FC2ブログ

趣味に没頭

こんばんは。中山です。みんなも書いていますが最後のエントリになってしまいました。
みんな毎回面白いエントリなので、面白いことを書けない私はちょっとでも面白くしようと頑張っていましたが、
そんなことも今日で最後です。



さて、卒業にあたって振り返っていこうと思います。
まず、卒業できることが確定して良かったです。2,3年の頃サボりすぎて単位がやばかったので、
春休み中成績が足りているかどうか、とても不安でしたが無事卒業できます。
ほんとよかった…。


4年間見ると、授業・ゼミ・バイト・趣味・趣味・趣味!!!!


という感じでした。趣味を3回書きましたが2年生になってバイトをし始め、
自分のお金を稼ぐようになってから、初めてライブに行きました。
(ライブには高校から行きたいと思っていました。)
一度行くとあの光景、興奮、一体感が忘れられなくて、ライブ参戦が趣味になっていました。
3年生になったら週に一回はライブに行っている生活です。
なので、お金が毎回すっからかんです。バイトも結構入ってたんですが全て消えました…。
おかげで最後の春休みなのにお金がなくて海外にも行けてません。
社会人になるとなかなか海外に行くことも難しくなるのでお金をためておくべきだったとちょっと後悔しています。


そんな趣味に没頭してた私ですが、大学ではゼミが中心でした。
2年生の時プレゼミで森川ゼミに入っていました。プレゼミは私含め4人しかおらず、
少ないなと思いながらも、研究がどういったものなのか、また他3人の研究発表を毎回聞けて楽しかったです。
私はグループでやるよりも個人で黙々と進めていくことの方が好きなので
毎回発表するのは緊張しましたがいい経験ができたなと思っています。
そして本格的なゼミが3年から始まるのでこのまま森川ゼミにいるか、
それともサブカルチャーということで宮本ゼミに入るか、迷いました。
最初から音楽関係の卒論をやりたいと思っていてどちらもそれはやらせてくれるので、
卒論ではなく普段の授業がどういったものかを見て決めました。
宮本ゼミは個人発表ももちろんありますが、グループワークも多いことが森川ゼミと違うところだと思います。
グループワークが苦手な自分ですが社会人になったら必要になってくるだろうと思い、宮本ゼミを選びました。


いざ、入ってみてまず人数の多さにびっくりしました。
19人もいてこれが普通なのかもしれませんが、4人のプレゼミから始まった私からしてみたら多っ!!と思いました。
ですが、友達もたくさん増え、合宿や旅行やゼミの後の飲み会などとても楽しくみんなと過ごせました。
ただ私は就活が去年の12月に終わったのでなかなか文化祭やスポーツ大会に出れず申し訳なかったです。
また卒論もなかなか手が付けられない時間が多くなってしまったので早く就活は終わらせるべきだ思いました。
ですがこればっかりは、運といいますか、、、どうしようもないですけどね。
卒論は2万字書くことはできましたが、私としてはもう少し調査したかったなと思っています。


あとは、最近のことですが展覧会に行くことにハマっていて、実は(実はというのもおかしいかもしれませんが)
群馬で行われている『描く!』マンガ展やピクサー展に行ってきました。
先生が毎回企画してくれているのですが、もうすでに行ってしまっているか、
友達と行く予定を立ててしまっていてゼミ生となかなか行けてません。
社会人になったら卒業生としてゼミ生と行きたいなと思っています。その時はよろしくお願いします。


つらつら書いていきましたが最後に正直1,2年の時は何で学校行ってるんだろう、
第一志望の明治大学に入ったにもかかわらず、大学ならどこでも良かったんじゃないかな、
と思っていた時期もありましたが、今は宮本ゼミに入って研究の楽しさを学び、
沢山の友達ができ明治大学でよかったと思っています。


2年生の時にお世話になった森川先生、
そして3,4年で色々な経験をして楽しく大学生活を送れたのは
宮本先生、5期生の皆さんのおかげです。ありがとうございました。

以上中山でした。

次は名前も顔も服装もかわいい、石垣さんの担当です。お楽しみに!!
スポンサーサイト



キラキラ

こんにちは。大神田です。
毎回読むのも書くのも楽しみにしていたゼミブログも早いものでついに最後の投稿となります。
ここまでみんなの記事を読んでいても「そんなことあったなあ」とか
「みんな最初はそういうふうに思ってたんだ…笑」とかいろいろ考えさせられますね!

みんなの大学生活の振り返りを見て、
思えば私はもしかしたら明治大学に入れなかったかもしれなかったんだなあということを思い出しました。

忘れもしない、合格発表の日。
その日は他大学の試験がありながら一番行きたかった国際日本学部の発表があることが頭の片隅どころか80%くらいを占めてしまって、
まっっったく試験どころではなかったのです。
急いで帰って結果を確認したら、不合格。
悔しくて悔しくて2日間は泣き通したのをよく覚えています。

それから半月ほど経って、補欠合格者の発表日。
(補欠合格が出ることは知っていたけど、もうほぼ諦めムードで第二志望に行くつもりでいたのですっかり忘れていました…笑)
部活中に父から電話が来て、「なんだろう、お父さんから電話なんてただごとじゃないな…」と思い、電話を取ると。
「補欠合格者に入ってたぞ!」
とのこと。
電話口でボロボロに泣いてたので友達に不審がられたなあ〜〜……笑

ということを思い出して、もし、明治には入れてなかったら。
宮本先生に、ゼミのみんなに出会えてなかったら。
どんな大学生活を過ごしていたんだろうか?
……とか、ifな妄想を膨らませてしまいそうになりますが、うーん、やっぱり想像つかない…!!!

私はかれこれ2年生のプレゼミの時から宮本先生にお世話になっており、
「ゼミってこんなに楽しいんだ……好きなことやっていいんだ!」
と感動し、3年からも宮本先生についていこう!と決意しましたが、
噂に聞いていたので覚悟はできていたものの、「論文!」「プレゼン!」となるとやはりプレゼミまでのものと比べると重さが何倍もありました。

それでもなんとか2年間めげずにやり遂げ、卒論もなんとか編集の段階に入ることができたのは、やはり5期生のみんなのおかげだと思います。
もともと、クラスや団体でワイワイ行動する、ということがあまり得意でない根暗なタイプで、
ぶっちゃけニッチな方向のオタクなのでなかなかキラキラした女子♡♡みたいな話題になかなか乗れない人間(!)なのにもかかわらず、
そんな私のダメな部分も受け入れてくれて、素の自分でいさせてくれる5期生のメンバーは、
本当に貴重なかけがえのないものだなあと、卒業を目前にしてしみじみとしています。

特に思い入れがあるのは去年のゼミ合宿。
周りの友人が続々と内定をゲットしているのをよそに、
思ったよりも就活が長引いてしまい、とても気が重いまま秩父に向かい、合宿中もなんとなく集中できないまま過ごしていたのを察してか、
ゼミのみんなが「最近、どう?」と気にかけてくれてたくさんアドバイスしてくれたのをよく覚えています。
お酒も入ってべろべろでまともにお礼も言えなかったなあ!とずっと後悔していたのでこの場をお借りしてお礼を言わせてください。ありがとう……!

そして、なによりもみんなの好きなモノについて語る姿って本当にキラキラしているなあ!と普段の会話だけでなく、卒論や、卒論の発表会のときにも強く感じさせられました。
みんながみんな、何かのオタク。
私が知らないことを楽しそうに話すみんなの姿はとてもまぶしい。

みんなのそんな姿を見続けて、2年間。
先生の指導やみんなから刺激を受けて、私自身も少しでも成長できているといいなあ、という願望。笑

あまり気の利いたことが言えなくてごめんなさい。
それでも、本当に楽しい大学生活を遅れたのはこの宮本ゼミのおかげです。
宮本先生、そして5期生のみなさん、本当にありがとうございました……!!!

以上、大神田でした。

次は宮本ゼミ三大なつみの一人、中山なっちゃんの最後のエントリーです。
乞うご期待!