですかー?多分お似合いだと思いますよ♡」
マツコ「なんであんたみたいな小娘の着てるもん買わなきゃなんないのよ!」

まずい。マツコは女子アナみたいな女の子が嫌いなんだ!


すかさず間に入る。


西木「マ、マツコ、落ち着いて。」
マツコ「ちょっと〜。だってこれ私に似合うと思う!?似合うわけないじゃない!!


だめだ…。
こうなった時のマツコは止められない。。

店員さんも涙目になっている。


店員「そ、そんなことないですよ…?」
マツコ「違うのよ、あんたが着てるぶんには良いのよ。ただそれを見るからに似合うわけがない私に売りつけてくるとかおこがましいったらありゃしないわよっ!!どーせお前ミス◯◯大学とかなんだろ!」


店員さんは泣いてしまった。


とりあえず謝って、マツコの気分を落ち着かせることに。
って思ってたらもう夕方だ!

しょうがない、予約したとびっきりのディナーで、マツコの機嫌を良くするしかない!!


向かったのは吉祥寺の隠れイタリアン「マザーズ」

S__19111964.jpg

マツコ喜んでくれるかなー。
と思ったら料理が運ばれてきた。

パルマ産プロシュート、季節野菜のバーニャカウダ、国産豚ホホ肉のラグービゴリ。

全部マツコの大好物。リサーチ済みだ。



西木「マツコ美味しい?」
マツコ「・・・あんた、やるじゃない。」

よかった。本当によかった。喜んでくれたみたいだ。



そしてご飯も食べ終わり、
ここから用意してたサプライズタイムに入る。

西木「マツコ、トイレ大丈夫?」
マツコ「あら、じゃあ行ってこようかしら。」


この間にお会計を済ませる。そしてデザートを注文。
マツコが戻ってきた。
そこに店員さんが、1年記念のでっかいケーキを持って現れる。


そう、予約していたのだ。



店員「おめでとうございま〜す!!」
マツコ「え!?ちょっとこれ何!!??・・・ちょっと健太朗ー!!!
健太朗「今日でちょうど一年だね。いつも一緒にいてくれてありがとう、マツコ。これからもずっとよろしくね。大好きだよ。
マツコ「あんた・・・。最高!最高よ!!




これからも俺はマツコと人生を歩んでいくだろう。
マツコがいれば、どんな困難だって乗り越えられる気がする。
マツコ、大好きだよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上、すべて、妄想でした。

さ、次回は藤田さんです!!楽しみ!

「もしも○○○○○と私が付き合ったら・・・」

こんにちは〜!小知和です。
私は、実はもともと先日卒業した4期生として活動していたのですが、
留学のために去年1年間休学していました。
そんなわけで、今年度から5期生として新たにスタートすることになりました。
改めましてよろしくお願いします〜!


今回のテーマは「○○と付き合って」ということで、
私のお相手は22世紀から来た猫型ロボット・・・

ドラえもんです。


そもそもなぜロボットの彼が私と付き合っているのか!といいますと・・・
私が通っていた猫カフェに、偶然きていたのが彼。
お互い猫好きということで、猫トークで意気投合!

今日はついに、そんな彼との初デート。
未来のロボットとのデートって、一体どうなるんでしょう・・。


ド=ドラえもん
の=私


ド「あ、のぞみちゃん!」

お、待ち合わせ場所に向かうと、彼の方が先に来ていました。

〜〜〜

の「そういえばなんにも決めてないけど、どこ行こっか?」
ド「今日は天気がいいから、これで空を散歩しよう!」

タケコプタ〜!
(からだに取りつけると、自由に空を飛びまわることができる。)

の「わーやったー!私、空の散歩なんてはじめてだよ。」
ド「うふふふふふ〜。じゃあこれを頭につけて。
僕の手をしっかり握っててね。行くよ〜。」
の「う、うん!」

びゅーん!

の「わー!!!綺麗!!!!」

空から見る東京は、いつもと全然違って見えます。風もちょー気持ちいい!
しかも、いきなり手を繋いじゃいました。
ドラえもんって意外と大胆なんだな・・・!!

〜〜〜

ド「どう、気に入った??」
の「うん!!!」
ド「よかった〜!じゃあ、このへんで休憩しよっか。」

雲かためガス〜!
(このガスを雲にふりかけると、雲が固まって、雲の上を歩くことができる。)

シューーーー

ド「さあ、これで大丈夫。雲の上に降りてみて!」
の「えっ、ほんとに?」

おそるおそる降りてみると・・・
すごい!本当に雲の上に立ってる!
ちっちゃい頃からやりたかったんだーこれ!!

の「よし、じゃあ、向こうの雲の端まで競争ね!!!よーいどん!」
ド「え、ま、待ってよ!のぞみちゃん!」

砂浜で追いかけっこ・・・みたいに、雲の上で追いかけっこ!
これぞベタなデート。
って、あれ、ドラえもんが全然ついてこない。
あ・・・足が短いから走るのが遅いんだ!
そういえば、「たんそくモタモタ(※)」だったんだ!
そんなところもかわいいなあ!
※昔ドラえもんのEDテーマだった「ぼくドラえもん2112」の2番の歌詞に出てきます


の「はい、私の勝ち〜!」
ド「はあ、はあ、はあ・・・」
の「あはは、ドラ焼きばっかり食べて運動しないからだよ。」
ド「のぞみちゃんが速いんだよ〜。」

〜〜〜

ド「だんだん暗くなってきたね。そろそろ帰ろっか。」
の「うん、そうだね。」

もう終わりか〜。あっという間だな。初めてだしこんなもんかな?

ド「じゃあ家まで送っていくよ。」
の「えっ、悪いよ!ここから電車で2時間くらいかかるから。」
ド「うふふふふふ〜。」

どこでもドア〜!
(片開き戸を模した道具。目的地を音声や思念などで入力した上で扉を開くと、その先が目的地になる。)

ガチャッ

の「あっ、私の家だ!」

〜〜〜

の「今日はすっごく楽しかったよ。ありがとう!」
ド「うふふふふ、僕も楽しかったよ!あ、そうだ、これをあげる。」

糸なし糸電話〜!
(お互いにこれを持っていれば、糸でつないでなくても、話をすることができる。)

ド「これがあればいつでもお話ができるよ!」
の「わ〜ありがとう!」

これって昔流行ったコム持ちみたいなやつかな?!
紙コップの形はちょっとダサいけど、私たち二人だけの連絡手段だって思うと嬉しいっ!

ド「それじゃあ、あとで電話するね!またね〜。」

ガチャッ

〜〜〜

・・・というわけで、ドラえもんとのひみつ道具デートは無事におわりました。
少々無理矢理でしたが彼のいろいろな面を見ることができました!はい!

次回以降のデートも色々と妄想しまして、
いつかは東京ディズニーランドで・・・!と思ったのですが、
ネズミ嫌いなドラえもんは地球はかいばくだんで地球を滅ぼしてしまうかも。



文中のひみつ道具の説明ですが、
どこでもドア以外の道具の説明はひみつ道具カタログから引用しました!
どこでもドアはなぜかカタログに載っていなかったので、wikipediaを参照しました。



さてさて、お次は西木くんです!
一体どんな妄想を繰り広げてくれるんでしょうか?
期待してます〜!

孤独のグルメ(妄想バージョン)

こんにちは。遠藤です。

早速ですが、今回のお題○○と付き合って・・・
前回までのブログを読みながら皆のレベルの高さに感心していたら、とうとう自分の番になってしまいました。久々のブログに加え、なかなか私にはハードルの高いテーマですが、今回は この作品 で頑張って妄想してみたいと思います。
前回の中村さんは癒し系でしたが、今回は果たしてどうなることやら…(汗′′)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は一人(ご)飯(特に外食)はあまり好きではない。というか、誰かと一緒に食べて美味しさを共有したいと思ってしまう…逆を言えば美味しいご飯を食べたい時は誰かと一緒が良い。それが家族や友人そして恋人だったら尚更嬉しい。

ところが私の彼(五郎さん) ときたら、一人飯つまり 孤独のグルメ をこよなく愛していて、一人で誰にも邪魔されず自分のペースでご飯を食べることに癒しと自由を求めている。だから付き合って半年近く経つけど、彼の楽しみを奪うのは気が引けて未だに一緒にご飯を食べたことがない。

でも今日は
五郎さんとの初二人ご飯デートをするのである!彼が普段一人では行かないようなお店に行って、 「たまには君と一緒にこういうお店でご飯を食べるのも楽しいね」なんて言わせてみたい。


今回私が選んだ場所はここ西荻窪である。確か西荻は彼も以前に来たことがある場所。(『孤独のグルメ』第10話参照)本当はデートスポットとして人気の隣駅も(井の頭公園もあるし、、、)考えたのだが、人が多いし、いかにもって感じだし。西荻は飲食店が充実しているし私の好きな街だ。ずっと五郎さんと一緒に来たかったんだよね。


駅の改札前で彼を待ちながら、今日のシュミレーションを立てる。まだ時間も早いし、まずは駅周辺を少しぶらぶらしてお腹を空かせ、さりげなくチェックしていたカジュアルフレンチのお店へ向かう。偶然通りがかったかを装ってお店に入る…

そういえば、五郎さんて、今日もスーツなのかな?スーツ姿好きだけど、たまには至福いや私服の五郎さんも見てみたいなぁ…

なんて思っていたら

注 ご)五郎 わ)私 & ( )は心の声
ご)ごめん、待った? 

わ)わ、やっぱり今日もスーツいやお仕事だったの?

ご)まあね。輸入雑貨の貿易商を個人でやってる俺に休みはなしって感じだよ。

わ)お疲れ様。(私服も見たかったけれど、やっぱりスーツ似合うなあ…)

ご)さて、今日はどんなものを食べさせてくれるのか、楽しみだよ。

わ)とりあえず、まだ夕飯には早いし、色々と面白い街だから、ちょっと周辺をうろうろしてみる?

ご)今日は君についていくよ。

わ)(ドキドキ )じゃあ、とりあえずこっち方面に行ってみない?北口はアンティークとかのお店が結構あって、あそこの交番に行くとこういうアンティークマップもらえるんだ。たしか五郎さん、仕事で以前ここに来たことあったよね。

ご)ずいぶん前だし、確か逆側だったからなあ。こっちは初めて見る光景だ。

わ)そっかあ。じゃあ、簡単に案内するよ。 ここはかつ丼が有名な定食屋さん。お昼時、特に週末は行列が絶えないほど。

わ)そしてあちらは甘さ控えめの豆大福が美味しい和菓子屋さん。でも人気でいつもこの時間には売り切れてしまうの。

ご)ほんとだ、「本日分売り切れました」って書いてある。残念だな。

わ)(しまった、さっきはまだあったのに、買っておけば良かった…)そっか、五郎さん、甘いもの好きだったよね。今度は早い時間に来てみようよ。



わ)それとこっちは有名な焼き鳥屋さん。南口にもあって、いつも早い時間から賑わっていて今日も活気があるね!!

ご)昼間から呑んでる人って結構いるんだな。ある意味うらやましいよ。

わ)五郎さん、全然お酒飲めないもんね。

ご)雰囲気は好きなんだがね。あと、おつまみもね。
(なんだか焼き鳥のにおいを嗅いだら急に腹がへったな。)

わ)(五郎さん、お腹空いてきたみたい。機嫌が悪くならないうちに、そろそろ向かったほうがよさそうかな。)




わ)このあたりも良い雰囲気醸し出しているよね。そうそう、ここの焼肉屋さんは最近できたみたいなんだけど、立ち食いって珍しいよね。

ご)焼き肉、いいなあ。

わ)(まずい、焼き肉に心惹かれている様子だ・・・)

ご)でも、立ち食いはさすがになあ。飯は座って食べたいからなあ。

わ)(ホッ)あっあそこに良い感じのお店があるから行ってみよう!

ご)(なんだか俺が絶対一人で行かないような店だな・・・)

わ)ここ、フレンチっぽい感じだね。美味しそうなパンがいっぱい並んでる!

ご)(フレンチかあ、たまには良いかもな。せっかく誘ってくれたわけだし、今日は素直に任せよう。しかし、腹も減っているせいかパンうまそうだな)

わ)お腹空いたね。ここ、なんか小皿料理みたいなのもいろいろあるし、お値段もそんなに高くなさそうだしどう?入口にある好きなパンを選んで奥のレストランで食べられるみたいだし。

ご)じゃあ、ここにしよう。(確かに考えたら昼飯食べてなかったんだ。)

わ)(良かった。ここまでは予定通りだわ!ふう)

店員 いらっしゃいませ。こちら定番のお料理とお飲み物のメニューでございます。あとあちらの黒板に日替わりのおすすめメニューが書いてありますので…


ご、わ)ありがとうございます。

二人とも必死にメニューを眺めている・・・

ご)(この本日のおススメ惣菜各種200円というのは何があるのだろう?さらにコースではなく定食1500円?!・・・よく見ると女性の一人客も数人いるなあ。彼女たちが食べているのが定食っぽいぞ…スープ、サラダ、メインetc.かなりお得な感じだ。うーん、迷うなあ。)

わ)(五郎さん、真剣に悩んでるなあ。こりゃ、私のこと完全に忘れてるよ。中々話しかけずらいなあ。)


店員 ご注文はお決まりですか?よろしければお飲物からお伺いしますが・・・

わ)五郎さん、何飲む?

ご)じゃあ、ジンジャーエールを。

わ)(ワイン飲みたいけど、今日はやめとこう。) 私はお水ください。

ご)それから、惣菜って何がありますかね?

店員 本日は、 生ハム、 カボチャのマリネ、 オリーブ、 白レバーのパテ、 アユのコンフィー、 色々野菜のピクルス でございます。

ご)(カボチャのマリネとは初耳だな。鮎のコンフィ?!これも惹かれるな…うーん、まいった。どれも旨そうだなあ。)

ご)とりあえず、カボチャのマリネ、白レバーのパテ、アユのコンフィーとあと定食を一つください。

わ)(あれれ、先に頼んじゃったよ。こういう時はまず「何食べる?」とか聞かないかなあ。まあ慣れてないから、仕方ない。私もかぼちゃのマリネ食べたいけど、かぶるよなあ。普段ならシェアするんだけど、五郎さんだしなあ〜。とりあえず、様子見て考えるかな…)

わ)それから、野菜のピクルスとグリンピースの冷製ポタージュもお願いします。

店員 かしこまりました。少々お待ちください。


わ)待ってる間にあそこのパン選ばない?

ご)(おれまた真剣に悩んじゃいそうだなあ。男がパンをじっと選んでるのってかっこ悪いかな?ここは彼女に任せた方が良いよな。どれも外れはなさそうだし…)

ご)パンは君に任せるよ。好きなの適当に選んできてよ。

わ)(おお、意外にも任せてくれるのね。)OK!じゃあ、適当に五郎さんの好きそうなの選んでくるね。


わ)とりあえず、どれも美味しいそうで迷ったけど、こちらを選んでみたよ!!



デーン!!
  IMG_1001.jpg


上から時計回りに

ハーブ入りお食事パン(ハーブの香りがしそう), クルミとイチジクのパン(全粒粉入りでヘルシー), フォカッチャ(丸ごとミニトマトとモッツァレラチーズ入りでボリュームあり!) アプリコットとクリームチーズのフランスパン(2つのマリアージュが楽しめる?!)

ご)おー美味そうだな‼︎

わ)良かった。では、いただきま〜す!

店員 お待たせしました。お惣菜をお持ちしました。

ご)これはグッドタイミング。では早速。カボチャのマリネから、ちょっと酸味が効いたサラダって感じでサッパリしてうまいなあ。中々200円でこれだけのものが出てくるとは期待以上だったよ。それに君が選んだパンとの相性も抜群だ。このホカッチャ美味い!! 
こんなしゃれたお店は自分一人じゃ中々入れなかったけれど、美味いし居心地も良いし気に入ったよ。おひとり様もいるし、これなら俺一人でも大丈夫そうだ。この辺りに来る機会があったら是非寄らせてもらうよ。良い店教えてくれてありがとう。

わ)(え〜私は誘ってくれないのかな?! やっぱり独りが良いのね。 トホホ)


店員 お客様?!  大変お待たせいたしました。ご注文のお品物です。


あれ、五郎さんは?! あ、私ったらデートの計画練っていたら、いつの間にか妄想の世界に…

最後の〆のデザートは、おいしいアイスクリームのお店も考えていたのに、そこまで行き着けなかったんだ。残念。それにしても、五郎さん、美味しいそうに食べてたな。 でも私結局一緒に食べた気がしなくて、なんだか気分は孤独なグルメだったな・・・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というわけで私の妄想(一部ノンフィクションあり?!)デートは失敗に終わってしまいました。

次回の小知和さんは誰とどんな妄想を展開するのでしょうか?
楽しみです!

国民的良き夫

こんにちは、中村です!

塚田さんに予想外の嬉しい紹介をされて照れてます。三日間照れてます。

みんなの妄想を見るのはとーっても楽しいのですが、自分が書くとなると胃が痛いですね(*_*)


いろいろ考えましたが、私が今回付き合わせて頂くのは、この人に決めた

まさに理想の夫、あの国民的アニメより


マスオさん
フジテレビ-サザエさん公式ホームページ[ http://www.fujitv.co.jp/sazaesan/character.html ]より




フグ田マスオさ~~~ん!(28)


余談ですが、「ちなみに、サザエをとっても美人だと思っています。」って一文、まるでサザエさんが実際は美人じゃないみたいな言い方にみえるのは私だけでしょうか。

言わずと知れた国民的良夫。
優しくて真面目で、こんな人と結婚したいー!!


今回は私の独断と妄想でマスオさんの素敵ポイントを挙げていきながらデート妄想をしたいと思います!

もちろん、サザエさんなどこの世界にはいない…!!!!


それでは、妄想スタートっ

===================================

7歳年上の商社マン、マスオさんと付き合っています(●^o^●)

明日は学生生活残り少ない私と、学生らしいデートをってことで、遊園地デート☆なんたる王道~。

お互いの仕事と学校が早く終わる日に行くので、夕方にちょろっと遊んでご飯を食べるというプランです。


~デート前夜~

明日の確認メールを送ったら返信が来ました。
本物line


可愛すぎなのかよ。



最近スマートフォンにしたマスオさんは、誤字が多い(笑)
若者に合わせようと絵文字を入れる(でも変な絵文字になっちゃう)ところとかもう…好き(*’▽’)
素敵ポイント①変な絵文字とスマホなれてない感
※そこまで歳は離れていないけど、彼の私の中のイメージはこんな感じです。(笑)


~デート当日~

(自→自分 ま→マスオさん)

待ち合わせ15分前に駅に到着、ちょっと早かったかな?と思ったらもういた!


自「わ~待った?」
ま「大丈夫大丈夫、せいぜい40分くらいだよ」

1時間前に来てたとは…驚き…

そんなところも、、、好き(*'▽')
素敵ポイント②時間にきっちり


~~~

自「わぁ~~遊園地だ(^○^)夕方の遊園地っていいよね!」
ま「そうだねぇ。なにか乗りたいものあるかい?」
自「んーと、、、あれ!

女の子の憧れ(?)、 メリーゴーランド!

白馬に乗ったマス王子が見たーい!

ま「びゃああぁぁぁ!メリーゴーランド!?」
自「ど、どうしたの?」
ま「子供のころ馬に蹴飛ばされたことがあってから、乗馬は苦手なんだ。ごめん、違うのりものでもいいかい?」

全然乗馬じゃないのに、上下にふわふわ動きながら回るだけなのに、
乗馬が苦手でメリーゴーランド断るって、、、






、、、、いや、好き(*’▽’)

素敵ポイント③ トラウマの引きずり方




自「全然かまわないよ!マスオさん、どれ乗りたい?」
ま「僕は、あれがいいな!」
自「ジェットコースター!?」


ー乗車ー


マスオ&中村「「びゃああぁぁぁぁぁぁぁぁ」」


マスオ「なんやこれはあああああああああああああ
ーー

いやぁ~~怖かったけど、一緒に叫ぶと楽しい!
マスオさんとなら怖さ半減!愛の力!(*'▽')

そして大阪出身だから、たまに出るこの関西弁、、、好き(*'▽')(*'▽')(*'▽')
素敵ポイント④たまに出る関西弁


自「お腹すいたね~~」
ま「そうかい?じゃあディナーにしよう!」
自「やったーーー(^○^)」

ま「実は僕、このパークの近くで美味しいお店を調べてきたんだ。そこに行こう!」
自「えー!!何その下調べ力!!!大人の魅力~!!!」

素敵ポイント⑤大人の魅力(たまに見せる)


マスオさんに連れられてお店に入るとそこはおしゃれな高層ビルにある夜景のきれいなレストラン!
素敵ポイント⑤大人の魅力(たまに見せる)を感じる…!!!!

なんかおしゃれなコースが予約されていて、なんかおしゃれな料理が続々と出てきます。

ま「びゃあぁぁうまひぃぃぃ

この人の美味しいものを食べたときの異常なリアクション、、、
毎度毎度、、、、好き(*’▽’)
素敵ポイント⑥年上なのに母性本能をくすぐる無邪気さ

そろそろご飯も終わったし、帰る時間かな。
自「おいしかったね~。こんなお店知ってるなんてすごいよ(^O^)」
ま「あ、あ、ああ、ああああっりがとう」

なんだかマスオさんの様子が変?

ま「あ、ああ、あの」

???

ま「あああ、さささや、か、さん、、、、、、」

自「ん?」

ま「あの、、僕と、、、結婚してください!!」


自「エエーーーーーッ!!!!!」

ま「君が大学を卒業する前に、プロポーズをしたくて、、、」
 僕は不甲斐ないところもあるし、頼りない男かもしれないけれど、
 いつでも君のことを一番に考えるから!結婚してください!!」

~~~

それから3年、今ではかわいい一人息子もできて、素晴らしい勝ち組ライフを送っています。
なんて幸せ。いい夫に、大好きな息子。広いマイホームに、可愛い飼い猫。

今日も定時に帰ってくるマスオさん、
「ただいまー!」が待ち遠しい毎日です!


================================


妄想終了です。

マスオさんはそんな感じじゃないだろ!とかいろいろ言いたいことはあるかもしれませんが、
すべて私の妄想なので、全国のマスオさんファンはどうかお許しを…!!

後半は私の理想のプロポーズ的な嗜好とか入ってきてまして、書いてて普通に恥ずかしかったです。

とりあえず、こんな夫ができたら、尻に敷くでもなく、ついていくのでもなく、毎日ゆるやかに幸せに共に生きていきたいなぁ(●^o^●)(●^o^●)


……余談……


ちなみに付き合うキャラクターに、キュゥべぇ(魔法少女まどか☆マギカより)も候補に上がり、検討しましたが没になりました。

キュゥべえ(魔法少女まどかマギカネタバレ注意)→http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A5%E3%81%B9%E3%81%88

lineイメージ
124448.jpg

_124449.jpg



理由

人間じゃないし、そもそもそこまでときめくことができない。

……………


※line画面はlineクリエイターズスタンプシュミレーターというサイトを使わせていただきました!



長々と失礼しました!
次は、遠藤さんです、まったりした恋愛と予想していますがどうなんでしょうかっ!

よろしくお願いいたします(●^o^●)

世の中の男子があまりにもふがいないので私が神崎蘭子ちゃんと付き合ってみた

最近のラノベみたいに長いタイトルになってしまいました。
どうも理想の高い塚田です。

今回のお題「○○と付き合って…」ということですが、
いやーみんなすごいですね!!
なんだか妄想とかしなさそうなゼミのメンバーが妄想して書いてると思うとなかなか楽しいです笑

ということで、とうとう私の順番が回ってきてしまいました…。
私が付き合いたいと思う相手…それは…
アイドルマスターシンデレラガールズ、神崎蘭子ちゃんです!!神崎蘭子
(TVアニメ アイドルマスターシンデレラガールズ オフィシャルサイトより)

この画像の左側の子ですね。
可愛いですね。
テレビアニメ アイドルマスターシンデレラガールズに出てくるアイドルの一人です!
いつもゴスロリ服を着ていて、ちょっと普通じゃないところがいいですね。

はい。
付き合ってということなので、男性キャラクターや芸能人をチョイスするゼミ生が多かったのですが、
私はあえて、女の子をチョイスしてみました。

私、大神田さんが前回のブログでも書いてくれていたのですが、
理想高いみたいなんですよ。(自分ではわからない)
まあ確かに、友達の彼氏の話を聞いててもそれでいいの!?と思いますし…?(だいぶ上からですね)
自分のことは棚上げして、やさしくてー、かっこよくてー、おもしろくてーと、まあ条件はたくさんあるのですが、当てはまる男性、もしくは男性キャラクターがいない!!

ということで、
じゃあ私がお手本みせてやんよっ!!ということですね。

今回のデートは、ショッピングデート!!にしてみました。
世の男性たちが、おそらく、おそらく!退屈であろう女子のショッピング。(主に服)
待たされるしー、服詳しくないしー、何が似合ってるかわからないし!適当に似合ってるっていうと怒るし!!
気持ちはわかります。
ですがショッピングが好きな女の子は多いですし、楽しいショッピングデートにできる男性はモテますよ!!(たぶん)

さて前置き(?)が長くなりましたが、いよいよ蘭子ちゃんとのショッピングデートの日がやってまいりました。
集合時間は13時。ちゃんと15分前に到着です。
あっ蘭子ちゃんがやってきました。まめな性格なので彼女は10分前に来たようです。さすが蘭子ちゃん。
今日も黒いゴスロリ服に日傘をさしています。


蘭子「煩わしい太陽ね」
私「おはよう。蘭子ちゃん!今日も暑いね!」

皆さん一瞬えっ…?と思うかもしれませんが、蘭子ちゃんは特有の言葉を使うのです。
もちろん私は意味を調査済みです!!
(ちなみに煩わしい太陽ねは「おはよう」の意味です!)

私「今日はラフォーレに行こうかと思うんだけどどうかな?」
蘭子「!!(無言で目を輝かせる)」

どうやら喜んでくれたみたいです。
なんてったってラフォーレ原宿にはゴスロリを売ってるお店がたくさん入っていますからね!!!(調査済み)

さて、ラフォーレ地下フロア、ロリータファッションフロアにやってまいりました。
蘭子ちゃんは目をキラキラさせながらきょろきょろとフロアを見渡しています。かわいいですね。
私は蘭子ちゃんの好きなブランドの服を一着選んで

私「蘭子ちゃん!これ着てみて欲しいな!きっと似合うと思うんだ!」
蘭子「…。」

あ、れ…。今度の反応はいまいちのようです…。

私「こんなのはどうかな…!」
蘭子「…。」

うーん。またいまいちのようです。
すると蘭子ちゃんが一つの服を手に取りました。
私「(あー…。そっちがこのみかーー!)」

しかし蘭子ちゃんは服を手に取ったまま動きません。

私「蘭子ちゃん、着てみる…?」

どうやら恥ずかしくて迷っているみたいですね!そんなとこも可愛いです。

私「大丈夫だよ!蘭子ちゃんならすごく似合うと思うし、あっほらこの帽子と一緒に試着してみてよ!蘭子ちゃんが着てる
とこみたいなー!」

蘭子「……わ、わ、わが友よ!そなたの願いを叶えよう…!」

おおお。どうやら着る気になってくれたみたいです。



私「蘭子ちゃん着れた―?」
試着室の外から声をかけるとカーテン越しにちょこっと顔を出してくれました。

蘭子「だだだだい…に…」

なんか顔を真っ赤にしながら一生懸命言い訳をしているようなのですが、そんなことは気にしません!
がばーっとカーテンを開けると

蘭子「だだだだだ第二形態より先は!さささ先は!」
私「えーーーー蘭子ちゃんかわいいじゃん!!!!似合うよ!買いなよ!!!!」

もう恥ずかしがってるところも可愛いですね。
本人の言葉から考えるに「お洋服が着られてうれしいけど可愛いのは落ち着かない」ということだそうで。
しかしそこは彼氏の私の腕の見せ所です!何としても彼女に可愛い服を着てもらうために!

私「帽子は買ってあげるから、お洋服かいなよ!」
蘭子「えっえっそそそんなっ」
私「いーからいーから!」

結局何とか説得してお買い上げです!
この服着てくれるときが楽しみですね!

そんなこんなで、何件かゴスロリショップを見て回った後は、
コスメを見たり、ゴスロリ以外の服を見たり。
蘭子ちゃんはゴスロリ以外の服に興味ないかと思ってたんですがそんなことはないようです。
もともと、服自体が好きなようで、色んなブランドの服について熱く語ってくれました。

そして17時。しっかりお家までお送りします。
蘭子ちゃんは寮住まいなので寮の門までです。

私「今日は楽しかったよ!またショッピング行こうね。あ、今度は映画も見に行きたいな!」
蘭子「わわわわわたしも……今日は…楽しかったです…。」

こうやってたまに普通の言葉で話してくれるのも蘭子ちゃんの魅力です!!

私「良かった!じゃあ、またね!」(ニコッ)
蘭子「やややや闇に飲まれよっっ(お疲れ様ですっっ)」




はい。はい。
蘭子ちゃん可愛かったですね。
なんだか途中から蘭子ちゃんの可愛さを宣伝してるみたいになりましたが、
妄想してみての感想は、
蘭子ちゃん可愛い!!
あと男の子って大変だね!!!

いや、ほんと男の子って思った以上にデートの時気をつかうんだなって思いました…。
男の子の大変さを思い知ったということで、今回はこれで終わりにしようと思います!笑

次回は、私が男性だったら付き合いたかった女性NO.1の中村さんですね!!笑
では皆さん!やみのまっっ!!(闇に飲まれよの略)(お疲れ様でした!!)



ダイゴさんと付き合って…

こんばんは、大神田です!
『○○と付き合って』というテーマということで、すでに書いてくれているみんなの投稿を見て、
「なるほどねー、そういう人が好みなのかー(?)」とか思いつつ、
楽しく読んでいるうちに、ついに自分の順番が回ってきてしまった・・・!


ということでこれから私はダイゴさんと付き合って1年目の記念日デートに行ってきます!(笑)
ダイゴさんというのはあのウィッシュでおなじみの御曹司DAIGOさん
・・・・ではなくて、
この動画の3:11辺りで「さあ、はじめよう!」って言ってる銀髪のイケメンです。
ゲーム「ポケットモンスタールビー・サファイア」またはポケモンシリーズをプレイした事のある人はご存じかと思います!
ホウエン地方のポケモンリーグチャンピオンで主人公の旅をなんやかんやと手助けしてくれたりするかっこいいお兄さんです。
じつは大企業の社長の御曹司だったりするので、前述のDAIGOとの共通点もなきにしもあらず。

プレイ当時、その麗しさにキュンキュンしたポケモントレーナーのお嬢さん方は少なくないはず!
そして去年秋にはダイゴさんの初登場作、ルビサファのリメイクオメガルビー・アルファサファイアが発売し、
さらに美しく麗しくなったダイゴさんを堪能することができます!(?)
ちなみに余談ですが、年齢は25歳で私(21)とはいい感じの年齢差!

前置きはこのくらいにしておいて・・・あっ、そろそろダイゴ迎えに来る時間です。
今日の服装はシンプルなシャツとパンツにスニーカー・・・とできるだけ身軽な格好。
ん?デートなんだからハイヒールに可愛いワンピースとか、もっと女の子らしい服を着た方がいいんじゃないかって?
まあ、後でよくわかりますよ・・・。

準備も整ったところで、外から声が。

「やあ、僕だよ!」
「はーい♥」

強い風と共に現れたのは私の愛しい愛しいダイゴさん!!!!!
どうやらここまで彼の手持ちのポケモン、エアームドに乗って来たみたい。
このエアームドくん、鳥ポケモンでトレーナーを乗せて空を飛ぶことができるんだけど、
「はがね・ひこう」のタイプと見た目からも
想像できる通り、乗るとめっちゃお尻痛い。

ぶっちゃけ私のチルタリスに乗っていこうよ、と言いたいところなんだけど
うちのチルタリスちゃんは小さいから大人二人乗せるのはかわいそう(親バカ)だし、

せっかくのデートだからなるべくくっついていたいよね!!(笑)
ということでお尻にクッション引いてエアームドに乗せてもらって移動。

向かったのはもちろん、記念日デートに相応しい初めて出会った場所♥♥♥
それはどんな場所かというと・・・・・・・・

暗くて・・・
静かで・・・

足場の悪い・・・

そう、まさかの洞窟です。

彼は重度の石オタマニアなので、デートコースは洞窟とか山とかで鉱石採掘が毎回恒例。
冒頭で服装に可愛さよりも身軽さを求めたのも、このため。
こんなところにハイヒールやらひらひらのワンピースやら身に着けて来たら、
服が汚れた足が疲れたって喚くことになるもんね。

ちなみに私も化石とか、宝石の原石とか鉱物とか、大好き!趣味もぴったりです(笑)

しかし、洞窟の中は危険がいっぱい。
突然、野生のポケモンが襲い掛かってきたりもするのです。
こんな時も守ってくれるのがダイゴさん。なんたってチャンピオンですから!


あ!野生のズバットが現れた!
「ゆけっ!メタグロス!コメットパンチだ!」
・・・・野生のズバットは倒れた!


・・・と、こんな具合に屈強に育て上げられたポケモンたちと一緒に私を守ってくれるのです。頼もしすぎるよぉ!
(ズバットごときにエースのメタグロスを使う事ないんじゃないの?みたいなツッコミは受け付けておりません。)

楽しい洞窟デートも終わって、そろそろ解散。
行きと同様、家まで送ってくれました。

「今日は楽しかった!送ってくれてありがとう、それじゃあ・・・」
と家に入ろうとすると、
「ちょっと待って!」
と引き止められた。
なんだろう・・と思い振り返ると、どこからか小さな箱を取り出し、私に手渡してきた。
「まさかのプレゼント・・・?!私、何も用意してない・・・!!!!」
と心の中でめちゃめちゃ焦っていると、
開けるように促され、ドキドキしながらオーーープン!!!
この感じで行くと・・・アレだよね・・・・!!!!しかし一年目でいきなり・・・・戸惑っちゃうよ・・・?!ドキドキ・・・!!

パカッ。

「どうかな、君に似合うと思ったんだけど・・・」

そこには小さな・・・・・・・石・・・・・・・
ジュエリーじゃなくてストーンの方の石が。
確かに私もストーンの方の石、好きだけどこれは予想外だった。別の意味で戸惑うわ。


・・・・・しかし、いかに珍しくてすごい石かを目を輝かせて楽しそうに話す彼の姿を見ていたらどうでもよくなってしまった。愛しい。

ということで本日のデートは終了。次は私がプレゼントお返ししないとね。やっぱ珍しい石が喜ばれそうだな・・・♥




はいっ、妄想終了です!(笑)
長いことオタク女子(?)やってきたけれど、
意外とこういうキャラクター×自分のような妄想をすることは少なかったのですごく難しいと同時に恥ずかしい!!www

次の担当は塚田さんです。
すごく理想が高そうなイメージがあるんですが、誰が出てくるんでしょうか(笑)

お楽しみに!

長谷部選手と付き合ってみて

こんにちは!中山です。
今回は○○と付き合って

私は音楽縛りのデートをしてみたいので、
私の大好きなロックバンドMr.Children
ではなくミスチルファンの男性有名人、長谷部誠選手との妄想を。


長谷部さんとこんなデートしてみたいというデートプランを立ててみた。

ちなみに、ミスチル好きの有名人は男性もたくさんいるけど、
長谷部さんが一番好み。
大人だし、優しいし、引っ張ってくれるイメージ。
沈黙も許されそう(笑)まぁ、ミスチルトークがあるから大丈夫かな。


デートプランとしては
・ミスチルトーク
・チルカラ(ミスチル縛りのカラオケ)
・PVロケ地巡り
・ライブ

この4つをしてみたい。1日で全部やるわけじゃないですよ。


まずは恋人というより友達感覚で、ミスチルトーク。場所はカフェでも家でもどこでもいい。
中々することがないから、長谷部さんとミスチルトークをしたい。
普段はあまり喋らない自分でも興奮する。
(自分は地元では結構喋るけど。なぜだか、大学ではあまり喋らなくなってしまった)

長谷部さんの方がファン歴長いから、昔のミスチルも聞けたりしてめちゃくちゃ楽しそう。


中山:マコちゃん(長谷部さんの愛称)、いつからミスチルファンなの?

長谷部さん:○○の時からかな!

中山:じゃあ、○○のアルバムが出た時期か!

長谷部さん:そそ!○○才の時からは、ずっとミスチルばかりよ

中山:うちも、高校の頃「ONE PIECE』が好きで映画の主題歌がミスチルだったから
    その時に初めてちゃんと聞いたんだけど、、そこからどっぷりはまった。

長谷部さん:あぁ~「fanfare」か!
        尾田さんもミスチル好きだもんね
        なんかこう話してると、ミスチルってすごいよね。かなりの有名人のファンいるよね。

中山:マコちゃんも超有名人じゃん!知らない人いないでしょ!!

長谷部さん:俺にはサッカーがあるからね。

どんどん真面目な話になっていく。将来のこととか、サッカーのこととか。
自分は人の話聞くの、好きだからずっと聞いていたい。

ミスチル縛りのカラオケで長谷部さんと「innocent world」を歌いたい。
本当は2人でというより、大人数で歌う方が楽しいけどね。

中山:よっしゃー!カラオケ!!
    今日はミスチル縛りね。

長谷部さん:オッケイ!普段、ほとんどミスチルしか歌わんから逆にありがたい。

中山:最初は2人で歌わない?

長谷部さん:おっ!何歌う?

中山:じゃあ、2012年のライブ「POPSAURUS」のセトリで歌っていかない?

長谷部さん:最高じゃん!じゃあ、「エソラ」から歌うか!!

中山:うん!(^^)!


♪♪♪♪♪♪


あとは、
ミスチルPVロケ地巡りをしてみたい。

ミスチルも今年でデビューしてから23年。それだけ多くの曲が世に出ていて、PVも沢山ある。
その中で巡ってみたいのがこの7曲。

『Replay』(ニューヨーク、セントラルパーク)

『Tomorrow never knows』(グレートオーシャン・ロード)

『口笛』(マンハッタン、ルーズベルト島)

『NOT FOUND』 (大井中央陸橋付近)


『未来』 (駿河台団地)

『GIFT』 (うみかぜ公園)

『足音~Be Strong』(中田島砂丘)


のんびり巡って写真撮って、PVでやってることと同じようなことをしたり。


あとは、何といってもライブ!!!!!!!
長谷部さんがミスチルファンということはみんな知ってるから、すぐわかっちゃうだろうな。
会場内はファンで埋め尽くされ、隣には恋人・長谷部さん。最高すぎる。
長谷部さんはミスチルのボーカル・桜井さんと交友関係があるみたいだから、
もしかして、ひょっとして桜井さんにも直接会えちゃったりするかも。
妄想が膨らむ。
ライブが終わった後は、お家で飲んだり、食べたり。

中山:いやぁ~楽しかったね!!!!
    桜井さん、絶好調だったね

長谷部さん:ほんとね。桜井さんとはサッカーやったことあるけど、
        サッカーもほんと上手いのよ。

中山:そうなんだ!?桜井さん天才だから、何でもできるんじゃん?(笑)

長谷部さん:確かに。何でもできそうよね。
        越されるかも(笑)

中山:それはないでしょ~
    マコちゃん、選手なんだし~

長谷部さん:まぁね(笑)
        一回桜井さんとゲームしてみたいな。

毎回、ミスチルの話から、サッカーの話になっていく。

バーッと書いてきたけど、実際趣味の合う人なら誰でも・・・
欲を出して、
イケメン・サッカー・声カッコいい
長谷部さんを選んでみました。

定番の遊園地に行ったり、映画を見に行ったりするのもいいけど
違ったデートをしてみたい。ミスチル縛り最高。
ということで、私の妄想は長谷部選手とミスチルデートでした。

次は大神田さんです。お楽しみに~