FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノイズ」にまみれた4年間

スカイツリー開業
ロンドン五輪
前田敦子 AKB48卒業
エヴァQ公開
半沢直樹
あまちゃん
明治大学中野キャンパス開設
いいとも終了
Playstation4、Xbox One、WiiU発売
STAP細胞
アナ雪
消費税8%
マイナンバー制度実施

どうも小山です!これら全部、ここ4年間に起こった出来事、流行ったものと考えると、4年間って結構な期間であるなと改めて実感します。

そんな4年間を思い返して、「大学生」としての4年間は、中学や高校といった学生時代と何が決定的に違ったかを考えてみようと思います。


◎「ノイズ」に出会う

高校時代は、良くも悪くも所属するコミュニティーや、自分を取り巻く環境が固定化されていたなと思います。基本的には同じような集団と、同じような行動範囲内で、同じようなことをして過ごしていました。

するとどうなるか。知識や経験、人などとの新しい出会いの機会が少なくなります。

大学生になってからはそんな「変わらない日々」が退屈で嫌でした。

「ぼくたちが考えること、思いつくこと、欲望することは、たいてい環境から予測可能なことでしかない。」(東浩紀『弱いつながり―検索ワードを探す旅―』2014年, 幻冬舎)

この言葉で言い表されるように、自分が能動的に選択する行動の範囲は、予想以上に少なく限定的です。

では、どうしたらいいか。「偶然」を意図的に作り出すことです。
具体的に言うと、今までのコミュニティ、環境、場所、生活を、新しいものへと変えることです。それによって、自分の予測範囲外、自分の敷いたレールとは全く違うところで出会うもの=東さんの言う「ノイズ」と巡り合う機会を作り出すことができます。幸いにも、適度にお金と時間と出会いがある大学生にはそれが容易でした。

大学生活は、そんな「ノイズ」との巡り合わせを楽しめた4年間だったと思います。こう言うと大げさに聞こえますが、自分個人レベルの体験で言えば本当に他愛のないことで、例えば、

・サークルで英語劇をやったこと
・大勢の前で集団コントをやったこと
・留学先でゲームが好きになったこと

これらは、自分がいくら能動的に動いても辿りつけなかったであろう経験で、これこそ環境の変化によって飛び込んできた「ノイズ」だと思います。


そして、宮本ゼミで過ごした2年間は、そんな「ノイズ」がとても多かったです。

・先生の研究室で何となく読んだ『弱虫ペダル』がめちゃくちゃ面白くて、その帰りに大人買いして一気読みしたこと。
・自分が能動的に行くことがないであろう様々な展示会に、ゼミ合宿や課外活動で行けたこと。
・ゼミメンバー個人個人の趣味趣向がとても多様で、自分の知らない「良いモノ」を知ることができたこと。

これらは宮本ゼミという新しい環境での「偶然」です。
そんな「偶然」が高校時代と比べて格段に多かった4年間だなと思います。



◎いろいろなことが繋がる


「一見関連しなさそうな知識や経験は、思いがけないところで役に立つ。」

このことは、高校生の間にも、親父や、進路相談の先生、一足早く大学生になった姉などから、言葉や表現は違えど幾度も耳にしてきました。
けれど、高校生の頃の自分は「文系の自分は数学なんてもうやらなくていいだろ!」とか、「セブンイレブンでバイトした経験なんてどこで役に立つんだ!」などと思うくらいで、基本的には聞き流していました。

しかし、大学生になってからは、大人が口々に言うその言葉の意図するところを、実際に感じる機会はとても多かったです。

例えば、サークル活動で英語劇をやったのですが、そのときの発声練習や演技の練習などが、趣味のバンド活動で「コーラスの技術が上がる」、「パフォーマンスや演出のレベルが上がる」といった形で恩恵をもたらしました。サークルに入った時点では、そんな可能性微塵も考えていませんよね。

また、大学の講義でも、「ああ、あの知識がこの分野でも有用なのか」などと感じることが多かったです。ゼミで読む文献も、幅広い分野の教養がないと読み解けないものであったりしました。先生の解説を聞くたび、自分の知識のなさや、「いろいろなことが繋がる」といったことを痛感した次第です。

宮本先生が、ゼミの授業で「授業で得た知識を、テストとかレポートが終わった瞬間忘れるんじゃダメ。」「そーやって得た知識に結びつけて、目の前の事象を考察する。」と仰っていたことを思い出します。(一言一句思い出せなくて申し訳ないですが、だいたいこのようなことを仰っていたはずです。)


「一見関連しなさそうな知識や経験は、思いがけないところで役に立つ。」

要は、このことを念頭に置いて、様々な物事にアンテナを張って、知識欲を持って生活すべし!といった精神論が大事なんじゃないかなと今となっては思います。実際に役に立つかどうかは二の次です。

*****************************************************


そんなこんなで、まだまだ書ききれない思い、思い出、ネタ、等々ありますが、これにて終わりにしたいと思います。

最後くらい、おフザけなしで真面目にブログ書いてみよう、ということでお送りした今回のエントリ。2〜3年後に見返してきっと恥ずかしくなりますが、こういった、「普段、漠然と思っていても改めて言語化しないようなこと。」を書き綴るには良い機会だったと思います。

次回は5期生きってのギャグ要員中村さんです!お楽しみに!

私が成長した場所

最近中野区民になりました、石垣です。
人生8度目の引っ越しをしました。バイトで稼いだお金もすっからかんで、旅行も行けそうにないです・・・。
今はもう落ち着いて、快適に過ごしてます。

高校卒業までアメリカにいた私は

「日本って面白そう」

のかる~い気持ちで、一人東京に来ました。引っ越してすぐの頃はよく泣いてました。(笑)
それでも感動することのほうが多かったです。

トイレ綺麗!ICカードすごい!コンビニ美味しい!でもSUBWAYはSUBWAYじゃなかった・・・!

気づけばアメリカの家を出て5年経っていました。

大学1年生のときは、サークル入ろうと思い、最初に選んだサークルはユニフォームがピンクハデでチャラくて可愛かった野球サークル。「新歓」にももちろん参加。コールが飛び交う席でゲームを真剣に覚えようとしていました。しかし、シリアスになりすぎて顔は真顔。とりあえず手を回りと合わせてたたいていたら、前の席に座っていたお兄さんに指差されながら「やる気ある?」と聞かれ、トイレ行くふりして即その場から逃げました(笑)サークルはいいからバイトでも探そうと思いました。

大学2年生には二十歳にもなり、「大人で学割とか最強」って思っていました。授業も楽しくなり友達もちょっとできました。宮本先生の「アニメーション文化論」を履修し、この授業をきっかけにゼミは宮本ゼミに入ろうと思いました。

3年生になり、ゼミが始まった当初は「こんなに長くて難しい授業ついていけるかな」と不安でした。正直、集中が切れてしまい授業の内容が頭に入ってこないことが多々ありました。こういう時はとりあえず周りをキョロキョロしてました。

夏になり、夏合宿にゼミで大阪に行ったことが一番濃かったと思ってます。自宅大好き、夏は冷房の利いた場所から出たくない人間な私にとって合宿は試練でした。ゼミ生何人かと利用した、初めての深夜バス。全く寝れませんでした。運動不足だったこともあって、初日はとにかくキツかったです。

こんなに歩くとは!!!

でもたこ焼きは美味しいし、みんなと話しながら過ごせたのは楽しかったです。この合宿のおかげでゼミ生との仲も深まりました!大学生活の中で夏にこんなに外で過ごしたことはこれが最初で最後でした。

また、ゼミに入って自分のプレゼンテーション能力の低さに気づきました。緊張で頭が真っ白になり言葉が出てこない・・・と、ずっと悩んでいました。3年の秋に、ゼミ対向プレゼン大会があったときは、正直これに挑戦して「プレゼン恐怖症」を克服しようという気持ちがありました。でも、他の子の足を引っぱるのだけは嫌だ・・・と諦めていました。しかし、ゼミ長のかずおがそんな私に声を掛けてくれました!!「迷うくらいなら一緒にやろう!」と言ってくれました。この瞬間、頭の中でGReeeeNのキセキが流れた気がし、ただけでした笑 でも、本当に声をかけられていなかったら私はいつまでたっても発表は下手なままだったと思います。だからこの場を借りてお礼をしたいと思います。かずおー!ありがとうー!

そして宮本先生!卒論で行き詰まり、黒〜いドヨドヨしたものを先生の研究室に運んですみませんでした!!でも研究室出るときはいつも浄化され、健康的な状態を取り戻していました。本当に、ありがとうございました。

最後になりましたが、ゼミで過ごした2年間は私にとって最高の思い出です!
ありがとうございました!!

次は小山くんです!!(彼はいまだに私の中でミステリーマンです。)

趣味に没頭

こんばんは。中山です。みんなも書いていますが最後のエントリになってしまいました。
みんな毎回面白いエントリなので、面白いことを書けない私はちょっとでも面白くしようと頑張っていましたが、
そんなことも今日で最後です。



さて、卒業にあたって振り返っていこうと思います。
まず、卒業できることが確定して良かったです。2,3年の頃サボりすぎて単位がやばかったので、
春休み中成績が足りているかどうか、とても不安でしたが無事卒業できます。
ほんとよかった…。


4年間見ると、授業・ゼミ・バイト・趣味・趣味・趣味!!!!


という感じでした。趣味を3回書きましたが2年生になってバイトをし始め、
自分のお金を稼ぐようになってから、初めてライブに行きました。
(ライブには高校から行きたいと思っていました。)
一度行くとあの光景、興奮、一体感が忘れられなくて、ライブ参戦が趣味になっていました。
3年生になったら週に一回はライブに行っている生活です。
なので、お金が毎回すっからかんです。バイトも結構入ってたんですが全て消えました…。
おかげで最後の春休みなのにお金がなくて海外にも行けてません。
社会人になるとなかなか海外に行くことも難しくなるのでお金をためておくべきだったとちょっと後悔しています。


そんな趣味に没頭してた私ですが、大学ではゼミが中心でした。
2年生の時プレゼミで森川ゼミに入っていました。プレゼミは私含め4人しかおらず、
少ないなと思いながらも、研究がどういったものなのか、また他3人の研究発表を毎回聞けて楽しかったです。
私はグループでやるよりも個人で黙々と進めていくことの方が好きなので
毎回発表するのは緊張しましたがいい経験ができたなと思っています。
そして本格的なゼミが3年から始まるのでこのまま森川ゼミにいるか、
それともサブカルチャーということで宮本ゼミに入るか、迷いました。
最初から音楽関係の卒論をやりたいと思っていてどちらもそれはやらせてくれるので、
卒論ではなく普段の授業がどういったものかを見て決めました。
宮本ゼミは個人発表ももちろんありますが、グループワークも多いことが森川ゼミと違うところだと思います。
グループワークが苦手な自分ですが社会人になったら必要になってくるだろうと思い、宮本ゼミを選びました。


いざ、入ってみてまず人数の多さにびっくりしました。
19人もいてこれが普通なのかもしれませんが、4人のプレゼミから始まった私からしてみたら多っ!!と思いました。
ですが、友達もたくさん増え、合宿や旅行やゼミの後の飲み会などとても楽しくみんなと過ごせました。
ただ私は就活が去年の12月に終わったのでなかなか文化祭やスポーツ大会に出れず申し訳なかったです。
また卒論もなかなか手が付けられない時間が多くなってしまったので早く就活は終わらせるべきだ思いました。
ですがこればっかりは、運といいますか、、、どうしようもないですけどね。
卒論は2万字書くことはできましたが、私としてはもう少し調査したかったなと思っています。


あとは、最近のことですが展覧会に行くことにハマっていて、実は(実はというのもおかしいかもしれませんが)
群馬で行われている『描く!』マンガ展やピクサー展に行ってきました。
先生が毎回企画してくれているのですが、もうすでに行ってしまっているか、
友達と行く予定を立ててしまっていてゼミ生となかなか行けてません。
社会人になったら卒業生としてゼミ生と行きたいなと思っています。その時はよろしくお願いします。


つらつら書いていきましたが最後に正直1,2年の時は何で学校行ってるんだろう、
第一志望の明治大学に入ったにもかかわらず、大学ならどこでも良かったんじゃないかな、
と思っていた時期もありましたが、今は宮本ゼミに入って研究の楽しさを学び、
沢山の友達ができ明治大学でよかったと思っています。


2年生の時にお世話になった森川先生、
そして3,4年で色々な経験をして楽しく大学生活を送れたのは
宮本先生、5期生の皆さんのおかげです。ありがとうございました。

以上中山でした。

次は名前も顔も服装もかわいい、石垣さんの担当です。お楽しみに!!

キラキラ

こんにちは。大神田です。
毎回読むのも書くのも楽しみにしていたゼミブログも早いものでついに最後の投稿となります。
ここまでみんなの記事を読んでいても「そんなことあったなあ」とか
「みんな最初はそういうふうに思ってたんだ…笑」とかいろいろ考えさせられますね!

みんなの大学生活の振り返りを見て、
思えば私はもしかしたら明治大学に入れなかったかもしれなかったんだなあということを思い出しました。

忘れもしない、合格発表の日。
その日は他大学の試験がありながら一番行きたかった国際日本学部の発表があることが頭の片隅どころか80%くらいを占めてしまって、
まっっったく試験どころではなかったのです。
急いで帰って結果を確認したら、不合格。
悔しくて悔しくて2日間は泣き通したのをよく覚えています。

それから半月ほど経って、補欠合格者の発表日。
(補欠合格が出ることは知っていたけど、もうほぼ諦めムードで第二志望に行くつもりでいたのですっかり忘れていました…笑)
部活中に父から電話が来て、「なんだろう、お父さんから電話なんてただごとじゃないな…」と思い、電話を取ると。
「補欠合格者に入ってたぞ!」
とのこと。
電話口でボロボロに泣いてたので友達に不審がられたなあ〜〜……笑

ということを思い出して、もし、明治には入れてなかったら。
宮本先生に、ゼミのみんなに出会えてなかったら。
どんな大学生活を過ごしていたんだろうか?
……とか、ifな妄想を膨らませてしまいそうになりますが、うーん、やっぱり想像つかない…!!!

私はかれこれ2年生のプレゼミの時から宮本先生にお世話になっており、
「ゼミってこんなに楽しいんだ……好きなことやっていいんだ!」
と感動し、3年からも宮本先生についていこう!と決意しましたが、
噂に聞いていたので覚悟はできていたものの、「論文!」「プレゼン!」となるとやはりプレゼミまでのものと比べると重さが何倍もありました。

それでもなんとか2年間めげずにやり遂げ、卒論もなんとか編集の段階に入ることができたのは、やはり5期生のみんなのおかげだと思います。
もともと、クラスや団体でワイワイ行動する、ということがあまり得意でない根暗なタイプで、
ぶっちゃけニッチな方向のオタクなのでなかなかキラキラした女子♡♡みたいな話題になかなか乗れない人間(!)なのにもかかわらず、
そんな私のダメな部分も受け入れてくれて、素の自分でいさせてくれる5期生のメンバーは、
本当に貴重なかけがえのないものだなあと、卒業を目前にしてしみじみとしています。

特に思い入れがあるのは去年のゼミ合宿。
周りの友人が続々と内定をゲットしているのをよそに、
思ったよりも就活が長引いてしまい、とても気が重いまま秩父に向かい、合宿中もなんとなく集中できないまま過ごしていたのを察してか、
ゼミのみんなが「最近、どう?」と気にかけてくれてたくさんアドバイスしてくれたのをよく覚えています。
お酒も入ってべろべろでまともにお礼も言えなかったなあ!とずっと後悔していたのでこの場をお借りしてお礼を言わせてください。ありがとう……!

そして、なによりもみんなの好きなモノについて語る姿って本当にキラキラしているなあ!と普段の会話だけでなく、卒論や、卒論の発表会のときにも強く感じさせられました。
みんながみんな、何かのオタク。
私が知らないことを楽しそうに話すみんなの姿はとてもまぶしい。

みんなのそんな姿を見続けて、2年間。
先生の指導やみんなから刺激を受けて、私自身も少しでも成長できているといいなあ、という願望。笑

あまり気の利いたことが言えなくてごめんなさい。
それでも、本当に楽しい大学生活を遅れたのはこの宮本ゼミのおかげです。
宮本先生、そして5期生のみなさん、本当にありがとうございました……!!!

以上、大神田でした。

次は宮本ゼミ三大なつみの一人、中山なっちゃんの最後のエントリーです。
乞うご期待!




真っ当な大学生をめざして

こんにちは!
今、スノボ旅行の帰りのバスの中でこの記事を書いています、小知和です。
春休み前に詰めに詰め込んだ予定がひとつひとつ消化されていくたびに、もうすぐ学生生活も終わるんだなぁという実感がひしひしと湧いてきます。
さみしいです!!!!


そしてついにまわってきてしまった「卒業にあたって」。


2年生の頃の私は、とにかくサークル中心で、部室に入り浸っては学部の授業をさぼるような、典型的なダメ文系大学生でした。
このままサークルだけで大学生活を終えでいいのか…と思った挙句、どうせやるならガチゼミで、心を入れ替えて真っ当な大学生になろう!と思い、4期生として宮本ゼミに入室しました。

そして、ゼミが始まって半年後、3年の10月頃に休学留学を決めました。

休学留学について研究室に報告しにいったとき、今までにゼミに在籍中に休学した人がいるかどうかを尋ねたところ、今のところ前例はないです、という先生の言葉に少し不安になりました。

一個下の代に混じって、合わなかったらどうしよう。
私の頭の中には、帰ってきたときにゼミをやめるという選択肢もありました。

そんな不安を抱えつつ、1年後に参加した5期生のゼミ。
結果的に、私は、ゼミをやめるどころか、この1年間1度も休まずゼミに参加しました。


同じ4期生だった李くんを含めて、私以外に休学の経験があるゼミ生が3人もいたのは安心でした。
これは国日ならではの多さなのかな〜と思います!

それから、もともと同じサークルの後輩だった高橋くんがいたことは嬉しくもあり恥ずかしくもあり…でしたが、他のゼミ生と仲良くなるきっかけをたくさん作ってくれて(本人が意図していたかどうかはわからないけど!)、とても助かりました。


なによりも5期生のみんながやさしくて、自然と受け入れてくれたことが大きかったです。

2時間弱もかけて学校まで来るのがめんどくさいときもあったけど、
5期生のみんなに会うのが毎週楽しみでした。
ゼミが始まる前に501の教室でくだらない話をする時間がとても好きでした。

でも、ゼミが始まったら真剣で、
帰るのはいつも9時10時が当たり前で、
就活やら何やらで忙しくても予定を合わせて集まってグループワークをして、
卒論がつらい、やりたくないと口では言いつつもがんばっていて…

普段は自分にゲロ甘な私も、そんなみんなの姿を見てたからがんばれました。
ほんとーーーにありがとう!!

休学中に、3年生のとき以上に仲良くなる4期生を見ては羨ましいなぁと思っていたけど、私は5期生として宮本ゼミに参加できてよかったと思ってます!


そして、私たちが大変だと思っていた分、もっともっともっと忙しくて大変だったはずの宮本先生。
何から何まで面倒をみて下さって、本当にありがとうございました。
今年は展覧会の企画にあまり参加できなかったことが心残りなので、来年度以降、卒業生として参加のチャンスを狙っています…!


そんなこんなで、
真っ当な大学生になれたかどうかはともかく、
2年生の時の選択も、3年生の時の選択も、間違ってなかったと胸を張って言えます。
宮本ゼミにしてよかった!


最後だから思い切って書いたけど、
しめっぽくなってしまってとても恥ずかしいので、
いつも楽しみにしていたスポーツ大会の写真で締めたいと思います。



楽しかったな〜。

ここで、いつもガーリーな服装がかわいい!きゃおりんに最後のバトンタッチです。
よろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。