FC2ブログ

着回し劇場〇〇days


こんにちは!
最近とても寒くなってきて何枚も何枚も着こみまくっている中村です。
ゼミももう残りあと1回…あっという間でした…思い出がいっぱい…。

寂しい空気はさておき卒論ですね!


私の研究テーマは「女性ファッション誌の着回し特集」です。

前回も書きましたが、着回し特集は、ただ限られた服の中で着回す術を教えるのみならず、ファッション説明とは一見関係のないドラマ性が含まれるものがあったり、モデルが演じるそのドラマの主人公に細かい設定があったり(例えば、私立大学二年生、テニスサークル所属、彼氏とはマンネリ中など)と、様々な特徴があります。そのあたりに興味を持ち、着回し特集を構成する要素の特徴を洗い出しています。


資料としているファッション誌は『Ray』『nonno』『ViVi』の3誌です。
それぞれの着回し特集を、自分で設けた項目をチェックしながら読み進めています。
項目は、以下の通りです!
・ 日記風か否か。
日記風ならば何をしている日が何日あるのか(友達、男性、仕事、サークル、家族、自分磨き、その他)
・ ストーリー仕立てか否か。
ストーリー仕立てならどんなストーリーか。
※ストーリー仕立ての判断基準は、異なる日付で連続性が認められるか否かというところで設けています(例:彼と喧嘩した→仲直りのデート)。
・ 主人公の職業、所属サークル、アルバイトは何か。
・ 話し言葉で文が書かれているか否か。
・ 何日間の着回しか。
・ 何ページあるか。ページ的に雑誌のどのあたりの位置にあるか。
・ 服の数や平均金額はいくらか。 など
※ここでは靴やアクセサリーや装飾品は値段の振れ幅が大きい上に特集によってあるなしがまちまちなので省いて平均をとりました。

各項目のデータをとって、そこから分かることを各誌ごとにまとめています。エクセルを使って上の項目をどんどんとっていって、言えそうなことをもっと増やしたり、先行研究を見直して自分の論文を磨いていったり成立させたりすることが今の自分には必要だということで、これからも速度を上げ取り組みたいと思います!


自分の卒業論文を、論文といえるようなものにできるよう現在も作業やら文献を読むことやら進めているところです(;o;)
なんとか頑張って書き上げたいと思います…!頑張ります…!

次の担当は漆間君です。よろしくお願いしますっ!
スポンサーサイト