FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常

こんにちは高橋です。
卒論計画が思うように進まず、正直ゼミブログどころではありません(笑)。


さて、『食べ比べチャレンジ』シリーズ最後の食べ比べは、皆さんの期待に応えまして(?)「ラーメン」にします!

ここで少し僕の話をしますと、平均して週2~3回は“外で”ラーメンを食べています。つまり、ラーメンを食べ比べるのは生活の一部です。日常です。

ところで、みなさんにとって「ラーメン」とはどんなイメージでしょうか?
例えば
IMG_3113.jpg

ナルト、メンマ、チャーシュー、のり、玉子、ネギ…….
このようなラーメンを思い浮かべた方が多いかもしれません。
(因みにこれは大至@御茶ノ水のラーメンで、駅から駿河台キャンパスとは逆方向にありますが、行かなければ人生損するくらい美味しいラーメンです)


しかし、最近は驚くような食材を使って、もはやラーメンというジャンルを超越しているようなものが増えつつあります。
そこで今回は味、見た目ともに新鮮な、いわゆる「創作ラーメン」を食べ比べてみようと思います!せっかくなので、中央線沿線メインで攻めます!



☆1軒目「パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン」@西荻窪

店の名前からして、「えっ」となった方が多いことでしょう。名前負けしないこんなラーメンです。
IMG_1419.jpg
パイナップル塩ラーメン

見ての通り、パイナップルがあろうことか麺の上に乗っています。おそるおそるスープを一口飲んでみると、
「……甘塩っぱいっ!……あれ?でも出汁の味もするぞ……」
なんとも不思議な感覚です。

ラーメンを作っている様子を見れば分かるのですが、器に出汁を入れる際に、一緒にパイナップルジュースを合わせていました。個性的でありながらもラーメンというベクトルを失っていないという絶妙なバランス感覚です。

結果、想像していたよりも普通に食べやすい一杯でした。「酢豚に入っているパイナップルとどちらがパイナップル的には幸せか」と問われれば、こちらのラーメンでしょう。





☆2軒目「Bia Bia @東高円寺」

地図的には東高円寺ですが、中野駅から15分ちょっと歩けば着きます。
ここはイラン人の方が店主という珍しいお店です。入口横には製麺機があって自家製麺を楽しめます。

ここで注文したのが
IMG_2920.jpg
Bia Bia スペシャルラーメン

複雑なスープの色をしていますが、スープを一口飲んでみると、
「鶏だ……このスープ濁りは鶏白湯か……!」
見た目ほどにはこってりしていませんが、コクのあるスープです。
麺は(アップの写真なくてごめんなさい)通常の麺より少し茶色がかっています。なんと小麦とライ麦をブレンドした自家製麺だそうです。歯ごたえがあって、固麺が好みの僕にとってはドストライクでした。チャーシューは鶏肉で、エスニックな香辛料で味付けされてあり、食欲をそそります。

そしてこの赤いつぶつぶは豆ではなくて、ベリーの実です。噛むとほのかな酸味が感じられ、最後まで口飽きせずに食べられる一杯でした。

何より店主の愛想が非常によくて、居心地がよかったです。絶対にまた行きます。


・・・中央線沿線の個性派と言えば、大久保の「五ノ神製作所」の海老ラーメンや、四谷から頑張れば歩ける「ソラノイロ」のべジソバなどが思い浮かびますが、最近行っていないので今回はパスします。今度はみんな大好き秋葉原周辺を見ていきましょう。





☆3軒目「むぎとオリーブ マーチエキュート神田万世橋店@秋葉原」

春学期にゼミのグループのフィールドワークでお世話になった高架下に最近出来たお店です。本店は銀座にあります。

注文したのがこちらです。
IMG_2989.jpg
特製蛤SOBA


特製を頼んだら、トッピングが多くて別皿で出されました(笑) 。赤身なのはローストビーフです。
ラーメンの方に目を移すと、結ばれたナルトズッキーニ三ツ葉、そして大量のが目につきます。お洒落ですね。一口食べると、
「……おお蛤……んんんん?鶏?」
どうやら、蛤だけではなく鶏油も入っているようで、少し鶏が主張しすぎているような印象を受けました。それでも具材はどれも美味しく、麺とスープの相性はよかったです。

卓上にはエシャロットオイルがおいてあり「Moco’sキッチン」を思い出しました(笑)。今後のさらなる進化に期待です。






☆4軒目「紫 くろ喜 @秋葉原」

この店でまず注意しなければならないことは、金曜日しか営業していないということです。というのも金曜以外は、「饗 くろ喜」として塩ラーメン中心に営業しているのですが、金曜のみ中心メニューに切り替えて営業しています。
(因みに饗 くろ喜の塩ラーメンは、ラーメンチキュウ@南阿佐ヶ谷、大喜@湯島天神と共に自分の中で三大塩ラーメンに数えられるほどの美味しさです)

こちらがその金曜限定の鴨そばです。
IMG_1432.jpg
非常に美しい見た目でうっとりしてしまいます。スープを一口飲むと、
「鴨……うわああああああ美味いぃぃ」
旨味というものがまさに全て凝縮されています。本当に美味しい。

鴨というと普通は蕎麦を思い浮かべるかもしれませんが、蕎麦屋によくある「鴨蕎麦」よりもさらにとことん鴨そのものの旨味を追求した感じがします。

トッピングの鴨肉も然ることながら、個人的に嬉しかったのが春菊です!
僕は、すき焼きと言えば、「肉と春菊」というほどの春菊大好き人間なので最高でした。

金曜しか営業していないことが、多少ネックですが都合があえば是非行ってみてください。






長くなりましたが、これにて『食べ比べチャレンジ』シリーズ終了です。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

今年の春休みはいよいよ忙しいはずですが、美味しいラーメンを食べて乗り切りたいです!


しばらくブログはお休みになりますが、
また、4月からよろしくお願いします!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。