FC2ブログ

真っ当な大学生をめざして

こんにちは!
今、スノボ旅行の帰りのバスの中でこの記事を書いています、小知和です。
春休み前に詰めに詰め込んだ予定がひとつひとつ消化されていくたびに、もうすぐ学生生活も終わるんだなぁという実感がひしひしと湧いてきます。
さみしいです!!!!


そしてついにまわってきてしまった「卒業にあたって」。


2年生の頃の私は、とにかくサークル中心で、部室に入り浸っては学部の授業をさぼるような、典型的なダメ文系大学生でした。
このままサークルだけで大学生活を終えでいいのか…と思った挙句、どうせやるならガチゼミで、心を入れ替えて真っ当な大学生になろう!と思い、4期生として宮本ゼミに入室しました。

そして、ゼミが始まって半年後、3年の10月頃に休学留学を決めました。

休学留学について研究室に報告しにいったとき、今までにゼミに在籍中に休学した人がいるかどうかを尋ねたところ、今のところ前例はないです、という先生の言葉に少し不安になりました。

一個下の代に混じって、合わなかったらどうしよう。
私の頭の中には、帰ってきたときにゼミをやめるという選択肢もありました。

そんな不安を抱えつつ、1年後に参加した5期生のゼミ。
結果的に、私は、ゼミをやめるどころか、この1年間1度も休まずゼミに参加しました。


同じ4期生だった李くんを含めて、私以外に休学の経験があるゼミ生が3人もいたのは安心でした。
これは国日ならではの多さなのかな〜と思います!

それから、もともと同じサークルの後輩だった高橋くんがいたことは嬉しくもあり恥ずかしくもあり…でしたが、他のゼミ生と仲良くなるきっかけをたくさん作ってくれて(本人が意図していたかどうかはわからないけど!)、とても助かりました。


なによりも5期生のみんながやさしくて、自然と受け入れてくれたことが大きかったです。

2時間弱もかけて学校まで来るのがめんどくさいときもあったけど、
5期生のみんなに会うのが毎週楽しみでした。
ゼミが始まる前に501の教室でくだらない話をする時間がとても好きでした。

でも、ゼミが始まったら真剣で、
帰るのはいつも9時10時が当たり前で、
就活やら何やらで忙しくても予定を合わせて集まってグループワークをして、
卒論がつらい、やりたくないと口では言いつつもがんばっていて…

普段は自分にゲロ甘な私も、そんなみんなの姿を見てたからがんばれました。
ほんとーーーにありがとう!!

休学中に、3年生のとき以上に仲良くなる4期生を見ては羨ましいなぁと思っていたけど、私は5期生として宮本ゼミに参加できてよかったと思ってます!


そして、私たちが大変だと思っていた分、もっともっともっと忙しくて大変だったはずの宮本先生。
何から何まで面倒をみて下さって、本当にありがとうございました。
今年は展覧会の企画にあまり参加できなかったことが心残りなので、来年度以降、卒業生として参加のチャンスを狙っています…!


そんなこんなで、
真っ当な大学生になれたかどうかはともかく、
2年生の時の選択も、3年生の時の選択も、間違ってなかったと胸を張って言えます。
宮本ゼミにしてよかった!


最後だから思い切って書いたけど、
しめっぽくなってしまってとても恥ずかしいので、
いつも楽しみにしていたスポーツ大会の写真で締めたいと思います。



楽しかったな〜。

ここで、いつもガーリーな服装がかわいい!きゃおりんに最後のバトンタッチです。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント