FC2ブログ

そろそろ「遠く」へ行きたい!

卒論日記2周目、本日の担当は石塚です!

1周目に引き続き、「女子旅の定番はどのように変化してきたのか?」というテーマで研究を進めています。
研究の概要はこちらの記事を参照してください~。

卒論発表会が3日後に迫る中、現在も調査データを見ながら傾向を分析したり、仮説と論証が一貫するように頭を悩ませています、、!

『an・an』と『non・no』の調査に関しては、雑誌内の旅行に関する特集記事や連載記事をメインに以下の項目を調査してきました。
・タイトル
・記事の種類(巻頭ファッションページ,読者による投稿,観光地の提案か否かetc..)
・取り上げられている旅先
・記事の文体
・写真の特徴
・誰との旅を想定しているか
・期間  etc...

調査の結果、年代ごとに女子旅を提案するテーマの傾向が変化していること、そしてそれらは大きく3つの時代に分かれていることが分かってきました。すごく簡単に説明すると、70~80年代前半は、「旅に行くこと自体が目的」とされることが多く、80年代後半~90年代にかけては「目的のある、個性的な旅」を提案するようになり、2000年代以降は「週末など短期間で、自分へのご褒美のための旅」が旅の主流になっていると考えられます。しかし、この辺りは調査結果とにらめっこしながらまだまだ考察が必要です、、!!


さらに、前回はまだ手を付けられていなかった女子旅ウェブサイトの調査も現在進めています。
鉄道会社や旅行会社、出版社が運営する17サイトを調査しており、雑誌調査の項目に加え、以下の項目も調査しています。

・サイトのコンセプト
・ターゲット層
・コンテンツ内容

2000年代以降は鉄道会社や旅行会社などもWEBでの宣伝活動を積極的に行うようになり、女子旅サイトはファッション誌のようにお洒落なレイアウトのサイトが多く眺めているだけで楽しいサイトばかりでした。さらに、サイトごとに明確なターゲットを明示しているものが多く、中でも「働く」女性をターゲットにしているサイトがほとんどということが分かりました。

サイトの作りに関しては、どのサイトも「旅の目的から選ぶ」や「誰と行くかで選ぶ」など、多数の旅行商品や記事から閲覧者にベストなものを簡単に選ぶことができる仕組みになっており、現在はその選択肢や商品・記事の傾向をまとめている段階です!


まだまだやることがたくさんありますが、発表会に向けて全力で準備したいと思います!!

次の担当は李くんです^^
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント