FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただしシャーベット、テメーはダメだ

こんにちわ!
今回担当の小山です。

先日行われた衆議院選挙で人生初の投票をし、成人を(ようやく)リアルに実感しました。と同時に、どの政党にいれるべきか調べる過程で多方面での勉強不足を強く感じたのも事実です・・。うーむ、人生日々勉強なり、と。




さて、「食べ比べチャレンジ」というお題ですが、これを聞いて前々から試してみたかったことがありましてですね・・。題して、「あの夏あんなに美味しかったアイスは、真冬の空の下、半袖一枚で食べても変わらず美味しいのか」というテーマです。




、といえばもちろんアイスが一番美味しい季節ですが、「本当に美味しいものは気温なんか関係なく美味しいだろ」っていう乱暴な仮説の元、真冬の空の下、夏と変わらぬ格好でアイスを食べ、夏に食べたアイスの味と比べるという形でお送りしていきます。





今回の食べ比べでは、王道中の王道、一夏に一回は絶対食べたことのある「ガリガリ君 ソーダ味」と「ハーゲンダッツ バニラ味」を食します。このシャーベット系アイスと、いわゆるアイスクリームでの違いも同時に比べてみようと思います。

IMG_4160.jpg

IMG_4161.jpg




まず、「やるからにはストイックに!」ということで下準備。(撮影協力:バイト先のT君)



ほい
IMG_4133.jpg

ほい
IMG_4134.jpg

ほい
IMG_4135.jpg


はい、真夏と同じ服装になりました。
これで夏と異なる条件は気温だけに!!しっかり比べられますね〜。
ちなみにこの日の気温は8度、体感温度は4度でした。





では早速、まず一口、、、、、

IMG_4138.jpg


シャリッッッツツツ!!!!!という食感とともに全身に寒気が走ります。



なんのこれしき、一気に半分まで食べます。
ここらへんで味を感じなくなりました。



最後の一口を食べ終えるころには、身体の芯まで冷えきっていて、ランナーズハイ的な感じで逆に周りが暖かく感じました。
あれですね、真冬、お風呂から上がる直前に冷水を浴びると浴室から出た後もポカポカが続くやつと同じです。たぶん。







最後まで食べきった感想としては、
・シャーベット特有の、食べ続けると舌が麻痺して途中から味を感じなくなる現象は健在。夏より気持ち早かったような気も。
・寒さでそれどころじゃない。
・シャリシャリとした食感は夏は心地よい涼をくれたが、真冬だと悪寒を感じるほど極悪。
・爽やかなソーダの味が美味しいのは一口、二口目あたり。あとは麻痺してただの氷の塊。これは夏とあまり変わらず。






なんというか、極寒の地シベリアで寒中水泳しているかのような気分でした。







お次はハーゲンダッツ。
先ほどのガリガリ君は、涼を全面に感じさせるパッケージ故、真冬に見るにはつらいものがありましたが、さすがはハーゲンダッツ。この体感温度4度の中、半袖一枚で手にしてもそのパッケージからは全く嫌味を感じないというか、押し付けられた涼しさがありません。




早速食べます。

IMG_4155.jpg



うむ。美味い。普通に美味いぞ。



こういった乳固形分・乳脂肪分の多いアイスクリームは、シャーベットやかき氷等の氷菓と比べて冷たさの刺激も少なく、口の中ですぐ溶けて人肌くらいの暖かさになるので寒空の下でも美味しく食べられました。
これは意外でしたね。おそらくキンキンに冷えた清涼飲料水飲んだ方が身体冷えるんじゃないかと思います。




思い返すと、夏に食べたハーゲンダッツは溶けるのが早く、最後の方は溶けた液体を飲み干すほどでした。対して、冬に食べるハーゲンダッツは最後まで溶けないまま食べられます。正直、冬にアイスを食べる利点は、溶けない。ここに尽きますね。









さてさて、ガリガリ君、ハーゲンダッツ双方食べてみた結果ですが、
ガリガリ君はシャーベットの食感と氷の冷たさが寒さに拍車をかけ、寒すぎて美味しさを味わうどころではなかった。夏はあんなに美味しかったのに・・・。
対してハーゲンダッツは夏と変わらず美味しく食べられた。むしろ冬だと溶けなくてよい。

といった感じです。

アイスクリームは変わらず美味しかったですね!ただしシャーベットテメーはダメだ




今度はちゃんとこたつでヌクヌクしながら美味しく食べたいと思います!
次回は菅野さんです!よろしく!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。