FC2ブログ

宮本ゼミのファンの皆様へ

宮本ゼミのファンの皆様へ


私から、お話をさせてください。私は20歳の時に、宮本ゼミのオーディションを受けました。そして、5期メンバーとして加入させていただきました。それは、そのオーディションを受けることは、私にとって、大きな決断でした。そして、今日ここで、2回目の大きな決断をさせてください。
 












私、西木健太朗は、宮本ゼミを卒業します。












すみません、ふざけました。

(元ネタ:「2回目の大きな決断」/あっちゃん卒業
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120325-923131.html





というわけで、こんにちは、西木です。

今回が最後のゼミブログということで、ここにきてやっとしみじみと卒業を実感してきております。いやー、自分がもう大学を卒業するなんて、なんだかまだ信じられません。笑 
大学に入学したことなんて、まるでついさっきのことのようです。まだ1時間前の話でしょ?え、なにもう4年経つの?って感じです。
というのはちょと盛りました。調子乗ってすみません。でも本当にあっという間の4年間でした。





さてさて、今回最後のブログ、正直何を書くか悩みました。うーん、なんだろ?
そうだ、最後なんだし、何か楽しい企画をやろう!
後輩たちが、
「もうッ!宮本ゼミって最高なんだからっっ!!///」
って思うような企画をやろう!!



というわけで、この度
「宮本ゼミ思い出ランキング」
をやることにしました☆ではでは、思い出ランキングの始まり〜!




★☆超主観的!!宮本ゼミ思い出ランキング☆★

リア充ゼミと名高い宮本ゼミ、、、数あるメモリーの中で1位を獲得したのは!?


第3位!どん!!
「楽しそうなゼミ長かずお」

10660307_702560096499653_4389162095018345658_n.jpg

楽しそう。


12000946_904296622992665_178551314318650136_o (1)

楽しそう。




第2位!どん!!
「たまにちょっとふざけてしまうゼミ生たち」

12034301_904305392991788_2410542706227585588_o.jpg

右の二人、完全にふざけてますね。



卒論合宿o(^_^)o_9722

あーこれもだ。
ふざけてることがこのブレから伝わってきますね。




さて、1位の発表に入る前に、ここで番外編だよ☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◆番外編①「ノスタルジー&ファンタジー展」(2014年8月26日)

ん、なんだこの写真…?



10626477_702557463166583_3862871396348559672_n.jpg



……………






◆番外編②「私のマーガレット展」(2014年10月8日)

ん、なんだこのプリクラ…?



10712838_725188740903455_4427936325781073389_n.jpg



……………





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さぁて、気を取り直して第1位の発表だ☆


第1位!!どどん!!!
「明大祭」

いや、これは真面目に、本当に楽しかったです。自分はなんだか2年連続で責任者をやらせてもらって、大変だったことも多かったのですがそんなことも吹き飛ぶような楽しさでした。卒業したらもう明大祭を自分たちでやることもないんだな、と思うと本当に寂しいですね…。

10689789_734935923262070_5548056022638093482_n.jpg

懐かしい!こちらは一昨年の明大祭。「カフェ立ちぬ」というカフェをやりました。


12243163_926076454148015_2207615602946625956_n.jpg

こちらは昨年の明大祭より、完成度の高いコスプレby華と輝。これはかっこよすぎ。


12227112_926076794147981_328877590793841323_n.jpg

こちらも昨年。2日目の最後の方は謎の自撮りタイムがありました。笑






さて、そんな宮本ゼミでは、本当に様々なことを学びました。
その中で、特に強く学んだことが二つ。


■「世の中には多様な価値観や考え、趣味・嗜好があり、だからこそ世界は面白いということ」

ゼミに入って、色んな人に出会いました。みんな一人一人が、とても個性的で、色々な趣味を持っていて、年齢も違ったり。
また様々な展覧会や博物館に行くことや、授業の中であらゆる文献に触れることで、今まで自分が出会ったことのない新たな芸術・文化・思想を知ることができました。自分が見たことのない世界を見ることは、素直にすごく面白かったです。

世の中には、本当に多種多様な価値観や考え、人の趣味・嗜好が存在する。でも、だからこそ世界は面白いし、それをイメージだけで否定するようなことはつまらない。これは、僕がゼミに入って得ることができた大きな学びの一つです。



■「考える」努力をする大切さ

自分はもともと、何か物事を「考える」ことが苦手でした。
何かわからないことがあっても、「まぁ別にいっか」で済ましてしまう方で、考えることから避けてばかり。しかし先生は「よくわからないものをわかんねー、で放棄しないこと。理解しようという意志を持つこと。」とおっしゃっていて、その言葉が自分の痛いところをつかれたような気がした僕は「考える」努力をするようになりました。

宮本ゼミでは「考える」という困難に幾度となくぶつかり、何回も苦しみました。でもそれを繰り返していくうちに、自分が知らないこと、よくわからないことに対しても「考えられる」ようになってきました。それは、ゼミの授業を通して「考える」ことの楽しさを知ることができたからです。
これは、このゼミの授業を通して自分自身の成長できた部分だと思っています。


どちらの学びも、宮本ゼミに入ったからこそ得ることができた大きなものです。
宮本先生、本当にありがとうございました。





最後に。


僕の大学生活は、宮本ゼミに入っていなかったらもっとつまらないものになっていたと思います。
本当に、宮本ゼミに入って良かった。

5期生のみんな、そして宮本先生、改めて本当にありがとうございました。
宮本ゼミの、暖かくて柔らかい雰囲気が、僕は大好きでした。





さようなら、元気でね、またどこかで。








次回は、最近漫画の表紙と1話だけで誰が当て馬男子になるか分かるようになってきたという、いわやんこと岩谷さんです!
スポンサーサイト



部活、バイト、ゼミ


こんにちは!
卒業が決まりホッとしたのもつかの間、苦手なパソコンと向き合い、卒論集編集作業に取り掛かっている井上です。


私の大学生活といえば、部活、部活、部活、バイト、ゼミとまあまあ小忙しい日々を過ごしていました。
一年生の春、本気で日本一を目指しているキラキラした先輩に憧れて二つ返事でラクロス部に入部。週5日朝から昼まで練習し、3限になる頃急いで学校に行き、ジャージ姿で授業を受けてました(笑)自由な大学生を見て羨ましくてくじけそうになったこともありました。辛くて辛くて、何度逃げ出したくなったかわかりません。


そんな私はアルバイトにも明け暮れ、接客業の面白さ、色んな仕事を任される責任感、成長する楽しさを知りました。毎日終電で帰ってもへっちゃらでした。



そして3年になり、ゼミを決めなければなりませんでした。なんだかんだ忙しいし、これ以上自分を追い込めない、と楽な方に逃げる選択肢も自分の中にはありました。

でも部活とバイトだけ頑張る自分にはなりたくなくて、できることは全部極めて全部頑張りたいって思いシラバスをめくった瞬間、大好きな少女漫画、大好きなアニメ、大好きな音楽を研究できるのは宮本ゼミしかない!って直感で思ったのでした。



入ってみると、それはそれは自分の甘さに絶望しました。グループワークではゼミ生に圧倒され、色んな気づきを与えられました。知識面はもちろんのこと、勉強するための姿勢だったり、人生についての考え方まで学べたような気がしています。

それから、なんといっても漫画やアニメを好きな人が多くて、それだけではなくて、漫画やアニメに相当詳しい人がたくさんいて、そんなところでもゼミ生に圧倒されつつ、新しい知識を得る楽しさもありました。

普段趣味が合う人が少なかった私にとって、宮本ゼミは自分を受け入れてくれた気がしてすごく嬉しかったです(笑)




忙しいって言い訳はしたくなくて…それでも疲れと眠さに押しつぶされて、勉強が手につかなくなりそうな時もありました。それでも周りで頑張っている頼もしいゼミの仲間をみると、私もこのままではいられない、もっと頑張りたいと、いつも刺激を受けていました。



部活があって、スポーツ大会、文化祭の手伝いにほとんど参加できなかったのがとにかく心残りです。卒論も最後の最後まで全然書けていなくて、先生にも心配かけてしまったと思っています。

でもこんな私でも頑張る機会を与えていただけて、本当に感謝しています。ゼミ生のみんなにもたくさん迷惑かけてしまいました。それでもみんな優しくフォローしてくれたり、困った時は助けてくれたり、本当に素敵な仲間を持ったなと思っています。ありがとうございました。



私は社会人になるのがすごく楽しみです。それは学ぶっていう楽しさをゼミで知ったからでもあります。この先もゼミで学んだ力をどんどん発揮させていきたいなと思ってます!




次は吉祥寺の代名詞、けんたろうです!