FC2ブログ

愛しいアイツに逢いに行く

ウチワヤンマに逢いに行く。



こんにちは、高橋です。
残すところあと2回となりました「○○やってみた」シリーズ。
僕は、ウチワヤンマに逢いに行くことにしました。

突然ですが、僕はトンボがめちゃくちゃ好きなんです。
小学生時代の夏は、地元山形で昆虫採集に明け暮れていました。

そこでふと、「都内でトンボって捕れるのか?」と思ったわけです。
僕は現在杉並区に住んでいるのですが、検索したら「杉並区役所環境マップ」なるものを見つけました。
そこで知った驚愕の事実。

「…ウチワヤンマ、いるっ!!」





……あれ?ウチワヤンマ知らないんですか?

仕方ありませんね、説明しよう。
ウチワヤンマは日本最高のトンボです(意見には個人差があります)。
腹部の先に丸いヒレ状のものが付いていることが特徴で、それが団扇に似ているためこの名前がつきました。胸部の筋肉が他のトンボよりもよく発達していて、空中で一時停止とか身体の向きを変えずに真上に飛ぶことが出来ます。今風に言えばドローンみたいな動きです。飛行テクニックがあるので、オニヤンマの10倍は捕まえるのに苦労します。「ヤンマ」という名前がついていますが、実は「ヤンマ科」ではなく、「サナエトンボ科」に属しています。従って、同じ「ヤンマ」でも、オニヤンマよりもコオニヤンマの親戚になります。サナエトンボというのは………(以下略)



まあとにかく、そんな凄いウチワヤンマに逢うために善福寺公園に行ってきました。

7月14日(火)。
この日は猛暑日で、今年1番暑いとも言われていたような日でした。
西友で虫網を買い(約500円)、それを携えてバスに乗車。
涼しい顔をしていましたが、正直恥ずかしかったです。

池の周りには、絵を描いている年配の方々やランニングしている人が多くいました。
しかし、案の定昆虫採集している人は誰もいません。でも、人目は気にしないで頑張りますよ!
レッツ虫捕り
IMG_3982.jpg







先ず捕まえたのは、シオカラトンボです。基本中の基本ですね。
IMG_3976.jpg
※ホントはトンボの翅を掴むのは良くないのですが、今回は写真取るためです、ゴメンよ
眼の色が綺麗ですね。



続いて、コシアキトンボです。黄色いほうが
IMG_3980.jpg

IMG_3983.jpg
この日はコイツが最も多く飛んでいました。大型のトンボではないものの、激しく縄張り争いをする珍しい奴です。




そして赤トンボ。多分アキアカネかな……?
IMG_3988.jpg
羽化したてなのかまだ色が薄いです。赤トンボの判別は実はかなり難しいんです。



ここまでなかなか良いペースでトンボを捕まえられました。
さて、お目当てのウチワヤンマは……

















見当たりませんでした。


結構ショックです。ネットで調べたところ、これくらいの時期にいてもおかしくはないのですが………








「……でもまぁこんなもんで、ゼミブログはいいかな(笑)。」









その日はこんなふうに思ったりもしていました。
しかし、数日経つにつれ悔しさが募ってきました。

「やっぱり何かボス級のやつ(○○ヤンマとか)を捕まえないと、ゼミブログが締まらない!」

思い立ったが吉日、今度は浜田山駅南の柏の宮公園へ行ってきました。
この日は、土曜日だったので子供連れの家族グループがBBQをしていました。
園内には、はしゃぎながら楽しそうに虫捕りをしている少年たち。
その背後で、ひとり虫網を持つ青年(22)。
これはこれで恥ずかしい。


池の方に向かうとさっそく大きめのトンボが!
(ここで脳内でミュウツーの戦闘シーンのBGMが流れる。)
これは、「ギンヤンマだ!!」
レア度はそれほど高くありませんが、オニヤンマよりは捕まえる難易度が高いです。

ヤンマ系のトンボは殆ど留まらないので、空中で捕まえる必要があります。
基本的に水辺の縄張りを巡回しているので、先ずは飛んでいるルートを見極めます。
すると、大体1分間に1回くらいの周期で同じ所を飛んで来ることがわかりました。
後は1番接近できそうな場所を探し、じっと網を構えて根気よく待つだけです。


たったこれだけですが、今回は何かと手こずり、見つけてから捕まえるまでに15分近くかかってしまいました。



じゃん。クロスジギンヤンマですね。
IMG_4030.jpg
IMG_4034.jpg
美しい。エメラルド色の眼、胴体の水色のコントラスト。

それにしても、トンボってホントにいい(神様の)キャラデザですよね。








というわけで、なんとか見栄えよくゼミブログを終えられそうで一安心です。
都内にもトンボはちゃんといることが分かって驚きました。
夏休みに暇があればまたウチワヤンマを探しに行きたいと思います。

あ、もちろん捕まえたトンボは写真を撮ったらすぐに逃がしてあげました。



ラストは長村さんです。
実はこういう企画が得意そうな気がします。
それじゃ、よろしく~!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント