FC2ブログ

二度目の学生生活!!

こんにちは。

この数日間は卒論編集の作業で連日学校に行き、慣れない編集ソフトと格闘しながらとりあえず締め切りまでに終わらせようと必死だったけど、結局終わらずトホホ・・・な遠藤が今回の担当です。そんなこんなで、もうすぐ卒業だなんて実感が湧かずにいましたが、これまでのブログを読んでいるうちに、既に自分のブログを書き始める前からウルウルしています。

何度も言ってしまいますが、時間が経つのは早くて、年を重ねるたびに、そして、特に学生生活が始まってからを考えると本当にあっっっというまでした。

このブログを書くのも、これまでは自分の順番が回ってくる度に何書こうって悩み、書き終わるとホッとして…なんてやっていて、今回でそれが最後だと思うと何だかとても寂しくなります。
ゼミ(先生やゼミ生)の素晴らしさや思い出、感謝の言葉は、ここでは書ききれないくらい沢山あり、また既に前回までに代弁してくれている(今後もきっと沢山出てくる)と思うので、今回は私と宮本ゼミとの出会い?!について書きたいと思います。

前回の漆間君(今まで私の前に漆間君が来ることが多かった気がしますが…)が お姉さん って言ってくれた((笑))ように、私は宮本ゼミの中では先生を除いて一番年上です(年齢はご想像にお任せということで・・・)。
というのも、一度社会人になり、また勉強がしたくなって3年次に編入したので実際にこの明治大学の国際日本学部で過ごしたのは約2年間でした。

現在も仕事は続けていますが、勉強が思った以上に大変で、いつの間にか7:3とか最近は9:1くらいの割合で学校が中心となる生活になっています。仕事はフリーのツアーガイドで日本に来る外国人の観光案内をしているのですが、ここ何年かクールジャパンの影響で、日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人やそれがきっかけで日本に来る外国人も増えてきています。そんな外国人と接しているうちに、私はあまりアニメや漫画、ゲーム等に詳しくなかったので、なぜこんなに人気なのかと興味を持つようになりました。それで、この学部の編入試験を受けたのですが、いざ編入するとなると自分の興味のあることや新しいことを勉強できるという喜びと同時に、実際に講義についていけるのかとか、何よりも二十歳前後の学生達と仲良くできるのか?!といった不安がありました。周りからも「今更、勇気あるね~」などと言われたりもして、だからこそ、今自分がこうして自然に学生生活に溶け込んで?!楽しく充実した日々が過ごせていることがとても嬉しいのです。

これも、この宮本ゼミに入り、先生を始め、ゼミ生の皆と出会うことが出来たお陰であり、このゼミに入ることが出来て本当に良かったと思っています。


振り返れば、約2年前、、、
編入が決まり、二度目の学生生活に期待と不安を持ちつつ、そわそわしていた時、事務室からゼミのシラバスが送られてきました。事務の方から「ゼミは必須ではないのですが、ほとんどの学生が選択しているので、もし興味があるなら是非…」ということだったので、せっかくだからここでしか研究できないようなゼミに入ろうと思いました。まず、ポップカルチャー全般が研究対象であること、教授の名前が宮本大人って凄い名前だなあ?なんて呼ぶのだろう?!っていうところにまず目が留まり、(すみません)、さらに紹介文で書かれていた言葉に魅かれました。それは応募学生に望むことの欄で特に「『自分と違うタイプの人』と付き合う意欲を持っている…とにかく自分の殻に閉じこもらない意欲と努力を見せてほしい…」ということでした。このゼミなら私でも受け入れてもらえそうだと勝手に信じ、厳しそうだけど、せっかく入るなら中途半端ではなくとことんやれそうなゼミだということで決めました。

とはいえ、仕事もしながらだし、20,000字以上の卒論なんて果たして書けるのだろうか?(文字を書くことに遠のいた生活をしていたし…)なんていう戸惑いもあり、ドキドキしながら先生の研究室を初めて訪れました。 実は、先生は編入試験時の面接官の一人で、私のことを覚えていてくださっていて、これも何かのご縁だ!!と勝手に思い込んでいました。必死に課題をこなし入室許可を頂けて嬉しい反面、本当についていけるのかと思ったのが遠い昔のことのようです。それから、初めてのゼミの授業で皆と対面したときもドキドキでした。私は正直アニメや漫画に疎く、特に最近のものは知らないし話についていけるかとか、皆どんな子たちなんだろうとか・・・でも、それぞれが自分の好きなこと、興味あることに詳しくて熱心に話している姿や新たに聞く名前や言葉とか、どれも新鮮でした。

自分は広く浅くなタイプの人間だと思っていたけど、知らない世界がこんなに沢山あることや日本のポップカルチャーの奥深さに驚き感動したこと、そしてほとんど知らないことがないのでは?というくらい知識が豊富で丁寧に教えて下さる先生や慣れないラインの操作などにも嫌な顔せず丁寧に教えてくれるゼミ生と接していくうちに、最初に抱いていた不安はいつの間にか消えていました。
元々論理的に物事を考えることが苦手な私が、自分の考えを上手く表現することや頭では分かっていると思っていても人に伝えることの難しさを改めて感じることが多く、特にゼミの授業では今まで学校や社会で何を勉強してきたのだろうか?と落ち込むこともありました。また、他の授業との課題が重なり余裕がなくなり、ましてやこの一年間は卒論のこともあり一杯一杯でしたが、ゼミで一緒に活動し励まし合うことで卒論も含めて苦しみながらも最後まで楽しく活動できました。

私にとってこの2年間はゼミがほぼ中心の学生生活でしたが、大変有意義なものとなりました(なっています)。一度目の学生生活は、ただ何となく過ぎてしまいましたが、二度目の今は自分がやりたいことが勉強できて、それ以上に自分の世界をさらに広げることが出来たし(文化祭では○年?!ぶりの女子高生にもなれたし?!)、なんといっても貴重な出会いと経験が出来たことが何よりの収穫でした。今後は自分の仕事や生活の中で、この2年間をどう生かしていこうかという課題がありますが、まずは卒業までの残りの貴重な時間を大切に過ごしていきたいと思います。

改めまして宮本先生、ゼミの皆さん、本当にお世話になりました&ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。

最後になりましたが、毎回上手く纏まらずについ長くなってしまう私のブログを辛抱強く最後まで読んでくださった方、どうも有難うございました。

次は、ずっと部活を頑張っていて忙しそうだった印象の井上なつみちゃんです。よろしくお願いします。
スポンサーサイト



謝罪と感謝を

どうも、ウルマです。
卒業が確定しない中本当にできているのか不安でしたがついこの間卒業ができるとのことで郵便物が家に届いたのでホッとしています。
菅野さんのエントリがとても感動的な内容で若干ハードルが高くなってしまった感じはありますが精一杯書いていこうと思います。
さて、自分の大学生活は最初に書いた通りギリギリでしたが、一言で表すとしたら
色々あった
でしょうか。

1年生の時は英語の授業についていけなくて受験して入学してきたクラスメイトにたくさん迷惑をかけました。その時にゼミ生の西木くんと知り合いました。クラスの人たちとは食事にも行けたり、何より英語の授業ということでファーストネームで呼んでもらうことが新鮮でした。自分は男子校出身のため基本的にあまり女性と話す機会が無かったので免疫のない自分としてはかなり刺激が強かったです。
2年生時は今までお世話になっていた英語のクラスが変わったことで、英語の授業が、半年間ではありますが、結構きつかったです。1年生の時のようにクラスが仲がいいわけではなかったため、聞いてみることもできず電子辞書は手放せませんでした。後半からは必修の科目が無くなったので、より自分の好きな授業を取れるようになりましたが、通年で受けることを推奨している授業が多かったため、宮本先生の授業のようなマンガ、アニメなどのジャンルに触れる授業は3年時に回しました。この時、前期だけですがゼミのような授業をとっていて、5限の授業なのに毎回21時頃まで、遅いときは22時を過ぎることもありましたが楽しく受けていました。その授業ではゼミ生の塚田さんと知り合いました。
3年生になってからはもうほとんどゼミ生との記憶しかありません。ゼミに入る気持ちはあったのですが、宮本ゼミに入ろうかどうしようか悩んでいる際に西木くんが受けることを知り、さらに塚田さんに誘われたこともあり、入室することを決めました。元々積極的に人と関わっていく性格ではないため、科目は1人で決め、受けていましたし、学業が本業の学生なので当然のことかもしれませんが、周りは知り合い同士で受けている人たちばかりだったので、毎回疎外感を覚えていました。ですがゼミの授業では毎回、他のゼミの話を聞いていると「マジかよ…」となる程内容が濃いものでした。そのおかげかゼミ生同士は仲がよく、友達が少ない自分はとても楽しく過ごせました。ゼミの先輩たちにもとても優しくしていただき、学園祭も3年生にして初めて参加、楽しむことができました。
4年生になってからは卒論のことが常に頭をよぎるなかで過ごす毎日で、緊張感がそれまでの学生生活と大違いでした。ですが、3年生時にはできなかった友達と相談して一緒に授業を受けてみるということもできたので、今までと比べると友人と受ける授業の数がかなり増えました。そのおかげで学生生活は特になにかイベントがあるわけではなくても楽しいものでした。
しかし自分は結局卒論を書き上げることができませんでした。もちろんスパッとやめたというわけではなく、前々回のエントリで触れられていた卒論発表会に向けての準備もしていました。ですが先生と相談して発表しないという運びになりました。その後も卒論という形までもっていこうと励ましの言葉もいただいていました。ですが自分はやり遂げることができませんでした。色々と事情はありますが、やはり一番の原因は自分がやりきる気概を持てなかったからだと思っています。2年間という短い間ではありましたが、卒論や授業について、プライベートの問題についての相談にも親身になってアドバイスをくださった宮本先生はもちろん、共に2年間ゼミの仲間として過ごしてきたゼミ生のみんなにも申し訳ない気持ちでいっぱいです。1つ上の代は1人もリタイアする人がいなかったのが自慢です、と以前おっしゃっていた宮本先生ですので、自分みたいな学生が出てしまったということはかなり歯痒い思いをされていると思います。本当に申し訳ないです。ゼミ生の皆さんも菅野さんが書いていたようにコンプレックスを感じながら一生懸命先生の期待に応えようとしていたのにすみませんでした
ゼミ生のみんなにはあまり詳しいことは言ってなかったと思いますが、プライベートで色々なことがありました。何度も嫌なことがあってかなり精神的にやられたこともあります。ですがゼミの授業の時はいつも自然と笑うことができていたと思います。ゼミ生のみんなには一人で勝手に救われていました。また先生にも、卒論を仕上げる時期になって「書けない」ということを伝えたにも関わらず、ゼミ生として最後まで在籍させてもらったこと、とても感謝しています。おかげで宮本ゼミ5期生として卒業を迎えることができました。この場を借りて感謝したいと思います。
ありがとうございました!
謝罪記事のようになってしまいましたがゼミでの活動はとても楽しいものでした。普通の授業では教授がさらっと説明だけで終わらせるような内容でも込められた意味は色々あると21時を過ぎることも気にせずにゼミ生に詳しく解説してくださる宮本先生の授業も、キャッチに付きまとわれて嫌な思いをした1回目、車で行って大遅刻をしてしまった2回目のゼミ合宿など、ゼミだけでも楽しかった思い出は数えきれません
最初に自分の学生生活は色々あったと書きましたが、
幸せだった
というのが1番あってるのかもしれません。
こっ恥ずかしいことを書いている自覚があるのでここいらで筆を置かせてもらおうかと思います。
次はゼミ生のお姉さんである遠藤さんです!このフレーズは何度も使ったことがある気がします。乞うご期待!

最後に改めて皆さん
すみませんでした!
そして
ありがとうございました!